こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

おはぎぃ!美味しい!万能スイーツにハマる冬到来

 どうしてこうも人は、中でも私は(←勝手に代表気取り)糖分を欲するのだろうか。しかも冬になってから余計に。

 

 今の私は最高に甘い物好きになっている。

 そんな私が最近ハマっているスイーツがおはぎである。これはマジで美味い。

 餡こまみれの普通タイプも良いが、今は表面をきなこでコーティングした黄金おはぎという最強タイプなやつにハマっている。

 

 餡こ、もち米、きなこ、こういった材料をぶっ込んでこねこね丸めて完成したものだからそりゃ美味い。もう腹がどうにかなるくらいコイツをドカ食いしたい気分だ。

 これまで各時代毎に色んな気取った新進気鋭のスイーツが出てきたが、なんだかんだザ・和風なこういった物が普遍にして不朽の物として生き残るのだな。おはぎ最強説、あり得るぞ! 

 

 これの良い所は安い割に腹に溜まること。これは縄文時代からも人が物に求める価値だよな。

 

 その他の小洒落た小腹満たし勢といえばクッキーや菓子パンを試したが、あれらは値上げがエグい上に中身がすっくなっ(少ない)!

 こないだなんかカントリーマアムを知人からもらったら、久しぶりに食うってのに絶対に気づく縮小ぶりを見せていた。えっ、いくらカントリーとは言ってもこんなせめぇ面積じゃ腹にも心にも残らんぞ!と如何にも私の濃い味が出たうるさいツッコミが漏れたものだ。

 カントリーマアムのチビ化にはガッカリです。私がデカくなったのにそっちが小さくなったら食いごたえがまるで無しの虚しいおやつタイムになるじゃないか。まぁ企業にも都合はあるのだろうが、聞いて情けない内容なら耳を塞ぎたい。

 なんで日本のおやつ事情はこうもケチになったのか。考えて理解するのは難しいことではないが、考えたくないから詳しく知らないでおこう。

 

 そんな憂いの中でもおはぎはまぁ許せる範囲の額で充実内容だから良い。もち米だから小麦粉よりも残るよね。 

 

 最近は日々おはぎを目指してスーパーに走っている(←チャリで)。

 微妙に売れ残るらしく、値引きシールを貼るくらいの時間に行けば安くなったのが微妙に残っている。それをゲッツしてすぐに食うのだ。

 

 この私がそんなケチケチマインドでおはぎに向き合うように、売り場にはよその割引おはぎハンターがいることもある。常駐ってことはないが、たまにいるのだ。こないだそいつに出会ってちょっとした物語があった。

 

 私が値引きシールの貼られたおはぎを視界に捉えたところで、一足先に来ていたじいさんがごっそり持って行ってしまうアクシデントがあった。マジかよ。値引きシールが貼られたのは4、5個あって、それをごっそりと私の目の前でやってくれたのだ。

 これにはクールが売りの私も「うえぇ!」と大きな声を上げてしまった。そりゃ声も出るさ。すぐそこに見えた獲物を脇からガッと全部行かれたらビックリするわい。

 

 数メートルに渡って聞こえてしまうボリュームだったから、じいさんもびっくりしてこちらを見るじゃないか。

 こうして目が合って向こうがこちらの言動を不思議がっている。じゃあ何でデカい声を出したか説明しないと。

 で、私は正直にこう言ったのだ。

 

「それ、良かったら一個だけ譲ってくれませんか。私もおはぎが好きなんです」

 

 事情を全部話してもじいさんはびっくりしたままだった。3秒くらいして「じゃあ」と言って一つ譲ってくれたのだ。やったぜ。

 

 しかしここで思うことがある。私は自分が色々と誤解を生みやすい質だと知っている。

 普通にしていてもなんか圧をかけられているような気がする、怒られていると相手が誤解するパターンがこれまで複数回あったのだ。多分声がデカいから、あとは息継ぎ少なくべらべら喋るからだろうな。と知ってても改めるスタイルは取らない方針で明日も生きる。

