こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

こしのり漫遊記 その38「令和の百姓一揆を見た」

     f:id:koshinori:20170607205753p:plain


 昨日のことだが、遂にN国党の立花さんがマツコに突撃しやがった。

 

 前からYOUTUBEで「5時に夢中」収録終わりのマツコを出待ちすると言ってたが、あれってマジだったんだ。申し訳ないけどここまでする人とは知らなかった。

 昨日の夕方にこれの生放送をチェックしたのだが、もうマジですごいことになっていた。人集まりすぎ。ただただ「すげぇ~」ってなった。

 

 立花さんよりも先にファンが出待ちに駆けつけているし、予想外に応援がいるから立花さんが男泣きしてたし、アレにはこっちもちょっとだけうるっと来た。

 

 しかし、マツコが気の毒。あんなことになったらさぞ怖いし面倒臭いだろうに。マツコのことも好きだからそこは心配。

 

 昨日は結局マツコが登場せず、立花さんはマツコと対面できままに退散。彼が帰った後もファンがうるさくして軽く暴動みたいになっていた。

 この光景を安全な部屋から見ていた私は「これが令和の百姓一揆の開幕か……」と想った。

 

 5時に夢中どころではない、立花孝志のアクションに夢中になる。マツコも私も、その他誰もしらない世界を立花さんに見せてもらった。

 

 今回の彼の言動の是非はまぁ置いといて、とにかく行動力の怪物だと想う。フットワーク軽いなぁ。それに軽妙な演説は大衆のハートを見事キャッチしていた。そこのところは政治屋にも革命者にも向く人物だと想った。

 

 とにかく日常に非日常を運んで来た稀有な男だということが言える。私が好むのは当たり前ではない何か、退屈から脱却出来る何かしらの刺激なので、昨日の騒ぎの生放送を見て興奮した。眠かったけど目が覚めた。あのNHKからすごい百姓が出てきたものだ。

 

 NHKも立花孝志さんのことを、ただの素人が何か言ってるって感じに軽くは見れないだろうな。

 世の流れなんて基本的にはどうでも良いと想っていたが、この「令和の百姓一揆」の決着は最後まで見たい。それを私の令和の楽しみにしよう。

 

 にしても立花さん、こんなことばかりして狙撃(スナイプ)とかされないだろうか。大きくて黒い組織を相手にするとそれなりの仕返しがあるかもだから背中には気をつけて欲しい。

 

 NHKについては、色々やらかしているのだろうけど、こないだの土曜日のプリキュアの特集は良かったよ。

 

 スポンサードリンク