こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

謎のおっぱいアニメ「エイケン」

 

 数あるおっぱいアニメの中でも異様なのがコレ。

 2003年、2004年にそれぞれ一巻ずつ発売された全2話のOVA作品である。

 

エイケンヴより愛をこめて ~前編~<初回限定盤> [DVD]

 

 主人公の冴えない少年が生徒数がくそ多い高校に存在する謎の部活エイケン部に強制的に加入することになり、怪しからんおっぱいのヒロイン共(そうでもない者もいたりする)とあれこれ騒動を起こす話である。

 

 ヒロインのほとんどが怪しからんサイズのおっぱいをしている。

 これについては巨乳とかいうレベルも越えたようなバランスのおかしいおっぱいも出てくる。胸がでか過ぎて腹にもかかり遠目に見ると妊娠した腹みたく見えた場面もあった。

 ここまで行くと我がエロスの価値観を抜け出て、本来世の男子諸君にはありがたいものとされるおっぱいにも拘わらず品の無いものに見えてくる。やはり過ぎたるは猶及ばざるが如しの古き言葉の意味する通り、おっぱいもそこそこのサイズで止めておく方がよろしいと実感できた。

 

 話の内容はなんかよく分からなかった。

 学校全体で大規模な運動会を行い、一話でも二話でも長い滑り台を滑るシーンがあるのだが、その時にヒロインと主人公でエロエロな感じになる。これは品に欠ける。ウォータースライダーなので目に見える液体はただの水のはずなのだが、H2Oではない違う性質の液体のように見えるのが不思議。

 

 メインヒロインはグラビアアイドルが声を当てている。このメインヒロインが悲痛な感じで「痛いよぉ」というセリフを繰り返し言うのがどうゆうわけか印象的であった。

 

 結局この部活って何だったのかと思った。

 

 二話続けて見て、おっぱいのサイズとそこそこにスピード感あるストーリー展開に圧倒されてあっという間に終わったと感じた。

 

 でかいお胸のことくらいしか記憶に残らない謎なアニメだった。

 このアニメにシナリオ的な面白さを求めてはいけない。

 良い暇潰しにはなった。

 

 おっぱいアニメと言えば「聖痕のクェイサー」が印象強く残っているが、この「エイケン」も違った意味で相当なものだった。 

 

エイケン エイケンヴより愛をこめて スペシャルBOX [DVD]
 

 

 おっぱいと何度も書いたが、私は別におっぱい星人ではありません。