こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

こしのりミュージック

成長して帰ってきたKAT-TUNについて ~主に上田君について~

先日「櫻井・有吉THE夜会」を見たら、KAT-TUNが出ていた。 2年前に田口君が抜けて三人になりたてホヤホヤの時にも来たのだが、あれが昨日のようだ。その直後に活動休止になった。 充電期間に入る前に冠番組「KAT-TUNの世界一タメになる旅!」の番組内でファ…

嵐の二宮君とジャンパーソン

ちょっと遅れて5月3日放送の嵐の冠番組「VS嵐」の感想を言いたい。 番組内の「バラ嵐」のコーナーで特撮オタク的にはかなり嬉しい画が見られた。 このコーナーは「~といえば?」という答えが複数あるお題に対して、参加する回答者がチームの誰とも被らない…

最近のジャニーズについて

私は幼い頃からジャニーズが大好き。仮面ライダーや戦隊ものも同様に好きだったんだけど、テレビスペシャルとかで、色んなすごい奴らが一堂に会するというあの興奮感はこれら全部に通ずるものがある。と想う。 そんなジャニーズに、ここ最近で色んなことがあ…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その5

81.Tank! / THE SEATBELTS (カウボーイビバップ) (1998) 歌詞のないアニメOP曲。おしゃれでカッコイイ。 心地よいジャズ感に酔いしれる。 カウボーイ ビバップ「Tank!」 82.そばかす / JUDY AND MARY (るろうに剣心) (1996) 「キャンディキャンディ」の影響…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その4

61.only one, No. 1 / 奥井雅美 (デ・ジ・キャラット) (1999) 可愛いキャラクターが登場するユルいアニメだったのに、歌がすごい格好良かった。そのギャップが印象的だった。 「世界で一番輝きたい」の真っ直ぐな歌詞が記憶に残る。 歌詞に「2000年問題」が…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その3

41.1/3の純情な感情 / SIAM SHADE (るろうに剣心) (1997) 壊れるほどに愛してもなかなか想いは伝わらないという、厳しい現実を歌っている。 この曲が使用されていた時、アニメは「天草編」をやっていた。天草編の小夜と左之助の絡みと、この曲が妙にマッチし…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その2

21.勇気100% / 光GENJI (忍たま乱太郎) (1993) 現在も放送中の忍たまと言えば、この曲である。 子供も大人も耳なじみの世代を繋ぐ名曲になってしまった。 後輩のJUMP、セクゾ、N.Y.Cも歌い、ジャニーズ内でも歌い継がれている。 22.Butter-Fly / 和田光司 (…

平成回顧録 振り返れ!平成の名曲アニソン100選 その1

漫遊は音楽と共に……どうも、こしのりです。 あの平成がそろそろ終わると聞いて、これは平成を振り返らねば!と思ったので、音楽が好き、アニメも好きな私は平成のアニメソングを振り返ることにした。 アニソンの振り返りでも2000年~2009年のアニソンは以前…

どうした山口君

昨日の夕方、日課の筋トレに励んでいたら妹からメールがあった。内容は「山口君残念やな」だった。何のことが分からずネットで調べたら一発であの衝撃事件が目に入った。 TOKIOの山口君がまさかあんなことになるとは、酔った勢いで女子高生にセクハラするな…

どうしたすばる「さよならの渋谷すばる」

昨日、関ジャニ∞の渋谷すばる君がグループ脱退&事務所からも退所することを発表したので、それによって受けた悲しみと怒りを文字にしてここに書き殴ろうと想います。 ことの始まりは確か先週の木曜日か金曜日のである。 私が趣味として楽しんでいるYahoo!ニ…

こしのり良い曲 その11 最近良く聴く曲(2018年1~3月)

どうも、事務所ゴリ推しによるメディア露出の激しい三流者を見ると、腹が立つとまでは言わないが、ちょっぴりの嘲笑の末にチャンネルを換えてしまう。そんな漫遊の民の一人です。 私は、2018年も趣味をたくさん楽しんでいる。 その中でも、音楽は至高。 人里…

復活の「KAT-TUN」

どうも漫遊の民こしのりです。 ここ数年の私の望みが「シェンムー3」発売と、「KAT-TUN」の活動再開であった。 前者については2001年から待っているのだが、後者は2016年から2年待っただけ。シェンムーのおかげでじっと待つことにすっかり耐性がついてしまっ…

「岡村靖幸」という天才についての思い出 その4

昨晩Yahoo!ニュースを見ていたら、我らが天才岡村靖幸を絶賛している記事があった。 Yahoo!ニュースを暇な時に覗くのは、私の密かな趣味の一つなのだ。 このYahoo!ニュースでは世界で起こった様々なニュースを取り上げている。そのたくさんある記事について…

とうとう出やがった「King & Prince」

本日放送の「CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018」に「King & Prince」通称キンプリが出演して、CDデビュー曲をテレビ初披露していた。とうとう出やがったか、ジャニーズの超新星。 ちなみに、私は卒業に対しては尾崎のごとく「卒業って何それ、意味あん…

ジャニーズグループ「King & Prince」がデビューするので色々振り返る

新年が明けてジャニーズからもたらせた朗報と言えばまずは「KAT-TUN」の再始動。それから少し時期を置いて告げられたのがとうとうJr.から新たにデビューするグループが決まったということである。 キスマイ、セクゾ、A.B.C-Zがデビューしたのが一昨日くらい…