 

 一応に一応を重ねて確認を取った。

 マジで良かったらってことで、ダメならダメって言ってね。後で脅したとか奪い取ったってなるといけないから。こっちは無理なお願いはしないからね。

 そう伝えて安心させた上で、譲ってもOKの意思を確認した。分かるじいさんでした。

 

 もしかすると自宅では弱って寝込んだおはぎ好きなお嫁さんが待っているのかもしれない。だったら一つよこせと言うのは可哀想じゃないか。そんなイマジネーションが働きました。

 そういうことも考えて確認を取ったのだが、レジに行くとお嫁さんと合流して一緒に並んでいるじいさんを確認したので安心しました。元気な老夫婦です。

 

 人が先に取ったのを譲ってくれと交渉してまでおはぎが食いたい状態になっていた。後で親にその事を話したら笑われた。こんなことは人生で初めての経験でした。

 

 買う時には店員の気が利きすぎるから何も言わずともレジで割り箸を出してくれるんだよな。でも家で手で行くからいらんす。そんな私はエコ人間。

 

 そういえばちょっと前に「ふたりはプリキュア」をBDで見ていたらおはぎのエピソードが出てきたことがあった。

 ほのかの家でおはぎを作って食うエピソードだった。おはぎを手作りするばあちゃんがいる家庭とかナイスでしかない。

 博識インテリ科学女のほのかちゃんは、学校ではうんちく女王の名で通っている。その彼女がおはぎうんちくも披露していた。

 こういう餡子の餅ってぼたもちとも言うし、おはぎとも言うけど何の違いがあるの?となぎさが問えば、ほのかちゃんはスマートに回答してくれた。

 萩の花が咲く時期に作ればおはぎ、牡丹の花の時期だとぼたもち、どちらとも関係無い時期だったら好きにすればいんじゃね?的なことを言っていた。

 へぇ~、それぞれの名前って萩と牡丹から来ていたのか。そもそもそこを知らんかった。餡こ、きなこをまぶした何かという視覚的情報ばかりに気を持っていかれて、名前の事など気づきもしなかった。そんな私は腹ペコ青春野郎。

 

 あれ?今書いていて気づいたが、そもそもこのプリキュアを見て食いたくなったのが買おうと思ったきっかけだったような。日々忙しい時の中にあるため、最近ハマった事の最初のきっかけがもう思い出せない。

 

 というわけでおはぎもぼたもちもプリキュアも全部良いのだ。寒い冬はしっとり甘く華麗に切り抜けろ。

 

スポンサードリンク

 

You Tubeでアイカツを見た。そして泣いた。

 昨年の夏休みが終わったか終わらないかくらいの時のことだ。You Tubeアイカツを配信していると知った。

 まず公式チャンネルが存在していたんだぁ~という気づきからの、今後はこのチャンネルと一緒にやっていこうと決意表明に繋がる夏の物語があった。

 

 で、先週の配信で遂に無印アイカツが最終回を迎えた。あっ、同時配信しているスターズの方ももちろん見ています。

 あかジェネのラスト数話はブラウン管に火がつくレベルで本当に熱かった。それが終わったとなれば涙も流れるし血液の温度も上がるってものだ。とても楽しかった。

 

 本放送が10年くらい前の作品が再びフィナーレを迎えたのかぁ。何度味わっても素晴らしきフィナ―レには、感動と喜びとちょっぴりの寂しさがつきものだ。この切な心地良い感覚が嫌いではない。10年越しにまた私はキュン&うるリな青春の一時を味わっている。

 

 コレ、ホント良いアニメだと思う。アイドルアニメとしての観点抜きに、ただ人間の成長に見る熱いドラマとして良い。そこに泣ける。加えて可愛い子ちゃんオンパレ状態だから萌えて楽しい。それと使用楽曲も本当にレベルが高い良曲ばかりで素晴らしい。曲もマジに良い。去年の夏頃からは楽曲も日々聴いて楽しんだ。

 

