こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

もしもことりエンドだったら……「D.C.if 〜ダ・カーポ イフ〜」

D.C.if 〜ダ・カーポ イフ〜」は全2話のOVA作品。

 2008年に発売した「D.C.ダ・カーポ〜 DVD-BOX」に第1話が、2009年に発売した「D.C.S.S.ダ・カーポ セカンドシーズン〜 DVD-BOX」に第2話が収録された。

 新作OVAのためにBOXを二つも買わないといけない。当時はファンの懐に打撃を与えたであろう売り方をしていた。しかし先日発売したBD-BOXにも入っていたので今なら楽に見れるぜ。

 

D.C.~ダ・カーポ~DVD-BOX【初回限定生産版】

 

 

 作品内容は「D.C」と「D.C.S.S」の間の一年を、しかもifストーリーとして描いている。「D.C」ラストで音夢がいなくなってから純一とことりが付き合うことになり、最後には結婚まで行くという、ことりエンドを描く。ことりファンならこれは嬉しい。

 

D.C.Ⅱ」の放送が終わってからファーストシリーズのヒロインの物語がアニメで描かれるとは、いかに作品自体の人気とヒロイン白河ことりの人気が高かったが分かる。

 

D.C.S.S」を見た時にも、これって音夢看護学校から帰ってこなかったら絶対純一とことりってデキてたよねと想った。そして音夢が帰ってこない未来ではやはり二人はくっつくことになる。

 

 TVシリーズ同様に、音夢がいなくなって慣れない一人暮らしを始めた純一を友人たちがあれこれとサポートしてくれる。

D.C.S.S」で音夢が帰ってきた後にことりが純一の家で料理をした時、音夢にとって使い勝手が良いように調理道具の位置が変えられていることに気づいたことりが何だか可哀想に思えた。このOVAではことりが幸せになるのであの時の救いになったなと想った。

 

D.C.S.S」から一年話が戻るので、萌先輩がまだ学校にいて制服姿である。学生服の萌先輩を拝めて良かった。

 

 杉並が、杉並のくせに純一達の恋を後押しするようなちょっと良い言動を行うのが印象的だった。

 

 音夢がいなくなっても音夢の部屋はしばらくそのままにしていたが、純一は新たな恋をする決心をして部屋を片付けようとする。ここがちょっとシリアスだった。見ていて複雑なシーンだった。これを友人達に手伝ってもらうのはどうかと思うけど。

 

 音夢を忘れて自分を選んでくれたことが嬉しいはずのことりだが、純一が過去を消そうとしてる感は何か違くてね?と想ってもやもやする心情はちょっと分かる。

 

 嫁入り前のことりが姉に挨拶するシーンは、何だか「のび太結婚前夜」を思い出した。ああゆうのってちょっとウルっとくる。

 

 TVシリーズでことりが純一を諦める辛い心情が描かれていた分、このOVAではことりの願いが叶って良かった。しかし、この純一という男、いいヤツなんだろうけど、何故にそこまでモテるかね?とも確かに思えてしまう。

 

 ことりを演じる堀江由衣ちゃんが好きなので、ストーリー云々の前に彼女のセリフがたくさん聞けるだけでお得だった。話ももちろん良い。

 ことりファン、堀江ファンにはおすすめできる。

 

 

  D.C.はヒロインが可愛いし、キャラも良いので一人に絞るのは迷うな。個人的には萌先輩が好き。 

 

スポンサードリンク