こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

世界的人気者ドナルド・ダックと私の思い出

 さてさて本日6月9日は何を隠そうあの世界的人気者のドナルドの誕生日である。

 

 1934年生まれということで私からするとかなりの先輩。

 とっくにジジイと呼ばれるご年齢なのである。

 

 いわずと知れたミッキーと並ぶディズニーのスターだ。

 

 私は子供の頃からドナルドが登場するビデオをたくさん見てきた。

 水兵の服を着た小さいアヒルが、当時の我が宅に備えられた14インチの小さいテレビ画面の中を所狭しと大活躍していたわけだ。そんな彼の姿は今でもキラキラした思い出として脳内に蘇る。

 

私のドナルドの思い出

 

 ドナルドはとにかくパワフルなアヒルですぐキれて暴れるイメージがある。

 私の見ていたビデオではこれまたディズニーの人気者チップとデールの二匹とめちゃめちゃケンカをしていた。2対1でずるいんだけれども・・・ ドナルドがいつも負かされる。争いの末、ドナルドのステキなマイハウスがぶっ飛ばされたこともあるし・・

 

 ミッキーとかポパイとか海外のアニメのヒーロー達は毎回違う仕事をしているというイメージが強いのだがこのドナルドもしばしばジョブチェンジを決め込んでいた。

 林檎農家をやったり木こりをしたりジャム工場を営んだりと色々・・

 そして仕事先でチップとデールと一悶着起こしては商売をめちゃめちゃにされて廃業に追い込まれることもしばしば・・

 

ドナルドが活躍する名作

 

 ドナルドの登場する作品は様々だが中でもミッキー、グーフィーと共演する物語は私の中では夢のスター勢揃いとう特別作品扱いなのだ。

 そんな中で私の中で一位の作品は「ミッキーのジャックと豆の木」である。これがめちゃめちゃ面白い。冠に「ミッキーの」とあるがしっかりドナルドも活躍するので安心してください。

 3人は同じ家に暮らしていて生活に困窮し、本家のお話と同様に牛を売りに町へ行きそこで豆と牛を交換して帰ってくる。

 牛を売りに行ったミッキーの帰りをすごく楽しみに待っていたドナルドはてっきりご馳走を土産にもらえると思ったのに豆だけということでキレます。

 三人の晩飯がめちゃめちゃ貧相で可哀想すぎた。一枚しかないパンを切り分けて豆をサンドして食うというたったこれだけの晩飯で、ものすごくパンを薄く切ったため豆が透けて見える。空腹に耐えきれなくなったドナルドが発狂したようにキレます。このシーンが忘れられない。とにかく動きが一人イキイキしている。

 豆の木に登った後の天上世界に入る前からもうおもしろい。

 豆が天に伸びていくシーンは子供心をくすぐるものがあった。とにかくワクワクして楽しい。今思えばあの辺のアニメーションの作りすごすぎるんだけど

 豆の木を上った後に戦うことになる巨人なんだが・・なんか怖い。捕らえどころが無く奇妙な雰囲気をまとっているこの巨人も今では愛すべきキャラクターになっているがそれまでは軽くトラウマだった。

 ドキドキワクワク大冒険物で子供にきっとウケる一本であろう

ドナルドの声と顔

 僕が見ていたドナルドの声は現在と違ってまあまあ低音のおじさんの声だった。これを学校の友達なんかに言っても通じない。私と周りではドナルドの声のイメージが異なっていた。あのときのおじさん声がよかった。とても愛すべき良い声だったのにミッキーも声が今と違っていたな。

 これも見ていたビデオが古かったためか周りの人に言っても知らないと言われるのだが昔のドナルドって今よりも顔が小さくて細くデザインから全然違っていた。今と比べると昔のはルーニーダフィー・ダックに似ていた。

最後に

 世界的に人気者のドナルドの誕生日にはお祝いのイベントなんかもあるらしい。

 ジャックと豆の木の頃みたいにペラッペラの豆サンドを食うようなひもじい思いをすることなく楽しくやっていることであろう。

 ドナルドおめでとう。 アヒルの水兵よ永遠なれ~

 

ミッキーのジャックと豆の木 [DVD]

ミッキーのジャックと豆の木 [DVD]