こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

2023年のアニメ感想(1月)

 紅白歌合戦ジャニーズカウントダウンを見たのが昨日の事のように思える。でも、ちゃんと数えればあれから早いもので1月が過ぎた。

 まじかよ、たった12ヶ月しかない愛しき期間の内1ヶ月がさっそく終わった。こりゃ今年もマッハだな。

 そんなマッハの時の中でもしっかりアニメを楽しむのだ。

 

 23年開幕クール作品には、良いのも酷いの含めたバラエティ豊富な顔ぶれが揃った。

 なかなか波乱の年明けを迎えてから1ヶ月の段階でも、順調にフィナーレを迎えた作品がちらほら出て来た。

 

 それから、放送スタート1ヶ月を待たずして志半ばに万策尽きて休止したアニメもちらほら出て来た。今年も1ヶ月目から実に色んな事が起きる。

 

 ではここ1ヶ月のアニメを振り返ろう。

 

令和のデ・ジ・キャラット

ブシロードスリーブコレクション ハイグレード Vol.3373 令和のデ・ジ・キャラット『D.U.P.』

 去年10月からスタート。年内で終わったのか?と思ったら、ちょっとだけ年明けに持ち越しの後半戦が残っていた。この1月で全16話が完結。

 

 最新アニメーションで見るでじこもまた可愛い。可愛さもリニューアルで楽しかった。

 高いのか低いのか謎のテンションで展開し、マジですぐに終わって行く。そんなユニークな物語の16連発だった。

 

 平成版でも披露した隠された名曲「PARTY☆NIGHT」を1話丸々使ってダダ漏らすだけの回があったり、マジで一瞬だけゆかち(井口裕香)の出世作うさだあかりが出てくる回があったりと、後半も楽しかった。

 うさだあかりはとても可愛い。うさだあかりが歌うウサ耳の変な歌には笑ったものだ。

 

 こういう考察させる間も与えずマジですぐ終わるベリーショートアニメも良いと思う。可愛さと勢いだけで戦う感じが潔くてナイス。

 最近は25分が辛いというアニメも多いので、この手の見る者を疲れさせず、それでいて可愛くてなんか楽しいという枠は地味に助かる。

 

 また次があっても良いと想う。

 

機動戦士ガンダム 水星の魔女

【Amazon.co.jp限定】機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season2 vol.2(特装限定版) (全巻購入特典:キャストトーク引換シリアルコード付)(Season2 vol.1~4連動購入特典:描き下ろしイラスト(ガンダム・エアリアル)使用 全巻収納BOX引換シリアルコード付) [Blu-ray]

 

 オタクはだいたいガンダムが、ていうかロボが好き。それの新作ということで大変楽しく拝見した。

 

 昨年中に放送出来なかった最終回のみを、遅ればせながら年明け早々にドカンと放送した。

 別枠でもダラダラと感想を書いたけど、この最終回が色々とスゴイ、そして酷い。そんな意外な仕掛けがたっぷり見られたのである。

 絶望たっぷりな前半戦のオチとなった。ここから希望に続くのかどうかまるで謎な後半戦が超楽しみ。地球の魔女とかいう謎戦力の事も気になる。

 

 先日、親戚がスレッタのフィギュアをUFOキャッチャーで見事キャッチした。で、私に譲渡してくれたのだ。ありがてぇ。そいつを眺めながら(←お触りは厳禁)後半戦開始を待とう。

 

 男も女もオドオドしているヤツはダサいしイジメたくなる。なのでそんなに好きくない。そう思っていた私だが、オドオド系乙女のスレッタは例外であり、妙にハマった。市ノ瀬加那の声も良かったし。推せるヒロインとなったスレッタの物語の新章が早く見たい。

 

 変なアニメもたっぷりある中、まともなアニメであるという証拠の「ガンダム」を冠した作品は大変光って見える。そうなれば皆が期待して見ること間違いなし。ガンダムの四文字には、安心と信頼、そして希望が持てるのだ。というのが、ガンダムで育った者のオタクマインド。

 そんなわけで、腐る程いるガンダム信者の期待を裏切らない見事なオチが来るであろう未来で待っている。

 

デリシャスパーティ プリキュア

【Amazon.co.jp限定】デリシャスパーティ♡プリキュア LIVE 2022 Cheers!Delicious LIVE Party♡ デリシャスマイル ♡ アートワ イヤレススピーカー付(初回生産限定) (デカ缶バッジ付) [Blu-Ray]

 1月29日をもって全45話が堂々完結。

 