2000年代アニソンを振り返る その5

どこをめくっても楽しいだらけの栞いらずの我が人生、その中でも2000年代という刹那的光の時代を振り返ろう。 READY STEADY GO / L'Arc~en~Ciel (鋼の錬金術師) READY STEADY GO アーティスト: L’Arc~en~Ciel,hyde,Hajime Okano 出版社/メーカー: キューン…

2000年代アニソンを振り返る その4

祖父譲りの風変わりがすっかり染み付いた私は、ここしばらくの間は脱俗とでも言おうか、とりあえず俗世間と少々の距離を置いた生活をしていた。それが最近になってちょっとした野暮用があったために世間様に顔をだすことになった。 するとびっくり!気づいた…

2000年代アニソンを振り返る その3

00年代アニソン振り返りの第三弾である。 00年代前半くらいからアニメの深夜放送枠が段々元気になって来たと記憶している。00年代中盤くらいから段々と放送時の画面サイズがそれまでの4:3から16:9へと移行していった。当時、あの画面サイズが変わるのにはち…

2000年代アニソンを振り返る その2

終幕を迎えつつある平成の世を惜しみながら、アニメとアニメソングが大好きな私が00年代、つまり2000年~2009年の間放送されたアニメ作品を彩った名曲を振り返ります。 曲とアニメ本編についてちょいちょい想い出も語りたい。 どの曲もだいたい300~500回は…

2000年代アニソンを振り返る その1

200 つい先日のことである。 私の愛すべき母が仕事の関係で田舎を離れて珍しく街の方へやって来た。 街を根城にするシティボーイの私は、複数ある我が趣味の中でかなり上位にあたいする「純喫茶めぐり」の知識を活かしてせっかく街へやって来た母とうまい茶…

こしのり良い曲 その10 2017年下半期振り返り編 その2

セカイがカフェになっちゃった! / Petit Rabbit's with beans 「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」主題歌 ごちうさシリーズの楽曲はどれもとにかく可愛い。 アニメに出演する声優陣の歌声がどれも見事に可愛い。 アニソンと思ってなめてはいけな…

こしのり良い曲 その9 2017年下半期振り返り編 その1

人生のどこを切り取っても常に心地良いメロディーと時を共にしていた音楽大好き九州男児、それが私である。 過ぎ去ってから早くも一週間が経ってしまった2017年の下半期によく聞いていた曲を振り返ることにしよう。人生の振り返りは大事。 去年も新曲の内で…

楽しかった年末年始「第68回NHK紅白歌合戦」の感想

いや~ 明けた明けた見事に明けたぜ2018年。 ノストラダムスの大予言とかで騒いでいた世紀末が昨日のように感じるのに新世紀が明けてもう20年くらいになるとか信じられない。 そんな年末年始はすっかり楽しみすぎて忙しかった。 正月特番を録画しては見てい…

CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017に出演したNEWSについて

もうとっくに通り過ぎて業界では来年にむけての準備段階に入っているクリスマスの晩にCDTVスペシャルが放送された。やたらと放送時間が長く、ずっと見るのは疲れるし飛ばしたいところがいっぱいなので録画したのを遅れて視聴した。 この番組の前情報は押さえ…

「岡村靖幸」という天才についての思い出 その3

先日DAOKOとコラボした曲をリリースしてから再び岡村熱が燃え上がり、古いアルバムを聞き返したりしている。それにしてもその当時も今になっても岡村ソングはキラッキラしているな。 彼のやる音楽は唯一無二であるから岡村靖幸が満たしてくれる私の音楽的欲…

昨日のMステの岡村靖幸

私のこの一週間の楽しみは2つあった。それというのが一つはちょっとばかし小金が手に入ったのでたまの贅沢でカツレツでも食いに行くということ(これは一昨日食いに行って非常にうまっかた)、そして二つ目が岡村靖幸がMステに初登場するということだ。彼の…

おつかれ安室ちゃん!「安室奈美恵」を振り返る その2

引退発表後程なくしてベスト版を出した安室奈美恵の懐かしい楽曲を聴き直している今日この頃です。 withスーパーモンキーズ時代の5ショットが見たいので引退までにやるライブのどこかでMAXを呼んで欲しいものだぜ。「太陽のシーズン」のダンスが超好きです。…

おつかれ安室ちゃん!「安室奈美恵」を振り返る その1

聞いたで! 来年9月で安室ちゃんが引退するらしい。 去年のSMAP解散に続いてまた音楽界が寂しくなる。 私は安室奈美恵をデビューから今までずっと聴いていたという程どっぷりハマったファンではない。しかし、私の人生のある時期が彼女の歌を聴くことによっ…

「岡村靖幸」という天才についての思い出 その2

1990年に発売された彼のアルバム「家庭教師」を聴いて衝撃を受けた。 無知な子供を教え導く神聖な職業であるのに不思議な事にどうしてもエロティックな印象が付きまとう「家庭教師」という意味深な言葉をタイトルに持ってきている。 予想通り色々深い作りに…

「岡村靖幸」という天才についての思い出 その1

我らが暮らす日本国にはシンガーソングライターを生業にしている人間が数多く存在する。 多く存在するシンガーソングライターという人種の中でもその質はえげつないほどにピンキリである。上は宇宙空間に抜ける程天井知らずの上等上質な腕を持つ者がいて、下…