こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

DVD化しなくたっていいアニメもある。「ドラゴン・フィスト」

 1991年発売のOVA。40分で全1話である。

ドラゴン・フィスト(1) (ウィングス・コミックス)

 

 VHSとLDで発売し、現在もDVD化していないアニメ作品である。というか未来にもDVD化することはないだろう。視聴後にはそう思える作品である。

 

 お話はとりあえずすごい力を持って生まれたチャイニーズ坊やが日本に越してくる。そして、日本で通う学校の女子がヤンキーに絡まれていてるので助ける。その女子がクローン技術で出来たとか何とかいうことがわかって、偉そうな男子学生に追われて色々あってヒロインは死ぬという運びになっていた。

 

 うん、よくわからん。

 

 追っかける男達の方も母がガンを患っているとか何とか穏やかならぬ話をして、ちょっとキャラクターの設定とかもよくわからない。主人公と悪者の男達ともう1人別勢力の男子生徒が出てきて、とりあえず皆クローン女子目掛けて奮闘していた。

 事態がよくわからん内に話はおわって、ヒロインが死んだことで私の感想として残るのは、ただただわけがわからなくて悲しい。後味が悪い。

 

 このアニメ、結果的にはおもしろくはないよね。

 

 私は原作を知らないので、初心者には不親切な導入だったのかもしれない。短い時間で内容詰め込みすぎ感もある。息つく間もないうちに全部終わってた。

 90年代の作品にしては作画が荒いし、発色も悪いな。止め絵が多かった気もする。

 

 コイツはおそらくクソアニメに属する一本なのだと思う。

 ただ、こうして古い作品を見るというのはアニメの歴史を知れるプラス体験であったとだけ言っておこう。

 

 原作漫画は全14巻あり、1988年~2005年にかけて発売したという。随分ゆっくりと描いている。

 

 そういえば、ジャッキー映画の「龍拳」の主題歌もドラゴンフィストってタイトルだったね。