こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

未来の私が、いっちば〜ん!「プリティーリズム・ディアマイフューチャー」

プリティーリズム・ディアマイフューチャー」は、2012年4月から2013年3月まで放送された全51話のテレビアニメ。

 

 先日、前作オーロラドリームを見た流れでこちらもチェックするしかなかった。そんな皆納得の流れで見た感想とかを書き殴りたい。

 

 それとこの4月からシリーズ最新作「ひみつのアイプリ」がスタートしたね。シリーズ復活おめでとう。最新作のそっちも見つつ、旧作のディアマイもチェックして行く楽しい春になりました。

 

プリティーリズム・ディアマイフューチャー Blu-ray BOX-2

 

内容

 前作「オーロラドリーム」から3年後の世界が舞台。

 あいら達の下の世代も順調に育って来ています。その中で新人の上葉みあがプリズムスターの世界に殴り込みを駆けてくる。

 何かと1番を取りたい性分のみあは、あいら達先輩も全部ぶっちぎる勢いでプリズムスターの世界に体当たりで挑んでいくのだ。

 

 プリリズ第2幕がここより始まる。

 脈々と受け継がれるプリリズの系譜を見よ!

 

 そんな感じでお届けす51話の物語です。←雑説明終わり。

 

感想

 3年後の世界に移り、主人公も代替わりで次のシリーズが組まれた。2作目に突入ということで、当時のプリリズ人気もさすがなものだったと分かる。

 しかしコレ、もう10年以上前の作品なのか。改めて歴史あるコンテンツだな。

 

 主役の上葉みあは大久保瑠美、他のPrizmmy☆のメンバーを見れば高森奈津美佐倉綾音津田美波と、今ならすっかり有名人の当時の新人達で固められている。声優好きなもので、10年ちょい前の世界では若手だった皆の芝居が見れて嬉しい。それとつい先日結婚報告があった津田美波にはこの場を借りておめでとうと叫びたい。当時は遠かった結婚がようこそディアマイフューチャーした瞬間が今なんですねぇ。

 皆この段階からでも慣れた感じで上手いことやっているな。今振り返ればプリリズから羽ばたいて行った若手も多い。新人育成コンテンツでもあったのだな。ナイスです。

 

 大瑠璃あやみちゃんを演じるあやねるの声が若い。あやねる好きとしてはかなり新人の時の芝居が令和時代に見れて嬉しい。

 でも今回一番推しだったのは深山れいなちゃんかな。ツインテでちょいツンデレな感じが良い。高森奈津美の声もめちゃ良いな。

 れいながライブパフォーマンスでやる胸キュン体験のヤツが可愛かった。イツキくんと幸せになって欲しい。

 

 面白い仕掛けなのが、作中アイドルグループのPrizmmy☆、PURETTYがリアルアイドルとしても存在すること。作中では声優が演じているが、リアルでは全く別物のアイドルが活動中。メンバーの名前もアニメと一緒。このリンク感が印象的。

 作中のライブ曲は声優とは別に本物のアイドルが歌うこともあれば、声優のまま歌うこともある。

 曲によってはキャラの中の人で行くのか、外の人で行くのか変えてくるからややこしくはあるが、中々面白い仕組みとして印象に残る。

 アイドルキャラの中の人は声優を指し、外の人は現物のアイドルを指すことから、Prizmmy☆の場合声優は中ズミー、現物のアイドルの事は外ズミーと呼び分ける事があったりなかったりしたらしい。便利な呼び分けだと思う。

 

 外側のPrizmmy☆が歌う初代OP曲「Dear My Future 〜未来の自分へ〜」はめちゃ良い曲。これは好き。

 希望ある未来を見つめる女児向けコンテンツらしい前向きな内容の曲で良い。最終回の一番良いところで流れるのを聴いたら泣けた。

 後のプリパラではみあ役の大久保瑠美がソロで歌うバージョンもあったがあちらも良い。

 

 今回の物語が始まって早々登場するみあちゃんだが、中々の暴れん坊だな。あいらとは全く別物タイプのヒロイン。

 とりあえずプリズムスターとしてライブがしたい、そしてあいらを越えて輝きたいという熱だけはたっぷりある。でもマジで勢いオンリーの体当たりスタイル過ぎる。

 コイツ何も知らないんだな~ということもいきなり分かってくる。何か色々分かっていないし、スケートの経験もなし。それで事務所に殴り込んでくるからまるでイノシシみたいな女だな。

 思考ターンが短く、その分アクションに出るまでが速い。さっさとやってしまおうの短絡的ながらもガッツとファイトがたっぷりな生き様は、当時の最先端のギャルの思考スタイルを反映したものなのかもしれない。←もちろん当時のギャルの分析など何も出来ていない私の予想。

 まぁこういうちょっとおバカな感じもありな勢い任せのキャラ性もありっちゃあり。 

 

