こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

この前の「名探偵コナン」でキュンと来た。

前回放送の「名探偵コナン」第902回「妃弁護士SOS(後編)」が良かった~。 ていうかそんなにやってたんだ。 この話は、離婚訴訟で妃弁護士にボロクソに負かされたことで、彼女に恨みを持った男三人がグループを組んで妃弁護士を誘拐し、そこでエロいお仕置…

成長して帰ってきたKAT-TUNについて ~主に上田君について~

先日「櫻井・有吉THE夜会」を見たら、KAT-TUNが出ていた。 2年前に田口君が抜けて三人になりたてホヤホヤの時にも来たのだが、あれが昨日のようだ。その直後に活動休止になった。 充電期間に入る前に冠番組「KAT-TUNの世界一タメになる旅!」の番組内でファ…

嵐の二宮君とジャンパーソン

ちょっと遅れて5月3日放送の嵐の冠番組「VS嵐」の感想を言いたい。 番組内の「バラ嵐」のコーナーで特撮オタク的にはかなり嬉しい画が見られた。 このコーナーは「~といえば?」という答えが複数あるお題に対して、参加する回答者がチームの誰とも被らない…

流されて魔法使いになった王様「テンペスト」

シェイクスピアが単独で手掛けた最後の作品、それが本作「テンペスト」である。 「テンペスト」は嵐を意味し、ストーリーは船が嵐に襲われたことから始まる。 シェイクスピアの人生も嵐のように騒がしくもあっという間に過ぎ去ってしまったものなのかもしれ…

最近のジャニーズについて

私は幼い頃からジャニーズが大好き。仮面ライダーや戦隊ものも同様に好きだったんだけど、テレビスペシャルとかで、色んなすごい奴らが一堂に会するというあの興奮感はこれら全部に通ずるものがある。と想う。 そんなジャニーズに、ここ最近で色んなことがあ…

おれたちは元気爆発!「元気爆発ガンバルガー」

「元気爆発ガンバルガー」は1992年4月から1993年2月にかけて放送された全47話のロボットアニメである。また「エルドランシリーズ」の第2作目でもある。 今回も光の勇者エルドランに託されたロボットに三人の少年が乗り込み、世界平和のために戦うというスト…

華麗なる復讐「モンテ・クリスト伯」

アレクサンドル・デュマ作の長編小説「モンテ・クリスト伯」を読んだ。フランスの本だけど、これの日本版ドラマが現在放送中らしい。一話も見ていないけど。 我々の世代には「岩窟王」のタイトルの方が親しみがある。10年以上前にこれのアニメが放送していた…

メタルな肌質が良く映える「メタルスキンパニック MADOX-01」

「メタルスキンパニック MADOX-01」は1987年に発売されたOVA作品。 「フルメタル・パニック!」とタイトルが似ているというただそれだけの理由で手に取った作品なのだが、結構楽しめた。もちろん中身は何の関係もない作品だった。 本編は40分程でサクッと見…

「幻夢戦記レダ」異世界を旅する女子高生

「幻夢戦記レダ」は1985年に発売したOVA作品。 一時間と少しのサクッと見られる長さのアニメなのでお休み前に良いと思う。 本作は、昨今のアニメや小説で腐る程見られるジャンルである、異世界もの作品である。古今問わず、書き手も読み手も異世界を旅するこ…

今年40周年を迎えた「ガンダム」

今でも新作がリリースされている「ガンダム」も第一作スタートから40周年を迎えた。 それを記念して、5月5日の晩にBSプレミアムでガンダム特番が放送された。 今年のゴールデンウィークは、TOKIO4人で行った悲しい記者会見と、この番組が特別記憶に残るもの…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その5

81.Tank! / THE SEATBELTS (カウボーイビバップ) (1998) 歌詞のないアニメOP曲。おしゃれでカッコイイ。 心地よいジャズ感に酔いしれる。 カウボーイ ビバップ「Tank!」 82.そばかす / JUDY AND MARY (るろうに剣心) (1996) 「キャンディキャンディ」の影響…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その4

61.only one, No. 1 / 奥井雅美 (デ・ジ・キャラット) (1999) 可愛いキャラクターが登場するユルいアニメだったのに、歌がすごい格好良かった。そのギャップが印象的だった。 「世界で一番輝きたい」の真っ直ぐな歌詞が記憶に残る。 歌詞に「2000年問題」が…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その3

41.1/3の純情な感情 / SIAM SHADE (るろうに剣心) (1997) 壊れるほどに愛してもなかなか想いは伝わらないという、厳しい現実を歌っている。 この曲が使用されていた時、アニメは「天草編」をやっていた。天草編の小夜と左之助の絡みと、この曲が妙にマッチし…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その2

21.勇気100% / 光GENJI (忍たま乱太郎) (1993) 現在も放送中の忍たまと言えば、この曲である。 子供も大人も耳なじみの世代を繋ぐ名曲になってしまった。 後輩のJUMP、セクゾ、N.Y.Cも歌い、ジャニーズ内でも歌い継がれている。 22.Butter-Fly / 和田光司 (…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その1

漫遊は音楽と共に……どうも、こしのりです。 あの平成がそろそろ終わると聞いて、これは平成を振り返らねば!と思ったので、音楽が好き、アニメも好きな私は平成のアニメソングを振り返ることにした。 アニソンの振り返りでも2000年~2009年のアニソンは以前…

