こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

愛した我が子は悪魔か「悪い種子」

「悪い種子」は、1956年に公開されたアメリカ映画。

 タイトルの種子は「たね」と読む。

 

 内容としては、8歳の少女の犯罪を扱っている。すごく怖い。視覚的よりもディープな人間心理面の怖さを描いている。

 どの局で流すにしても攻めたヤバい作品だったが、まさかNHKで見ることができるとは、良き時代になったものだ。先日BSプレミアムで見たのである。面白い作品を流しているんだな~。

 

 なんとなしの初視聴だったが、本作を見て得た衝撃はデカい。これは儲けものな出会いだった。怖いけど面白い。 

 最初30分くらいは平和な家庭の話って感じで見ることが出来たが、後はずっと不穏、そして怖い。2時間と10分の作品だが、あっという間に終わった感じ。面白い作品は時空を越えてしまうからすごい。

 

悪い種子(字幕版)

 

 まずは上品な家庭が描かれる。そこの上品な8歳のお嬢様のローダは、親の知らない秘密をたくさん持っている。

 ローダの担任教師も子は得てして親に明かさない秘密を持つものと言うが、ローダの持つそれはダンチで恐ろしい。

 

 学校で行われた文章コンテストでクラスの男子に負け、優勝メダルを取れなかったこと。これが事件の素となる。

 

 ローダの家に集まる客人達の中には、心理学に詳しい者がいる。彼らが犯罪心理についてベラベラと語るシーンが割と長く映される。その中で、犯罪者ならではが持つ偏執性について言及するものがある、そこにローダの悪の素が見られる。

 

 ローダはメダルを獲得できなかったことにどこまでも執着し、果てにはメダルを獲得した少年を川に落として殺してしまう。そしてラストシーンまで執着はずっと続き、最後までメダルを手にしようと動く。この点が不気味で怖い。

 

 当然といえば当然だが、溺死した少年を殺った犯人はローダだろうと、学校、近所、母からも疑われることになる。

 人を殺ったのにケロリとした顔で家に帰ってくる。そして問い詰められると軽快に誤魔化しに出て大人を欺こうとする。賢いローダは嘘も平気でつくし、証拠隠滅のためなら手段は選ばない。

 

 紛失したメダルがローダの部屋から出てきたシーンにはビックリした。それを見つけた時から母はずっと気を病むのである。娘の罪を知った母の苦悩が長く描かれるのだが、母の気持ちを思えば胃が痛い。

 

 ここに追い打ちをかける要素が、母親の出生について。父から聞くに、実は自分は拾われた子で、親は犯罪者だったという。犯罪者の子の自分が産んだローダもやはり犯罪者なのか。この点にもっと苦しむことになる。この設定が、タイトルの「種子」の部分が大きく関わっている。

 ローダのサイコパスな人生と、そんなサイコパス娘を持つ母の苦悩だらけの心理、これら二つの要素で魅せるサイコスリラーの傑作なのである。

 

 作中では、犯罪者が犯罪に至る経緯について、ただ善悪の判断を学んでこなかったことに起因するのか、それとも遺伝によるのかというちょっと興味深い協議が見られた。 

 後半で専門家が話すには、遺伝なんてことはありえない、だったら誰も子供を産まなくなると言及されている。そう聞けば安心だが、真実はどうだか分からないから不気味。この要素のせいで、なんとなく親にお勧めしにくい作品。まぁ私は母に恥じる要素無き善人なのだが。

 

 周りには上品なお嬢様として振る舞うローダのあれはポーズであり、普段は狡猾に騙しのテクニックを使うのがマジに怖い。

 追い詰められた末、母に淡々と犯罪の記憶を言って聞かせるシーンは怖い。子役の子も普段は可愛らしいのに、悪い顔になる時が怖い。

 

 そんなローダの本性を見抜いている割と重要な人物だったのが、ローダの家の使用人のおっさん。同級生を死に追いやった凶器の靴の謎に気づいた彼のこともローダは消してしまう。怖い。

 使用人を消すため、ローダはマッチを持ち出して火事を起こすのだが、その前に一度はマッチを元あった場所に戻せと母に注意される。しかし、返した振りをして数本は手に握っているという点にローダの狡猾さが出ていて怖い。

 

 逃げるローダと追い詰める使用人のおじさん、数回に渡って描かれる二人の腹の探り合いシーンも見どころ。

 

 夫の単身赴任中に学校での事故が起き、母がローダを道連れ心中するまでになる。帰ってきた夫は本当にビックリだろうなと思う。

 