 今回作が始まって急に気になるのは、絵柄がなんか違うこと。なんか全体的に細っこくなって、顔を見れば目が小さくなっているような。とりあえず作画を変えてきている。正直前作の方が可愛く描けていたので、そこはまぁ気になっちゃう。

 1話目からいきなり3年後の姿でMARsがライブを見せてくれるのはありがたかった。でもちょっと顔が違っているようなとは思った。あと「MARsでございま~ず!」の挨拶セリフが好き。発想とノリが昭和なのも良いよね。

 

 前回はこっちの事務所、あっちの事務所3人ずつでメインのアイドルは6人だったが、今回はもっと多い。

 まずは日本のアイドルPrizmmy☆のメンバーが4人、遅れて続々やってくる韓国のアイドル5人で結成するPURETTYのメンバーが5人、合わせて9人もメインで登場するアイドルがいる。数が多い。MARsの下の世代も順調に育ったものだ。

 このくらいの時代なら韓流の女子アイドルブームも結構キテいたはずだから、その要素も入れてひと盛り上がりしたかったのかな。

 

 とにかく数が多いなぁ。あとこれは私だけの都合かもしれないけど、アニメを見ていて中国と韓国の人物名って覚えにくいなぁって思っちゃう。まぁ日本人の同級生の名前もロクに覚えられなくてよく注意されるような人間なんだんけど。

 

 新しい要素としてプリズムジャンプよりもっと先の世界のプリズムアクトというのが登場する。これがなんかすげぇ事になってすげぇ世界の扉が開かれるのだが、荒唐無稽な世界すぎてよく分かんねぇ。

 前作以上にライブ中に見る世界観が観念めいたスピリチュアルにしてファンタジーなものなっていた。作っている側もなんか分かんないことになっているんじゃないかな。

 とにかく極まったプリズムスターの発する世界観は一般人の常識を凌駕する。

 

 みあ達下の世代の話がメインで展開するが、前作主人公達のターンもちゃんとある。

 序盤から後半まで引っ張った面倒臭いラブな話があいら、ショウ、そしてここで追加される韓国からの刺客ユンスによる男女三角関係。あいらちゃんがモテるモテる。

 ショウさんが初登場時の王子様モードからからどんどん余裕のない状態になって行き、かなり藻掻く等身大の男に見えてくる。ショウも迷走してんなぁ。ショウが王子様ポジからダメな感じになっている。あいら役の阿澄佳奈は、ショウについて「無いわ~」と反応したとオーコメで知れました。

 ユンスも早々に当て馬キャラで終わると思ったら結構攻め込んで来てショウより優勢に立つターンも多かった。ユンスくんも中々やりおる。

 私があいらだったとしたら、この二人に挟まれて面倒なことになるのがマジで嫌だなって思ったけど、人のを見る分にはまぁ楽しめたかも。この三角関係は波乱だったので記憶に濃く残る。

 

 ラブのことを言えばりずむとヒビキが実は結婚していたのもビックリ。それを長い事ファンに伏せていたので、公式に発表する流れになる。黙って結婚とかファンを騙していたのかよと思ってしまうオタク心理もちょっと反映した流れになっていた。りずむちゃんも結構行動派だな。ディアマイで一番びっくりなのはこの二人の進展ぶりかな。

 

 前半はただのライブMC役と思わせて実は業界の裏の裏に暗躍してえらい事を企んでいたのがドン・ボンビーこと阿世知欽太郎だった。このオヤジが厄介だった。 

 欽太郎の策略であいらが闇落ちし、りずむ、みおんもくっついて向こうの事務所に取られてしまう。以降MARsに挑戦して負けたら向こうの事務所に引き抜かれるスリルある展開に入っていく。この闇展開は良い感じに闇っていてちょっと楽しかった。

 せれのん&かのんにPrizmmy☆まで負けて向こうの事務所に取られることになるが、そこでPURETTYが突破口を開いたのは意外だった。みあでなくここはヘインに頑張らせたのは意外。

 とにかく阿世知家の人間は何かとこの業界に旋風を起こしてくれるのなぁと今回の騒ぎを見ても分かってきた。

 

 ここのオヤジの若い時の意外な人間関係や実は今日子さんとジュンさんが姉弟では無かったことなど、スキャンダラスなことも分かってきた。

 今日子さんとジュンさんがくっついたラストは良き収まりだったと思う。

 それとジュンさんは今回もやっぱり変人だった。今回はタキシード仮面みたいな変装をしてみあに助言する変な役どころだった。ジュンさんがキモカッコ面白いのは前作から継続のことで安心した。

 ジュンさんが今日子さんとくっついたことでみおん様の失恋エンドになったけど、まぁそれはそれで良い。みおん様が推しです。

 

 というわけでキラキラの未来を目指したくなる希望のコンテンツでした。

 みあの口癖の「未来の私がいっちば~ん!」は景気の良いフレーズで好き。私もその勢いで未来に体当たりします。ありがとうディアマイフューチャー。

 

 

 

 スポンサードリンク