目指すは宇宙!「王立宇宙軍 オネアミスの翼」

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」は1987月3月14日に公開された長編アニメ映画。 チョコをたくさんもらって食った一月後に、その楽しんだツケが回ってくる嫌な日が公開日となった。この日は一部の男性諸君が懐を痛める日であったが、二月を楽しまなかった者には…

ハサミ男の恋「シザーハンズ」

「シザーハンズ」は1990年公開のアメリカ映画。 ビデオ屋や何かの雑誌の映画特集記事などで目にしてタイトルは知っていたが、長い間視聴していなかった映画であった。 ジャケットとタイトルの響きからホラー映画かと思っていた。日本でハサミ男と言えば、「…

こしのり漫遊記 その25「10年目の相棒」

私には連れ添って10年目となる相棒がいる。 一つ所に留まって単調な生活を送ること、性(さが)と体質によってそれを行えない私には長く連れ添う人間の相棒はどうしても出来なかった。まぁ欲しいとも思わなかったがな。 そんな私でも、アイテムであれば、し…

あなたはどっち派?「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は2017年8月に公開された劇場アニメである。 タイトルなげぇ…… 聞いたことのないだらだらとした長いタイトルを見て「コイツも流行のラノベ原作かよ」と思ったら違った。 1993年に実写ドラマが放映していたと…

登れ雪山「アイスクライマー」

最近、レトロゲームを内臓したゲーム機が発売したというニュースを目にした。どうやら世の中にはレトロゲームブームが来ているようだ。「ゲームセンターCX」出演のよゐこ有野君の功績がこうさせたのか分からないが、とにかく良い傾向である。 そんなレトロゲ…

人生をまっすぐ歩む素敵なヒロイン「ジェイン・エア」

シャーロット・ブロンテ作の長編小説「ジェイン・エア」を読んだ。上下2巻に分かれた長い話だった。 内容 ジェインの子供時代から十代後半までの人生を、ジェイン自らが語る一人称視点の物語である。 物語冒頭では幼い頃に両親を亡くしたジェインは伯母のリ…

どうした山口君

昨日の夕方、日課の筋トレに励んでいたら妹からメールがあった。内容は「山口君残念やな」だった。何のことが分からずネットで調べたら一発であの衝撃事件が目に入った。 TOKIOの山口君がまさかあんなことになるとは、酔った勢いで女子高生にセクハラするな…

「夜明け告げるルーのうた」歌って踊る人魚の物語

「夜明け告げるルーのうた」は2017年5月公開の劇場アニメ。 それにしても2017年がもう過ぎ去ってしまった時代というのが未だに信じられない。ついこの前も日付を書くときに間違えて2017年と書いてしまった。 そんな約一年前の作品である。 海辺の町を舞台と…

こしのり漫遊記 その24「自転車乗り入れ禁止の意味を追う」

漫遊には時間と足が必要。そこに金までいるとなるとちょっと嫌だ。なので私の諸国漫遊は主に徒歩と自転車で行う。自転車は修理やメンテナンスが必要な場合もあるが、その際にはなるたけ自分で行うことにしている。チェーンが外れた、パンクしたなんてくらい…

久しぶりに少女時代の彼女達に会えた「魔法少女リリカルなのは Reflection」

「魔法少女リリカルなのは Reflection」は2017年7月公開の劇場アニメ。 私としては待ちに待ったなのは新作である。先日遂にBDが出た時は「マジでやったぁ~!」と歓喜の一声を上げた。 さっそく視聴してみた。 やはり「なのは」はすばらしい。というかゆかり…

銀座に響く愛のメロディー「銀座の恋の物語」

「銀座の恋の物語」は1962年公開の日本映画。 古き良き時代の銀座を舞台に、売れない画家男とお針子娘のラブを描いた物語である。 石原裕次郎と牧村旬子による同名のデュエット曲を発売した翌年に公開した映画である。通称「銀恋」という。 私はその昔、高齢…

どうしたすばる「さよならの渋谷すばる」

昨日、関ジャニ∞の渋谷すばる君がグループ脱退&事務所からも退所することを発表したので、それによって受けた悲しみと怒りを文字にしてここに書き殴ろうと想います。 ことの始まりは確か先週の木曜日か金曜日のである。 私が趣味として楽しんでいるYahoo!ニ…

あいつは井戸からがきっと来る「リング」

「リング」は1998年に公開された日本のホラー映画。 世紀末の頃、日本映画史にその名を刻んだヒット作で、作品を象徴する人物貞子は国境を越えて有名キャラになった。恐ろしい女である。 映画なら長い物と短い物、良質な物とクソな物、アニメと実写問わず800…

世界一マヌケで最高な奴「フォレスト・ガンプ/一期一会」

「フォレスト・ガンプ/一期一会」は1994年公開のアメリカ映画。 バブルと呼ばれたうたかたの時代が過ぎ、日本の人々がそろそろ浮かれるのも終わりにして腰に力を入れ直そうとしていた頃の映画である。 本作のキャッチコピーはフォレストのママが言った「人生…

シェーン、カムバック「シェーン」

「シェーン」は1953年にアメリカで公開された映画。西部劇の中では有名すぎるので見たことない奴でも名前くらいは知ってそうなもの。 著作権が50年持つというが、この作品なんてとっくに50年以上前のものとなっている。キャストの方々も大方亡くなっているだ…