 10年も前の女達だけど皆今日も光り輝いていて可愛い!全部イケる。あと合流が遅れた北海道組とはもっと長くご一緒したかった。

 

 そんな無印アイカツの終盤戦についてちょっと感想を言いたい。感動したからなぁ。

 あかジェネ編後半は怒涛のスターライトクイーン戦となり、週も月もぶち抜きの熱き長期戦となった。リアタイで放送を待っている時には、数週間に渡ってハラハラしたものだ。見ていた人は全員そうだったはず。そういやあの時代だったらYou Tubeなんて全然見たことがなかったなぁ。

 

 ここでやっぱり思い出すのが、すみれと清原の事件なり事変のや~つ。さすがに色褪せにくい内容だから、当時を知るファン達がYou Tubeにコメントを打っていたな。

 氷の女王すみれちゃんが大事な一戦で尻もちをつく。見たくなかった景色なようで、それはそれでレアだから決して悪くない景色なようで、そんな複雑な想い。

 またこのシーンが周って来たということは、清原のアレも10年くらい前の事なのか。パワプロでは強打者としてお世話になりました。勝ちを多く上げさせてもらいました。

 

 この頂上決戦をやるってなら、全員に花を持たせたいってのが作る側の愛としてはスタンダードなものだと思う。でもすみれちゃんに最後の最後で試練を与えたコレはマジで読めない。清原の事は抜きのノンテロップで見ても大変ショックでした。

 コレはどんな感じで本が決まったのだろう。すみれにこの厳しい道を敷くことに反対したスタッフもいたのかもしれない。

 

 久しぶりに見ると、頂上決戦では長いこと紅林珠璃が暫定1位をキープしていたと気づく。珠璃のステージもめちゃ良かったので、彼女が優勝でも私は納得したけどね。珠璃が剣舞をぶちかますあのステージは格好良かった。

 終盤になってひなきが暫定1位を奪取する。こうなったら続くすみれ、あかりがそれぞれひなきを抜いて1位を奪い合う最終展開になるのかと思いきや、すみれちゃんがまさかのアレだからな。当時見ていたすみれ推しのお友達はショックだったろうに。

 

 これは私が思うに、すみれちゃんに失敗させないとあかりがトップを取れないからと結論づけるしかない。

 すみれはやっぱりやり手で強いから、あかりがいくら鍛えたとはいえ、本調子で最高パフォーマンスをやられたらすみれを抜くことが出来ない。多分そう。

 色々考えるはあるだろうけど、私はこの考えで行くかな~。

 

 すみれがアピールを成功させていたらそのまま1位ぶち抜きだったはず。それでも最後にあかりちゃんが見せたステージはマジで素晴らしかった。あれは泣く。

 クイーンを取る決定打となった「START DASH SENSATION」のソロステージのCGの完成度ヤベェ。あの歌良すぎだろう。ホントあのステージは可愛いし格好良かった。誇らしいっす。

 当初は受験失敗の補欠繰り上がり組でマジザコだったのに、よくぞあそこまで跳ねた。叩き上げのクイーンとなったことで親近感が湧く。今までのクイーンは天才肌だったものなぁ。おとめちゃんとかカリスマ出まくりだもの。

 

 思えば2代目主人公の物語の出発点をあそこまで厳しい位置に設定したのも意外だったよな。いちごちゃんには一流アイドルの血が流れていたから、最初からアドバンテージがあったわけだ。比べてあかりのスタート地点は随分後ろに下げられたな。

 そのあかりちゃんも断髪して程よい毛量に持ってきて色っぽくイケてるギャルになってまぁ~。セナさんとも良い感じになるしで大人びたよな。

 最初は全然だったあかりちゃんの進化にドキドキとワクワクがあって良かった。

 

 最終回泣いたわ。灼熱のアイドルメモリーを見たことで体内水分が蒸発し始め、その過程で目から雫がこぼれる。涙活が進みます。

 