 娘を服毒死させるつもりの母の計画が、不運にも失敗してローダがその後生き延びる点にもゾクリとするものがあった。てっきりここで死んで終わりかと思った。

 ここで生き延びたローダは一体どんなオチを迎えるのかと気になって見ていたら、衝撃的なあんなオチだった。

 作中ラストでは、衝撃的なオチこそが作品の魅力だから、口外しないようにと表記される。なのではっきりは書かないでおこう。でも半世紀前のものだからほとんどの者がオチは知っているか。

 

 終わり方に文句はないが、入り口から味が悪いからオチを見ても後味が悪い。というか本当に胃が痛い作品。

 そんな救済が本編終わりの粋な計らいに見られる。まずはものすごく丁寧に一人ずつキャスト紹介がある。暗い本編だが、役を離れた俳優達は、本編では見せなかった清々しい一面を見せてくれる。これに安心する。

 

 罪を犯しても愛した我が子だったために娘を強く責められなかった母が本編では描かれる。コイツ悪いんだからビンタくらい食らわせたら、と多くの者が思っただろう。

 そんな悪い子のローダが、母から尻叩きのお仕置きを食らうおまけカットがEDで流れる。なんかこれで安心してテレビを消せたって感じになる。

 EDはポップでオシャレだわ~。それに変わっている。

 

 怖い話ではあったが、最後まで気になって仕方ない面白いシナリオだった。幼い子供ならではが持つ残虐性というのがあり、そんな都合も見える作品だった。

 だが、人の善悪を決定づけるのに種子は関係ないと思う。そこのところはとりあえず安心して見るが良い。

 

悪い種子(字幕版)

悪い種子(字幕版)

  • ナンシー・ケリー
Amazon

 

 

 スポンサードリンク

 

 

 

138階建ての地獄「タワーリング・インフェルノ」

タワーリング・インフェルノ」は、1974年に公開されたアメリカ映画。

 

 138階建てのビルが大火事になるお話である。どんだけ高いんだよって思う。

 作中で消防士が「7階建てより高いと消火作業が難しくなる」と言っているのに、まずは81階が燃え、最終的には上も下もほぼ全部の被害になる。消防士泣かせも良いところな事故現場。

 住処を高い所にすれば気持ち良いのだろうが、何かあると逃げられないから考えものだ。

 

 この手のパニックものといえば「ポセイドン・アドベンチャー」がやはり強い。製作には同じスタッフも関わっているとのことで、二作共にハラハラとドキドキが止まらない名作となっている。とにかく面白い。

 

 2時間と40分もある作品だが、ずっと面白く、長い時間もあっという間に感じた。

 最初から燃えるということは分かっているから、いつ火事になるのかと不謹慎ながらワクワクして見ていた。本格的に大きな火が出るのはだいたい40分くらい回した所。あとは最後までずっと燃えて危ない。

 

 ビルが燃えるこの映画だが、令和に入って初めて見た。というか存在を知らなかった。世界的にヒットした映画だとのことだが、なんで知らなかったんだろう。まぁ見れたからいいか。大変良い出会いとなった。

 

タワーリング・インフェルノ (字幕版)

 

 主役はビルの設計者でもある建築家のダグ・ロバーツと消防隊長のマイケル・オハラハン。ツイン主役なんだな。

 ダグを演じるのは、「動く標的」で好きになったポール・ニューマン

 この二人だが、まず男前だし、役どころとしても男らしく逞しく格好良い。

 

 事件はビルの落成式の日に起きる。

 火事の原因はズバリ手抜き工事のせい。コスト削減というケチな了見で配電設備を柔な作りに変えたところ、ショートを起こしてそこから発火。

 

 一流建築家のダグの設計を勝手にイジってグレードダウンさせた結果がコレ。ダグは手抜き工事にゴーサインを出したビルオーナーのダンカンとその娘婿のロジャーを攻める。

 手抜き工事で起きた火災のために死者が出た時、間接的とはいえ「人を殺したんだぞ」と言ってダグがダンカンを攻めたシーンが印象的。

 

 火が出たと教えてもダンカンは、出火元の50階も上にいるのだから大丈夫と言って上階でのパーティーを止めて非難しない。これが火を舐めているなと思えてならない。配電周りの火事だから、どこが爆発するかは分からないのである。

 

 夢見る権力者の横暴でこんな悲劇になったわけだ。責任者ってのは、やはり責任を持って施設管理をしないといけない。いい加減な仕事をすれば人に迷惑がかかり、最悪殺されてしまう。

 

ポセイドン・アドベンチャー」のように、ビルに残された人間達それぞれの視点で物語が描かれる群像劇も楽しめる。キャラは割と多い。

 印象に残るのは、人生最後の恋を求めての旅となった老いた詐欺師のおじいちゃん。残念ながら相手の女性は死んでしまう。

 