 放送開始早々、局が謎のジャックにあい放送が一時止まった。そんなムカつくトラブルも乗り越えてよくぞ頑張った。だいたい一月くらい止まったから、あの洒落にならない騒ぎがなければ、その分話数が伸びて49か50話まで行ったのかもしれない。そう思うと過去を振り返って悔やむばかり。

 長らく推してきたゆかち(井口裕香)が遂にプリキュアになれた晴れ舞台だったから少しでも長く放送があればと悔やまれる部分もあったが、大変ユニークな作品で良し。

 

 ニチアサにこういう輝く枠があるという存在感だけでもプリキュアは良しなんだよな。ヤムヤムが可愛い。

 

 全ての決着へと向かう後半戦はシリアスさもあり、その中で高品質な作画力が弾けるバトルシーンも見れて楽しかった。終盤のアクション作画はかなり頑張っていた。そんな中でもやっぱりヤムヤムは可愛い。

 

 やはり命ある者を真に救うのは美味い飯。悪漢だって愛の爆弾のようなおにぎりを握ってもらったのを腹にぶち込めば改心するってものだ。悪者も飯の持つハートフルな力で宥めることが可能という希望を見せてくれた。

 飯が平和を呼び、人と人の絆も強くして万事解決。最終的には、丸っと地球の揉め事全部をぶっ飛ばす。そんな感じの事が伝わる教養ある萌え萌えなアニメだったぜ。

 

 ヤムヤムは超可愛い。美味しいの独り占めは良くないということは分かったけど、ヌードルエモーションって何?と未だに謎。

 

 最終回にもしっかり出てくれたキスマイの宮っちもありがとう。プリキュアも良いけどキスマイもね。ジャニーズがここにいるっていうのもなんかスゴイ時代が来たって感じ。

 

 来週から始まる新プリキュアとの出会いも楽しみ。

 

LUPIN ZERO

 去年12月から配信スタート。イレギュラーなスタートラインに立ちやがった。年を越した1月で全6話が完結。

 

 あの大泥棒ルパンが盗みに手を染める以前の世界に巻き戻り、なんと中学生時代の物語が描かれる。

 この時分からルパンの手癖は悪く、良い女に反応するスケベレーダーも作動していたと確認が取れた。大成を迎えるに至る片鱗が既に見えていたわけである。

 そして次元も実は同じ学校にいた。学生の分際で銃をぶっ放すし、煙も吹かしていた。ガキの頃からも渋いのが次元大介という男の生き様だった。

 

 作画もお話のテンポも良い感じで見やすく、普通に楽しかった。ルパン一世、二世も登場した。ルパンの家族構成や過去が知れるのでお勉強になったぜ。

 

 去年だと同じく泥棒やミステリーを要素に含んだ「名探偵コナン」もふざけたスピンオフを出したので、ルパンもそっち方面で新しく攻めたのかと注目してしまった。往年の名作を、こうしてちょっと変わった角度から再度掘り起こすのも面白いものだ。

 

 

 スポンサードリンク

 

 

令和になっても聴きたいマクロスソング「ライオン」

 本日の「うたコン」でなんとマクロスFの名曲「ライオン」が聴けた。嬉しい限りだ。

 

 NHK音楽番組の「うたコン」は、放送スタート時からなんとなくずっと見ている。

 懐かし歌謡、演歌の中に、良い感じで流行ポップスも混ぜた秀逸なラインナップで毎週楽しく盛り上げている。

 

 MCの谷原章介は目に見えて戯けているわけではないが、所々で絶妙に面白い。この人のMC技術にも面白みがある。そこもお気に入りポイント。

 

 いつも普通に見ている感じで、前もって誰が出るのかというチェックも特にしない。

 そこへいきなりドン!

 なんとMay'n、中島愛、そして曲を作った側の人間の菅野よう子大先生まで光臨している。ありがてぇ。

 

 谷原章介はとあるゲームで菅野音楽とお初となったらしい。貴重な想い出話が聴けた。

 私と菅野音楽がお初となったのは、アニメ「天空のエスカフローネ」のOP曲「約束はいらない」だったと想う。あれも痺れる良い曲だった。当時16歳だった坂本真綾が歌っていた。今思えば世間的にガキの年齢であのように立派に歌っていたのがマジでスゴイ。

 

 NHKで「ライオン」のパフォーマンスが見れるだなんて、素晴らしい日々だ。この曲は格好良いんだよな。大した理屈はいらない。ただ聴いて格好良くて気持ち良い。音楽はそれだけあれば良い。