 終盤でソレイユ、ルミナスの連合でぶちかました「カレンダーガール」も素晴らしすぎた。

 なんてことない毎日がかけがえない。ガキの頃には分かりゃしないそれが大人になる程分かってくる。そのような内容の歌詞が真に意味するところが本放送から10年も経てばめちゃ分かってくる。10年越しに教養があるコンテンツだな。

 毎週興奮しながらアイカツを見ていたあの日々こそが、振り返ってみればかけがえのないビューティフルメモリー。そういうことなのか、カレンダーガールは聴いたその日からしばらく経って効いてくる3年殺しなり10年殺しな作品だったのか。すごい長期スパンで楽しませに来る神曲だな。それとサンデーとかマンデーとかの曜日の英語を覚えて学べる点でも教養がある歌だった。

 

 You Tubeの視聴者コメント欄を見れば、私同様フィナーレにうるりと来たファン達の暖かいコメントがぎっしり。これを読むのも結構楽しい。

 私はヤフーニュースでも興味あるタイトルだけを選び、記事内容は完全スルーしてユーザーコメントだけ読んでいる。あそこの記事は結構フザケたヤバいのが多いから、時間をかけて読むことはせずとも生きていける。でも最近はこの手のユーザーコメントを読むのがなんか楽しいから密かな趣味にしている。

 

 You Tubeで見れると知ったのが遅かったため、私はあかジェネ後半から配信合流組だったわけだが、この配信も1話から毎週やってきたわけだ。となると配信初期からの視聴組は、リアタイ時と同じくだいたい3年半の物語を追って来たことになる。

 懐かしの番組として配信する際にもちゃんと1週間に1話のペースだったのか。ここで青春2周目の者もいれば、今回が初めての者もいたことだろう。

 配信から入った者にとってもかけがえのない青春のコンテンツになっていたようだ。配信の方でも1からお世話になったと感謝のコメントが見られた。皆良いこと書いてるんだよ。読むと結構泣ける。

 すごい愛されたコンテンツだったのだな。私もしっかり愛した作品だ。そう改めて分かるものだった。

 

 作品は古くとも作品が宿すスピリッツは廃れることなく最新時代でも受け入れられる。あの日の熱いアイドル活動が今日になったら冷めているなんてことはなかった。今日見ても熱かったっす。皆可愛いからバンザイ!

 

 そんな無印アイカツも配信が終わったところでまた1話から再配信が決まった。こうなったらエンドレスで楽しもう。また1話から見ます。

 

 アイカツは大変良い作品です。ただの女児向けアイドルアニメと侮るなかれ。これから下の世代に布教して行こうと想います。私が信ずるのはアニメが持つ無限の可能性です。

 

スポンサードリンク

 

テレビ、もういらないかもしれない。最近は何でもネットで見るようになった生活の変化

 昨年末のことだ。昨年とは限定せず、年末ともなればレギュラー番組が終わったり、継続するものも一旦お休みに入る。つまり、テレビ大好きっ子的には暇になる時期到来なわけだ。

 そんな時、私はネットであれこれを見まくっていた。去年の末はそりゃあもうネット動画無双だった。

 良かった。20世紀の昔のままだとこうはいかない。今のように誰でもサルでも簡単かつ快適にネットで動画が見れまくる時代になって良かった。テレビがダメでもこっちで策が打てる。

 

 で、それきっかけでテレビとの向き合い方が変わった。たった1ヶ月くらいでテレビとの距離感が生まれたのだ。コレ、私としてはかなり大きな生活変化である。

 起きたらすぐ、そして寝る直前まで、そのくらいテレビとにらめっこしまくりの青春を送っていた私が、年明けから全然テレビを見ていない。今は見ないからってことでレコーダーも含めてコンセントを抜いている。こうなったら待機電力がゼロのメカメカしい置物だ。

 

 ネットで見るのが楽。絶対楽。見たい地点にすぐに持ってこれるし、レコーダーでは対応できないくらいの倍速再生設定も出来るからサクサク見れる。

 1作をしっかり見たい思いもあるが、現代人はスピード社会でとにかく数をこなしたいタイムパフォーマンス思考。加えて「ながら」の呼吸を体得したマルチタスク思考でもある。

