こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

2017年のアニメを振り返る その2

 早いもので今年ももう終わりを迎えようとしている。去年の今頃はSMAP解散まで秒読みやで!とか言ってたのが昨日のことのように思えるが、暦の上ではきっちり一年経っている。時の流れの速さにびびらされる今日この頃である。

 過ぎたものは仕方ないので有意義だったこの一年を振り返ることで、これまた有意義な年末の時間を過そうと思い楽しかった今年のアニメを振り替えることにしたのだ。 

 

 

けものフレンズ

ピアノミニアルバム けものフレンズ

 

 人間の女の子 かばんちゃん以外はけもの娘だらけのまったりしたアニマルアニメ。中毒性のある主題歌と不思議な世界観で話題になったアニメだ。第一話を見た時にはこんなに話題になるとは思わなかった。OP曲はMステでも披露されたりと今年のミュージックシーンをも牽引した作品であった。

 キャラデザはケロロ軍曹の人なので信頼できました。

 バスが急発進してサーバルちゃんがちょっとだけバスに轢かれたシーンが笑えた。

 これを見て「すご~い」が口癖になってしまった。

 けものはいても、のけものはいない。そんな素敵でやさしい世界のお話でした。

 

 

Re:CREATORS

Re:CREATORS

 作中作であるイラスト、小説などの様々な創作物の登場人物が現実世界に飛び出てきてバトルを繰り広げるという夢があるバトルものであった。

 魔道師、騎士、軍人、スナイパーにチンピラに魔法少女、スーパーロボ、果てにはギャルゲーヒロインまでジャンルの統一性無く様々な作品から個性的なキャラクターが現実世界に光臨した。

 どこか「Fate」っぽいので私にはウケた作品であった。 

 可愛い声の豊崎愛生が敵のボス役なのが意外だった。

 坂本真綾が演じたヤバイ女子校生のクセが強すぎる。でも好きだった。

 

 

亜人ちゃんは語りたい

オリジナル。(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

 「死ねば、わかる」のキャッチコピーで御馴染みのあの「亜人」同様に人間とは似て非なる確かな亜人が登場する作品。しかし、萌える美少女の亜人ちゃんなので緊張感なく頭を空にして見られた週末の癒しとなった作品であった。

 メインの女子校生の亜人も可愛くて良いが、サキュバスの女教師が個人的にツボだった。

 

 亜人ちゃんがそう思うのと同様に私も亜人ちゃんと語りたい。

 

 

ガヴリールドロップアウト

TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」

 

 内容はタイトルの通りである。カリスマの天使であった主人公ガヴリールが人間社会のぬるま湯に浸かったことでドロップアウト、すなわち堕天してしまうお話である。

 可愛い女の子キャラだらでお送りするコミカルな堕天使ストーリーであった。

 

 見ていて気持ち良い白い物ほど、黒く汚すことに快楽を得るという矛盾した嗜好を持つ私にとって、天使は堕天してこそなんぼのモノなのである。人生も同様で、ある程度堕ちた所からが本番かもよ。

 私は堕天使を応援しています。

 

 

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-Blu-ray

 

 可愛い変身ヒロインもの、と思わせておいて中身はかなり厳しく欝になる暗い展開だった前作から随分時を置いて新章が展開された。新作もやはり厳しいストーリー。創作物に対してこう思うのもなんだが「どうして、こんなことをするんやろうか?」という感想を思わず漏らしてしまった作品だった。

 アニメ一期の更に過去のお話で、三人の勇者が登場する。内一人の銀ちゃんが敵のバケモノとの壮絶な闘いの果てにボロボロになって戦死してしまう回で泣いてしまった。

 前作にも登場した鷲尾須美(あだ名はワッシー)は相変わらずけしからんおっぱいをしておる。

 絵柄に騙されてホイホイ見てしまうとハートに結構ハードなパンチを打ち込んでくる曲者な一本であった。

 

 

アホガール

DVD付き アホガール(12)特装版 (講談社キャラクターズライツ)

 

 アホな女子校生 花畑よしこの騒がしい日常生活を描くギャグアニメ。幼馴染のあっくんからよしこへのツッコミはバイオレンスすぎてもはやDV。

 

 用も無いのに暇な時は女子高周りをうろつくことを青春の日課としていた我が知人A(男)から聞いた話によると、「女子高生なんて得てしてアホなもんやで」ということである。これが偏見なのか真実なのかは私にはわからない。

 

 今年は「幼女戦記」、「サクラダリセット」、まじで何年ぶりの新作やねんとビックリの「キノの旅」のいずれの作品でも理知的な人物を演じた悠木碧が今作では迸る程アホな主人公を演じているのが新鮮であった。彼女のこういうテンションの高い演技は良い。

 

 OP曲を歌ったangelaのご機嫌なサマーチューンも良かった。

 

 

ようこそ実力至上主義の教室へ

ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J)

 

 お手手を繋いで皆で一等賞。そんなつくづく甘く緩い教育理念のあり方に穴を穿った実力がモノを言う独特の教育理念の下で展開する学園ストーリー。これは怖い。

 

 ここは学校じゃ無い、戦場だ。と言いたくなるようなギスギスした学内空気だった。今の学生のここがバカだ、アホだなんていうのを治すために効果的だとしても日本の学校がこうならないことを願います。

 

 主人公の無感情ぶりが何故か心地よい。ヒロインは文句なしに可愛いので目の保養でした。

 

 天才ZAQの担当したOP曲もグッド。

 

 

サクラクエスト

サクラクエスト Vol.7(初回生産限定版) [Blu-ray]

 

 就活をしていた20歳の主人公 木春由乃がちょっとした手違いにより図らずも田舎の観光大使になり町おこしをするお話。

 ペロペロしたくなる程萌える女子を描く会社、というイメージ(あくまでも個人的に)の「P.A.WORKS」による働くヒロインシリーズである。登場ヒロインに対しての感想はやはり先に語った通りである。

 

 やはり働くヒロインは素敵だと思えた。

 観光協会の会長のジイさんの言動が破天荒すぎて楽しかった。

 しかし、チュパカブラ王国は無いわ~

 

 こういう色々と困った状況の田舎のためにもふるさと納税を活用しよう。

 故郷を持たない漫遊の民である我は全国の田舎と呼ばれる地域の復興を応援しています。

 

koshinori.hatenablog.com