 銀河を股にかけるをスーパーアイドル二人で歌う曲だけに、とにかく強く美しい乙女ハートを伝えた内容になっている。強い女を感じるのが何かグッと来るんだよな。そりゃ、死んでいる場合ではなく「生き残りたい」のフレーズがリフレインするわけだ。

 

 May'nが黒、中島は白の衣装で登場。白黒シンメもバッチリ決まって格好良い。ステージが華やかになった。

 格好良く決めた二人を見れば、アニメの中のシェリル、ランカの歌姫ヒロインの姿も見えてくる。

 

 この番組は、バックで音楽隊が生演奏するが売りになっている。CD音源とは異なるここだけの臨場感がある。その効果もあって今回の「ライオン」はより勇ましい。とにかく感動した。

 最後の方は、テンションアゲアゲになった菅野先生がピアノ演奏をせずに踊っていた。あれはちょっと可愛い。

 良いステージを見せてもらったぜ。

 

 マクロスFがもう15年も前のアニメになった。そんなに前なのか。

 そこからドカンと出て来た二人の歌姫のMay'n、中島愛も今やなかなかの貫禄がついた。二人共格好良くなったなぁ。

 この二人がどちらも平成元年度産の素敵人間達であることが誇らしい。平成大好き人間として、この点はとても嬉しいのだ。

 

 May'nは最近私がハマっているWUGとコラボした実績があるし、中島愛は後にはプリキュア声優にもなった。素晴らしい経歴。

 あれだけ時が経っても変わらず良い声で歌い続けてくれていることが嬉しい。

 

 15年経って聴いても良い物はやっぱり良いんだな。諸々懐かしい。色々と思い出すことがある。

マクロスF」の放送は2008年だった。この年は「星間飛行」「ダイアモンド クレバス」「トライアングラー」など、本作発の楽曲が続けざまにバズった。二人の歌姫の間に挟まることで悩ましい青春を送るアルト君もイケメンで良かった。

 

 見ている人もかなり多かったな。そうなると視聴者達は二人のヒロインどっち派?の楽しい論争をおっ始めるわけである。私も参戦した。

 ランカにはマジで悪いと想うけど、お色気ムンムンだったのが大変良かったことから私はシェリル姉さん派だった。

 世間的に明らかにこっちが優勢ということもなく、周囲の意見を聴けば良い具合に半々に人気が分かれていたと想う。というのが個人の手応え。どちらも良かったもんな。

 

 これの前にはエヴァのアスカ、綾波論争もあったし。こちらは22世紀まで持ち越し決定の人類(の中のオタク)の命題となっている。どっち派?で揉めるのが、楽しいオタクの生き方なのだ。このしょうもない論争をやっている内が意外にも楽しい。

 

 懐かしの「ライオン」を聴いてもう一つ思い出したが、歌姫ツインヒロインでどっち派?論争も楽しめる作品なら、これの一年前に放送していた「瀬戸の花嫁」のSUN & LUNARもなかなかホットな論争テーマだった。

 ライオンだろうが人魚だろうが、今となれば何もかも皆懐かしい。

 アニメって、そして音楽って良いよね。

 

 というわけで、日本の格好良いアニソンよ、永久に不滅であれ。

 

 スポンサードリンク

 

 

WUGの良い曲を振り返ろう 4

 WUGは良い曲ばかり歌っているなぁ~。

 どれも聞きやすく耳残り感も強い。歌い手はもちろんだが、楽曲制作チームも優秀だった。

 

 実はWUGアニメ以外でもタイアップして歌っていたことがあったんだな。そういえばあんなアニメに出ていたんだと今更発見がある。

 WUGアニメを飛び出た他作品でもWUGちゃんの歌が聴けた素敵な時代があったんだなぁ。

 

 WUGの曲はどれも良いのに、タイアップ先が弱かったなと今なら振り返ることが出来る。

 

僕らのフロンティア
僕らのフロンティア

僕らのフロンティア

  • provided courtesy of iTunes

 

 テレビアニメ「灼熱の卓球娘」ED曲。

 田中美海センター曲。アニメにも出演した。

 ちなみに、主人公達卓球部メンバーで歌うOP曲「灼熱スイッチ」もちょっとバズった良曲だった。

 

 これってこんなに前のアニメになるのかぁ~。なんと懐かしの2016年作品。

 ムネムネというおっぱいの大きさだけであだ名が決まった先輩ヒロインが出て来たことは強く記憶している。

 面白かったけど小粒な作品だったことから、数多ある凡作と共に世間の記憶から消えるのを待つ状態になっている(のかもしれない)。私は好きで全話リアタイした。

 

 静かに始まり爽やかに盛り上がって綺麗に終わる。全体的に透明感が強い。とても綺麗に聴かせる青春前向きソング。普通に良曲。

 田中美海の見せ場となる終盤ソロパートは格好良い。ここは気分が上がる。

 

恋?で愛?で暴君です!
恋?で愛?で暴君です!