 途中で死者も当然出る。全身火ダルマになったり、窓から落ちたり、エレベーターから落ちたりと何れも恐ろしく、そして生々しい。

 

 今のようにCG依存での戦いが出来ないので、リアルな炎に爆発など、パニックものとしての見せ方には工夫と迫力がある。

 

 地の利がある設計者ということで、積極的に動いてビル内で救助を行うダグの勇姿にも注目出来るが、やはり格好良いのは消防隊長のオハラオン。変わった名前。

 歴戦の隊長らしく、ビルで相次いで事故が起きる地獄絵図を前にしても動じず冷静に動く。そんな隊長がとにかくクールで格好良い。

 

 宙吊りになったエレベーターの情報が入れば困った話なので気だるそうな感じも出すが、すぐに自分が行くと言って動く。アンニュイな感じも出すが、やはりプロの判断と仕事ぶりですごい。

 

 パーティーに出た上階の客を救おうにもエレベーターは動かず、階段も爆破されて途中で道が無くなっている。ヘリを屋上に呼んでも爆発事故で着陸に失敗。絶望的展開が続く。

 ロープ結束を用いて救助カゴを設置しての一人ずつの救助になるが、これでは全員助けるまでに数時間かかる。でもビルはもう15分も持たないという切羽詰まった状況に追い込まれる。

 

 こういう時にはやはりマニュアルで女子供を先に逃すことになっているようだ。でもタイタニック号の時にもいたように、我先に助かろうと統率を乱す者も出てくる。そういうヤツは天罰が下って死ぬ。小悪党ぶりが目立つダンカンの娘婿がああなったのは仕が方ないこと。

蜘蛛の糸」的なオチで救助カゴを失うシーンは人間の真実性が出ていて怖い。

 というか救助カゴなんてものがあると初めて知って勉強になった。

 手際良くロープを結んで装置を固定するシーンもしっかり映している。ああして器用に出来るのはすごい。練習していないと現場ですぐに結んで解いては出来ないだろうな。

 

 もうビルが持たないとなった時の最終手段は、最上階にある水が入ったタンクを爆破してありったけの水を上から下まで流すこと。

 タンクを爆破するための爆弾設置は隊長にしか出来ないという。でも、設置しても自分が戻ってくる時間と手立てがない。それでも上は命令するしかない。隊長は聞くしかない。

 このシーンはキツイ。自分ただ一人が皆を救える可能性を持っているとしても、危険すぎる。私なら絶対に帰る。

 

 でも隊長は一人最上階に向かうのである。すごい勇気。

 ツイン主役共同作業で爆弾を設置して、作動させるまでが一番ドキドキした。

 起きている事故をなんとかさせるため、あえて爆発を起こすという異常時だからこその恐ろしい作戦が取られる。

 

 極端なもので、タンクを爆破させると上から下まで水が落ちて消火は叶うが、次はとんでもない勢いの水攻めに殺される可能性がある。中にある物が全部窓から流れ出るから、人間も落ちる可能性が大。皆壁などに体をロープで固定し、あとは運頼みで爆破を待つ。なんかこの展開がリアルで怖い。

 爆破前カウントダウン時に、上階に残った男達の顔が一人ずつアップになるところでドキドキがマックスを迎えた。

 

 上から落ちる水の量もデタラメで、ここはポセイドン・アドベンチャーみたいだった。人間も外に放り出すくらいすごいのが落ちて来て、やっぱり何人も窓から流れ落ちで死んでしまう。マジで恐ろしい。

 

 助かって地上に帰ってきたダグ、オハラオンそれぞれのセリフは印象的。 

 廃ビルになったコレは虚構の象徴だとダクは言う。

 そしてオハラオンは、今回以上に被害者を出すビル火事が今後起きるだろう、その時は自分達は死者を運び出すだけだ。建築家がビルの建て方を聞きに来るまでは、と手抜き工事を揶揄した言葉を吐く。ちょっとおしゃれに皮肉が効いている。

 

 作品冒頭では、一生懸命火事場で働く全ての消防士を称賛するメッセージが表記されている。オハラオンがそうだったが、勇敢な消防士にバンザイなのである。

 消防士がいかに大変で危険なお仕事かが分かるものでもあった。助けに行った方が火だるまになることもある。それに消防隊の装備は歩くのがダルい程に重いらしい。これについては、本編でもアメフトの防具くらいは軽くしろと隊員がぼやいている。重い装備で階段を昇るのは相当にキツイことも分かった。

 