 もう今はパソコンを開いて何か作業しながら動画を見るという基本的にダブルウィンドウ(二窓)体制で私生活が成り立っている。

 

 テレビの接続、パソコンとは違う別機器を動作させる電力の確保、これら面倒がないからもうパソコンでネット動画で決まりだな。

 

 年末年始はテレビ番組が無いし退屈だからってことでYou Tubeさんにお世話になった。こっちでも無料で色んなアニメ、特撮、音楽が楽しめる。番組数もジャンルもヤバい数がある。

 もうYou Tubeの方が面白いなぁ。これでいいじゃんか~となる。

 

 多分多くの人間はもっと早くにそう気づいているはず。でも私は今ならスマンするけど、それまでYou Tubeというこのコンテンツを下に見ていた。テレビを生で見る、これが最上最高品位のお楽しみであり、ネットとかしょうもないくらいに思っていました。でも全然そんなこと無かったっす。

 

 テレビで昔やった物をそのまま流すライブラリコンテンツはそりゃ映す装置を換えただけだからどの機器で何度見ても良いものだ。昔見た古いアニメを一気見出来る内容とかは超楽しくて見てしまう。You Tubeも景気が良いな。 

 現在毎週楽しく見ているのは、アイカツ東映特撮のチャンネル。その他にも色々。

 アイカツなんて10年も前だけど今日見ても熱い!そして10年前に愛した女達は今見てもイケる。

 東映特撮チャンネルは優秀過ぎる。1週間毎日色んな作品を配信している。昭和、平成初期の古いのもあって楽しい。こういうのって古いだけで根っこにあるテーマ性と熱は固定だから今見ても面白いんだよな。ドラえもんやしんちゃんなんかもそうだが、いつの時代にどの回を見ても面白いっていうのが優秀。

 

 で、最近新しく見ているのは、完全に個人で作っているゲーム実況やアニメの感想とか考察とかの動画。これはテレビでは絶対流れないやつ。だって局で作っていないから。年明けからこういうのをよく見ている。

 この手の動画がYou Tubeにはたくさんある。しょうもないと先入観で思っていた時期もあったが、見ればしっかり面白い。

 

 ゲームの中でも古い物は今更やる気にならないが、内容は懐かしくて気になるから知りたい。そこの面倒を代わってプレイして動画にしてくれるのは助かる。

 最近はレトロゲーのプレイ動画を見て楽しんでいる。ちょっと前に我が家のお兄ちゃんが懐かしくなってファミコンだかスーファミだかのRPGを遊んだら、歩くのや戦うこと含めてもう全部が遅いからともてじゃないがやってられないと言っていた。

 そうなんだよな。あの日良い物として愛せたのは、あの日だから出来た愛し方のペースがあったからであって、今日も同じペースで愛せるかと言われたらもう事情が変わっているから必ずしもそうとは言えないんだよな。←という難しい愛の話。

 

 そんなわけで今実機でレトロゲームをやれと言われたら色々都合があってキツい。だから人のやったのを見て楽して内容を楽しむ。ここに需要があるのだ。

 人が遊んだ結果を見て楽しむことで、自分でも遊んだ感じに脳をごまかして記憶してなんだかんだ良し!とするのだ。

 需要と供給が握手出来ている良い物だな。

 

 ゲーム関係で楽しんでいる他の物なら、正月のゲーム福袋を開封する動画がある。

 これもなんでこんなのが面白いのか?となる狭いツボをついたアイデアもの。面白いっす。

 まず福袋を買ったことがない。そしてそれは買って家に持って帰らないと中身が分からない。じゃあ私には一生中身が謎なわけだ。そうなったら気になる!

