こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

にゃんこ is Loveアニメ「にゃんこデイズ」

 一話2分の全12話のアニメ。作品の魅力といえば特別深く掘り下げて語るまでもなく猫が可愛いだけのアニメである。ちなみに私は完全なる犬派である。あとはアリクイ派にも属している。

  女子高校生の主人公は学校でボッチで「早く帰って猫モフしたい」と言うほどに猫好きで、帰宅後はめっちゃ猫をモフモフしている。

 三匹の擬人化された猫はとんでもなく可愛い。

 三匹の猫の名はマンチカンのまー、シンガプーラのしー、ロシアンブルーのろー。シンガプーラとか初めて聞いた種類だった。 

 途中でめっちゃブルジョア女子の友達が出来て一緒に喫茶店に行くまでの仲になる。ブルジョアカフェの一杯1500円のコーヒーの高さには退きました。

 エンディングで三匹の猫がダンスしているのが可愛い。

 主人公と飼い猫のほっこりな日常をただただ楽しめる萌えアニメであった。 

 本当にあっという間に一話が終わって、次の週になったら前回の内容はまず覚えていない状態である。短すぎるのでもっと長く見たいアニメであった。

 最近増えたショートアニメ枠に意外にも良作が転がっているから短い時間だが油断せず一話を視聴しようと思った。

 どこかのオカマが友情については付き合った時間は関係ナッシングなんて言ったことがあった。萌えをお伝えするにも時間は関係ナッシングだな。2分しかないけれども十分に萌えを体感したよ。

 見終わってなんだか心がほっこりぽかぽかしている。

 猫も悪くないなと思えた。私も猫モフしたい。というかこのモフモフするって言葉はいつから使われるようになったのだろうかと不図謎に感じた。

 犬やアリクイもいいけどたまには猫もね!