 その昔、東宝特撮か何かで見たが、上階からすぐに消防車に乗れるよう、屯所には各階の天井をぶち抜いて上から下まで伸びる柱が見えた。あれを見るとプロのお仕事現場って感じもする。

 

 そんな訳で迫力満点のビル火事パニックものだった。これは素晴らしい。

 火事は本当に恐ろしく、いつ起きるか分からないので、日々気をつけて生きようと思った。 

 

 

 

 スポンサードリンク

 

 

 

こしのり漫遊記 その54「レトロゲームコレクターの心理を見つめる」

    f:id:koshinori:20170607173257p:plain



 

 レトロゲームを買う。たくさん買う。でも人生の残り時間でそれら全部を遊ぶことなど出来ない。全てプレイし終えるなら来世まで計算に入れておかなければならない。

 

 では、なぜやりもしない、あるいは出来もしない物を人は、コレクターは次々と買い集めていくのだろう。そんなことをふと考える時期がやってくるもの。というのがコレクターあるある。収集物が一定の困った量に達した時ほどコレを思う。

 

 自分で答えは出ているが、客観的に見るとこれは不思議現象だ。周りの者は「じゃあ、なんで買うのさ?」となるわけだ。

 私はその後のプレイの有無はよそに日々レトロゲームを好んで集めている。

 

 これを他の収集物に例えて考えてみよう。

 例えば、兜、刀、壺などの骨董品を集める爺さんがいるとする。

 その爺さんは、兜を実際に着用してファッションとするのか。否、そうではなかろう。重いので腰を悪くするし、きっと職質にあって有意義な時間を過ごすことになるからだ。

 その爺さんは、刀を常用して人でも大根でも斬りまくるのか。これも否、そうではなかろう。だって廃刀令のご時世になって久しいからだ。

 その爺さんは、高い壺に花を活けたり、タコを招きこんだりするのだろうか。これこそ否、そうではなかろう。

 

 そうなのだ。おかしな話だが、コレクターに限っては、購入するアイテムの実用性など二の次なのだ。観賞用、保存用にする物が多い。

 

 コンピュータゲームならハード、ソフトがあればいつでも遊ぶ事が出来る。しかし、私は集めた物を棚に綺麗に並べてそれを眺める。それオンリーで快楽を得ることが出来る。

 ぶっちゃけ、内容はゴミみたいなゲームもあるが、ジャケが良いということでビジュアルは合格、出回った数が無いので希少性があるなどすれば、集めてとても満足な一品となる。

 

 多くの人間が私に尋ねる。「集めてどうすんのさ?」

 これが愚問と分からぬヤツがあまりにも多い。集めてどうするの前に注目して欲しい。どうかした結果がコレってことに。

 そう、集めるのは目的ではなく結果でもある。目的と結果がイコールするということで、手順少なく楽しめるお得な趣味でもある。

 

 おまけの事を言えば、これらは後にきっと資産になる。

 いくら待てどもやっぱりゴミのままのゴミもあるが、ゴミと思いきや数年待つとお宝になるものもある。「うえきの法則」的素敵さがココにある。

 

 元手がほぼゼロで入手したものがお宝になると嬉しいに決まっている。この話をするといやらしいから良くないし、生涯手放すつもりはないから売値はどうでもいいと言えばそうなのだが。

 

 昨今、私が趣味でコレクトした物を、喉から手でも足でも出るくらいに欲しがる輩が多くいるらしいとネットで知る。

 なんだろう、これはきっと優越感。だって劣等感はまるでない話だよな。

 

 そんなコレクションも数が増えて困るのは確かに困る。

 自慢ではないが、生きる上で与えられた環境の都合を言えば、他の者と比べて収集スペースを広く持てる人生を送っている。だからある程度までは許される。

 だが、その内床が抜けるとかなると怖い。

 

 楽しい趣味だが、収納に困ることでややストレスにもなる。

 趣味のものだけを置く小屋でも建てたいと思うが、それで金を使うし、無人の小屋でも固定資産税っているのか?まぁ何にせよ用意は絶対に面倒。

 

 究極論を言えば、図書館やブックオフみたいに棚がずら~と並ぶだけの部屋なり家が欲しい。棚の空きスペースが愛しいコレクションで埋まっていく快楽は、どこのコレクターとでもきっと共感出来ることだろう。

 

 そんな感じで楽しい趣味とちょっとのストレスがイコールの充実ライフを送っている。

 

 コロナがなんだ!我々は死んでいる場合ではない。死に抗って充実ライフを満喫するのだ。

 

 人類よ、次の時代で元気に会えることを祈る。

 

 

 スポンサードリンク