こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

スイーツを愛する戦士「キラキラ☆プリキュアアラモード」

 

 先日、プリキュア最新作「HUGっと!プリキュア」の一話が放送された。学生なのに急に赤ちゃんの世話をすることになるのは「ママは小学4年生」を思いだすような設定だった。最新作ではついに声優小倉唯ちゃんが参戦するのでこれからも楽しみに見ていこうと思う。

 最新作の一話目を見終えたところで、一つ前の「キラキラ☆プリキュアアラモード」を振り返ることにした。時には人生の振り返りを行うことが大事である。

 

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!【DVD特装版】 [DVD]

  

 アラモードと言えば、放送前か放送直後くらいにヤフーニュースでプリキュア新作はシリーズ名物となる女子の肉弾戦を封印すると触れ回ったことが印象的であった。

 アラモードにおいて、戦士プリキュアは戦士であると同時にスイーツを生み出すパティシエという設定なので、手で殴るとかは控えたのかもしれない。アニメ「ワンピース」に登場するコックのサンジ君は、戦闘において手は封印して足のみで闘うスタイルを取っている。やはり調理人にとって手は汚してはいけない大切な仕事道具なのだとわかるね。パティシエを意識してプリキュア名物の肉弾戦を封じたその心がけは良いものだと思う。人を殴りまくった手で作ったスイーツってのも甘さ半減な気がするしね。

 伝説のパティシエプリキュアとか言われているので、変身ヒロインである前にまた別の肩書きがあり、なんか大変なことになっている。これの更に一作前でもプリキュアである前に魔法使いという二枚看板で売っていた。

 

 プリキュア五人でスイーツを作るお店を構えているのを見て、昔やってた「東京ミュウミュウ」もこんな設定だと思い出した。

 学年にバラつきがあるのも印象的であった。中二が三人と高二が二人の組み合わせであった。これは色々合わないだろうと思ったが、スイーツを通してジェネレーションギャップの溝を見事埋めることで五人が密な結びつきとなった。さすがはスイーツ、人と人を繋げるコミュニケーションツールでの一つであると言えよう。

 

 笑顔の源スイーツであるが、物語中盤ではひまりちゃんの口から栄養価的には食ってもほぼ無駄ということで「エンプティ・フード」とも呼ばれると説明される。確かにスイーツはあくまでおやつであって明日滅んでも米とか魚とかがあれば生きていく上では困らない。そんなエンプティなものに情熱を捧げるスイーツ大好きひまりちゃんから発せられるからこそ深いテーマ性を見出していると感じられた。思えば我々人類は栄養もない上に虫歯を引き起こす可能性もあるスイーツを何故にこうも毎日食っているのであろうか。スイーツの存在意義について考えてしまう作品であった。まぁ深く考えたところで美味ければ何でも良いのだけどね。

 ひまりちゃんの言う「スイーツは科学」は名言。

 

 変身時の掛け声「レッツ・ラ・まぜまぜ」ってなんか響きが良くて好き。そして変身が終わるとパティシエらしく「出来上がり」と言う流れが好きだった。これは子供受けのするセリフだと思う。

 キュアカスタードが変身後に前転してリスの尻尾をブルンブルンさせるのが個人的に萌えるツボ。

 ゆかりさんの変身するキュアマカロンについてだが、そういえばマカロンって食ったことないかも。 味がわからん。

 

 声優について言うと、美山加恋がキュアホイップを演じたことがやはり印象的。子役時代を終えてすっかり大人になり、ちょっと前に「エンドライド」というちょっとアレなアニメ(私は好きだがね)のヒロインで出ていて「あ、ドラマ出てた子だ」とビックリした。ちょっと前まで夜中にリコーダーを吹いて草彅君に「うるさいんだよ」と怒られる小学生の役(某ドラマでのこと)をやっていたのに今ではプリキュアだなんて実に立派になったものだ。

 あとは、追加戦士のキュアパルフェについて。まさかの水瀬いのりが演じて私は歓喜。声可愛い。

 パルフェは好きだった。変身するシエルはパリで修行を積み、一般にも広く顔が知れたマジなパティシエで他の五人とは頭一つ抜けたの腕を持っているキャラであった。後半でプリキュアそれぞれのモチーフになっている動物を出して闘っているが、皆が犬とか猫とか出す中で最後のパルフェだけペガサスという空想の最強アニマル出してくるのでちょっとズルイ。完璧を意味する口癖「パルフェ」が好き。

 

 個人的にプリキュア五人、後の追加戦士も含め中々良いキャラに仕上げていると思った。皆個性的で一人だけ空気な者がいなかったのはさすが。

 日曜朝の爽やか番組に対してこう思うのはアレな感じがするのだが、本作中で女の子同士が仲良しなのを見てはユリ萌え的観点から和む。

 中盤くらいにはカップルにして活躍するエピソードが目を引いた。

 いちか×あきら あおい×ひまり あきら×ゆかり の組み合わせが良かった。基本的に皆仲良しだけどたまに二人だけの話があるのも良かった。あきらさん、ゆかりさんの二人が私的にベストカップル。どちらも系統こそ違えど学園のアイドルなのですごい二人で組んでいる。ゆかりさんは美人で男女共に受けそうな女性で、あきらさん変身後は長階段を下りてくる演出がなされる程の宝塚系のイケメン女子高生。あきらさんが優しすぎて心までイケメンだった。

 メイン五人それぞれになかなかおいしい要素を散りばめていた。

 

 アラモードはキャラが可愛いくて良かった。とにかく毎週日曜朝に目の保養となりました。次回作も楽しく拝見しようと思う。

 私はアニメもスイーツも大好き。