 で、それを家に持って帰って発表するヤツがいるってなら、見て知りたくなるじゃないか。

 生活にあるシンプルな「知りたい」を突いた簡単な釣りだな。見えない物の中身を見せてやるっていうならそりゃ私のような野次馬根性逞しい輩は食いつくっての。

 

 全く知らん人が、見ても分からないような変なゲームを引き当てるのをずっと見る。これがどういうわけか面白い。

 ていうかコレってやっても良いんだな。売り出す業者側としては内部が見えない物を売っているわけだが、考えれば家に帰ってからも人に見せるななんてルールも無いか。

 でもコレをやられると、金額に対して中身がクソの場合にはクソ会社だと晒されることになる。

 

 色んな人のゲーム福袋開封動画を2月になってもまだ見ているが、戦績は人によってまちまちだな。明らかにゴミを大金で売りつけているクソ福袋もあるっちゃあるし、払った以上に得しているのも一定数ある。で、コレは購入者には悪いが、爆死のクソ袋を引いた人間の動画を見る方が笑えて良い。めちゃ可哀想な人もいるから笑える。

 

 こういう世の中だから、クソ福袋を作れば全世界に晒されるのは企業もある程度予想しているはず。こういう開封動画が流行れば、ネットで悪口を言われないよう企業も良い内容の袋を作るしかないのかも。結果良いことかな。

 福袋を売る、買った情報をダタ漏らす、この関係性から成る動画が予想外に楽しい。

 

 あとはこれも絶対に地上波に流れないだろうというのが、犯罪とか喧嘩関係のもの。私もスリルを求めているのか、この手のが結構楽しかったりする。

 1年位前からも新作が出れば見ちゃうのが警察に職質される動画。しかも、これを求めると性格が悪いかもだが、その中でも喧嘩に発展するやつ程楽しく見てしまう。

 これって結果何も起きないんだけど、何も起きないという結果に至るまでに警察が無駄に疑いをかけ、疑われた方が当たり前のように捜査をスカった方を叱る。このラリーが平和な世界にいる私には刺激的で新鮮なのだ。

 一回くらい私も捜査されたいとは想うが、もう「潔白」が身からダダ漏れているから誰も寄ってこない。よっぽど目利きがゴミっている者でもない限り、私の所に人が来ることはないだろう。で、そこまでダメな警察もいないから経験出来る日はきっと遠い。

 

 よくされる人はよくされるゆえに警察を怒って叱ってをし、ノリの良い警察だとテンションを合わせてハッスルしてくるから丁々発止の喧嘩動画が完成することになる。こんなことが本当にそこらの街角で起きているのかと思うと不思議に思えて興味深い。

 この手のも年明けから見ている。謎に面白く見れちゃうんだよな。意外とこの手のも再生数が稼いでる。

 

 あとはココとちょっと近いところで、盗撮した悪者をとっ捕まえる動画がある。最近話題の私人逮捕系ってやつだな。賛否色々あるのだろうが、とりあえず盗撮している側は賛同者無き悪者だから、そっちの顛末を見る分には悪のコンテンツではないのでは?そんな事を思う。

 しかしカメラ小僧がここまで増殖している世の中になったのか。スマホがそれに向き過ぎる優れものらしい。私なんてガラケー支給組だから出来んだろうな。皆がガラケーの時代だったらこうも日常的に出来るものではなかったのかも。あっ、でもこないだ古いマンガのGTOを見たら、おっさんがすごいデカイ装置を用いて電車内盗撮しているシーンもあったな。いつの時代でも「そこまで見たい?」と突っ込みたくなるスケベ人間がいるものだな。

 

 娯楽系と日常には無い刺激を求めて番組を選んでいる。地上波には無いこういうのはネットの強みだな。

 地上波で現在やっている分もネットの方が時間を選ばず見やすい。今やっているアニメ、特撮もネットで見ている。

 私程日々テレビテレビ言ってきた人間でも見なくなるのだから、こりゃこっちの世界の未来もそこまで長くないかもよ。NHK受信料もそりゃ集まりが悪くなるわけだ。

 

 じゃあ今日もネットでサクッと何かを見るか。テレビとは距離が空いても、広く動画コンテンツを楽しむことは変わりない。むしろ以前よりもたくさん見るようになった。とにかく面白い動画作品が好きです。

 

スポンサードリンク