こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

眼鏡美少女萌えに目覚めた!「境界の彼方」

 2013年10月~12月放送のアニメ。激しいバトルあり、萌えもあり、ラブ&コメディもありでアニメ作品に対する要求多めの私の需要をことごとく満たしてくれた名作である。

 舐めたくなるような可愛い女子を描く会社である京都アニメーション製作作品である。先に述べたことは京アニに対する私の勝手な解釈だが、恐らく賛成者多数の意見であると思われる。本作も例によって例のごとく可愛い女子てんこ盛りである。

 

 

 妖夢と呼ばれる化け物と人間のハーフの神原秋人(アッキー)、盆栽いじりを趣味とする炎上ブロガーの眼鏡萌え女子 栗山未来の二人をメインとするボーイ・ミーツ・ガール物であった。やっぱり男と女で出会ってなんやかんやあって幸せになるという展開が平和であるし好ましい。この二人の物語が本当好き。

 京アニにしては珍しいガチバトル物である。京アニの前作「Kanon」や「CLANNAD」でもバトルシーンはオマケ程度にあったがこちらでは異能力を用いたマジなやつである。私は「京アニ、バトルもいけるじゃん!」と放送当時は冬だったにも関わらずご機嫌にガリガリ君を齧りながら独りごちた。

 2013年当時でも最先端なくらいの映像美は他作品と比べてもダンチ(段違い)であった。毎週のテレビ放送が劇場版くらいに気合の入った作画となっている。やはり京アニの仕事は一味違う。スタッフ皆さんには脱帽ものである。

 「耳をすませば」のヒロインしずくちゃんが黄色のカーディガンを着用したのがきっかけで私はカーディガン萌えに目覚めたわけだが、本作のヒロインの未来ちゃんは眼鏡萌えヒロインであると同時にピンクのカーディガンを見に纏うカーディガン萌え女子でもある。作り手は狙っていなかったのかもしれないがここにいるカーディガン好き(私)を釣り上げる結果になったわけだ。未来の口癖「不愉快です!」は名セリフだ。番組ラジオもこの口癖から名をもらってふゆかいラジオという名であった。とにかくヒロインの未来ちゃんは可愛い。歴代可愛い京アニヒロインでもかなり上位に入るキャラだ。

 アニメ「新世界より」で未来ちゃんを演じる種田理沙の存在を知ったが本作で未来ちゃんを好きになるのと同時に中の人も大好きになりました。

 未来ちゃん達を始め登場人物の多数は異界士教会に属する「異界士」という妖夢討伐に務める変わった職業人である。面白いのが妖夢を倒した時、アクションゲームで敵を倒して金が散らばるごとくに妖夢石というのが現れる。妖夢討伐の証の妖夢石は鑑定を受けた後に換金できるシステムである。職業要素も入ったアニメだ。未来ちゃんはお仕事の方はいまいちなため、金欠状態でかなりひもじい生活をしていて可哀想。

 キャラクターが個性的で魅力的な点に一番魅力を感じた。主人公アッキーは通う高校の文芸部に属している。アッキー、未来、文芸部の仲間の名瀬博臣、名瀬美月を交えた言葉巧みにして行われる日常会話のやり取りがなかなかにおもしろい。

 しっかりした話筋があって、後半などはかなりシリアスな運びになるがそれでもコメディ要素が際立っている作品である。アッキーと博臣の男子キャラ二人は一貫してすがすがしい程の変態であることは間違いない。アッキーは自らを「眼鏡と眼鏡女子のためなら何でもする変態」の名セリフを持って自称し、博臣はどぎつい妹萌えのシスコンである。まだ理解が追いつかず世間一般には受け入れられがたい高尚な趣味を持った変態達だが、私には理解できる趣味である。また、博臣は万年冷え性に悩まされているためアッキーの脇に手を突っ込んで指先の暖を取るという独特の癖がある。こんな感じでTVシリーズではずっと気持ち悪い博臣が劇場版では汚名を返上するがごとくの活躍をしていてとてもカッコイイ。博臣が本当におもしろい。

 美月のどSぶりが気持ち良い。兄の博臣にいつも冷たいがたまに「アニキ」→「お兄ちゃん」と呼び方が変わるデレの場面が至福であった。

 話にガッツリ絡みはしないが作品のマスコットキャラ位置のあいちゃんがすごくかわいい。あざといくらいのブリッコが目立つがそれでも良い。

 当時大変話題を呼んだ伝説のダンス回であった第6話がなんやかんやで一番面白かった。女子好きなスケベ妖夢を倒すために何故か皆で歌って踊ることになる。あの曲とダンスはよかった。「涼宮ハルヒ」の晴れ晴れユカイのダンスが有名になりダンスアニメを描くのも定評のある京アニだが、こちらもすばらしい出来であった。未来ちゃんは音痴という設定だが一週間の特訓で見事歌い上げていた。中の人の種田理沙(種ちゃん)は歌がとてもお上手でした。

 未来ちゃんを褒めまくったが一番好きなのは名瀬家の長女である泉姉さん。すごい美人でなんかエロい。私は元々川澄綾子のファンなので彼女の演じるキャラクターの泉姉さんが一位かな。泉姉さんにちょっかい出してくる悪者の弥勒さんが気持ち悪い。

 劇場版の方もとても楽しかった。普通に泣けた。こちらではTV版でははっきり描いていなかったラブの部分をしっかり描き、アッキーと未来ちゃんがお互いに愛の意思表示をしてきっちり結ばれるというハッピーエンドを迎えて本当に良かった。

 それにしても二人が結ばれるまでの行程がとんでもなく険しいものであった。作った人はかなり厳しい人だなと思う。いくら不死身といってもアッキーはTV版以上に未来ちゃんにボコボコにされて出血量もかなり激しかった。流れる大量の血を越えての添い遂げであった。愛の道を行くには怪我も付きものなのである。 

 ラストのとこで博臣がアッキーに豪快に抱きつくシーンが笑えたしその後泣けた。

 後は、コスプレ好きのアッキーのお母さんの弥生さんがTV版でも劇場版でもずっとおもしろい。一番のギャク要員だった。

 

 TV版、劇場版共に主題歌を担当するのは美月役の茅原実里。どっちも良い曲だけど劇場版で「会いたかった空」を流すタイミングが神すぎて泣けた。めっちゃいい歌だわ。アニメロサマーライブ2015でこれを聞いた時ゾクッと来たよ。歌上手すぎる。

 

 

 ヒロインの未来を演じた種ちゃんは現在は体調不良により休業中なので一刻も早く回復して帰ってきて欲しいです。でないと「不愉快です!」