恋?で愛?で暴君です!

  • provided courtesy of iTunes

 

 テレビアニメ「恋愛暴君」OP曲。

 メンバーの青山吉能がメインヒロイン役の一人として出演。

 これもクセのある変なラブコメだったな。曲者ヒロイン連発だったと記憶している。結構好きなノリではあった。

 

 OPで流れるこの曲も初見で「なんか変じゃね?」となって耳残りするものだった。

 構成としては結構デタラメな曲で、そこが面白い。テクニックを総動員した上でのクリエイターの遊び心が見えるユニーク性が良しな一曲。

 

 変なアニメの変な曲というイメージがどうしても先行するが、ちゃんと聴けば高等テクを盛り込んだ芸術品だと分かる。

 サビのよく分からないリズムは中毒性があってハマる。このメロディはリアタイの時から覚えていた。

 

 センター曲ということでよっぴーのパートが美味しく、とても可愛い。よっぴーの可愛さをプッシュした一曲でもある。

 

スキノスキル
スキノスキル

スキノスキル

  • provided courtesy of iTunes

 

 デスマ次郎の蔑称で親しまれた異世界アニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」ED曲。

 

 アニメに関しては、加点制度なら加点分が0、減点制度なら早々に持ち点を失う、といった具合で待ったなしの駄世界転生アニメだった。

 アニメについては、チープ感が心地よく、諸々を包括した存在感が面白かったとだけ評価出来る。 

 

 でもこの楽曲はとんでもなく良い。本編に求めることが出来なかったわずかばかりの救済が叶うのがエンディングでのことだった。それからOPを担当したランガちゃんも番組の助けとなった功労者。

 WUGアニメから来た血統に感謝。このデスマ次郎はWUG、ランガそれぞれにありがとうとごめんなさいをするべき。

 

 あのスマホ太郎に2期があったのだから、全てのアニメに2期の可能性がある。となれば次郎のこちらもいつか2期が来るかもしれない。その時は笑って視聴しよう。

 

 アニメを好きになるスキルは遂に得られずだったが、曲は早々に好きになれた。素晴らしい。

 メンバーの奥野香耶永野愛理がアニメに出演していることから二人のターンが多い。二人がダブルセンターを務めている。

 かやたん、あいちゃん好きならMVを見た方が良い。二人を推す人間なら皆幸せになれる出来。

 

 楽曲は全体的にふわふわした心地よさがある。なんと綺麗で優しい旋律なのだろう、これは安堵感から眠くなる。ざっくりそんな出来。

 歌い出しの「私達のパーティ きみをまんなかに」のフレーズは、いきなりでとても印象的。WUGちゃんパーティで真ん中はきっと心地よいだろう。ゲームで良く使う用語の「パーティ」があるのが良いよね。

 

 アニメの作風に寄り添い、RPGのBGMにもありそうなケルト音楽調アレンジがなされている。なんとおしゃれな仕様。

 クロノトリガーのどこかの街で聴いたような感じの穏やかな音が流れている。ゲーム好きにはハマる良さがあるかも。

 

HIGAWARI PRINCESS 

 

Wake Up, Girls! Character song series2」において、全てのシングルのカップリング曲に設定されている。

 同じ曲だけどそれぞれのシングルで「PRINCESS 誰々 ver.」とバージョンが異なる。バージョンごとにセンターが代わる。

 誰がプリンセスかで、聴く分にも見る分にちょっと違いがあるのが面白い。

 

 ライブパフォーマンス時にも公演ごとにセンターが代わり、センターは美味しいソロパートを持っていける。7人それぞれがセンターになれる7形態の見せ方がある。

 そんなことから、日替わりでプリンセスも入れ替わり、全員が輝けるターンがある。それがWUGという軍団。良いことを言ってるしやっている面白い企画の曲だった。

 

 ジャズチックなピアノ演奏が目立つアレンジはおしゃれで格好良い。それでいてパフォーマンスを見ているとなんだか可愛い。とにかく耳に馴染む演奏と作曲に高いセンスを感じる。これは質が高いぜ。

 

 スポンサードリンク