こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

砦の乙女達の戦い「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」は2010年1月~3月にかけて放送したテレビアニメ。

 テレビ放送12話+OVAが2話の全14話。

 原作無しのオリジナルアニメーション。

 

 この作品は当時の我が家では映らなくて、その代わりDVDのCMだけは見たことがあった。その際には一緒にそれを見ていた私の妹が「絵が『けいおん!』みたい」と言っていた。皆大好きな「けいおん!」とキャラ絵が似ていれば気にもなる。そんなことをつい最近思い出して、あれから9年も経った今年になって初視聴した。こいつがなかなか趣ある作品であった。

 

 ネットで検索をかけたら、タイトルが似ていて本作とは近しい時期に放送していた愉快なパンツアニメ「そらのおとしもの」も一緒に引っかかりがち。

 

Sound of the Sky: Collection/ [Blu-ray] [Import]

 

 独特の世界観を持つ不思議な作品だった。

 作中世界では戦争が絶えず、地球は砂漠化が進んで人の住める地域が少なくなり、遂には海がなくなっている。

 主人公カナタが配属された先の小隊は、戦争地域から遠く離れたかなり平和な地にある砦で軍務に当たっている。砦の隊員は美少女がたった5人。

 荒廃とした世界設定が敷かれていながら、ボロイ砦、洋風でいて田舎的風景広がる街を舞台に少女達の癒やしのストーリーが展開する。街の人々の交流や、女子隊員同士でわちゃわちゃするので、半分くらいは日常ものとしても見れる。そして時には涙ありの展開、戦争を扱うだけにハッとしてしまうシリアス展開も後に訪れることとなる。

 基本は癒やし系作品なのだが、隊員の美少女達のトラウマ的な重い過去が明かされたり、戦争の恐怖を描いた回もあるので、なかなかギャップのある作品だと想う。

 

 主人公達の勤める地はかなり田舎で、砦のホットラインが黒電話のみ、兵隊の基地なのに兵器は壊れて修理中の戦車一台だけ。隊員の中には電話を使ったことがないと言う者までいるくらいだから、文明的にあまり進んでない世界設定なのかと最初は想った。しかし、隊長のフィリシアが「遠足」と偽って隊員達にデスマーチをさせた回では、オーバーテクノロジーと言えよう代物の建築物が出てきたりもする。後半で修理が完成した戦車「タケミカヅチ」なんかは近未来的な兵器で、「攻殻機動隊」のタチコマのもっと強いバージョンみたいになっていた。タケミカヅチにはキャタピラでなく足が生えていて、壁を登ったりも出来る。歪にしてナイスなメカデザインだった。

 

 ヒロイン5人は各種属性 揃い踏みで皆美少女。可愛いので目の保養となる。

 主人公カナタは、幼い頃に会った女性兵士がトランペットを吹いていたことに憧れ、トランペットを吹きたいというぼや~とした動機で軍に入ってくる。不思議な設定と言えば、15歳でチビのカナタが軍務につけることだけど。同僚のクレハは最年少14歳の設定。残りも10代女子で最年長の隊長が18歳ということになっている。

 カナタ自身の成長と共に、トランペット奏者としての腕前が磨かれる過程も描かれる。最初は素人が聞いても明らかに下手くそな音を響かせ、街の婆さんやガキ、同僚のクレハにも「へたくそ」とディスられていた。そんなカナタだが、ラストでは停戦の合図として名曲「アメイジング・グレイス」を見事演奏してみせる。あのシーンは良かった。トランペットがキーアイテムとなるアニメである。

 

 個人的に泣きそうになったエピソードは山に暮らすジャコット婆さんのエピソード。戦争でいつ帰るかも分からぬ息子と旦那のために一人で家を建てようとする話にほろりと来る。たまに泣ける話を放り込んでくるから油断ならない。ジャコット婆さんは最後には雪山に消えてしまうが、生死はどうなったのか謎のままであった。どうなったんだろうか。

 

 主人公カナタは、旧芸名「相川寿里」から改名ほやほや時分の金元寿子が演じた。この時はブレイク前の新人も新人時代なので、縁起が何とも初々しい。カナタの声が可愛い。映像特典のイベント映像を見ると、カナタと同じく金元もトランペット演奏に挑戦している。失敗しながらも一生懸命吹く姿はつい応援したくなるものだった。新人でコレをやるとかド緊張だったろうなって想った。

 ノエルを演じた悠木碧もこの時分にはまだブレイク前で今程名が上がってなかったはず。せっかく悠木碧なのに、ノエルは無口キャラで、喋ってもボソボソ喋りなので、悠木ボイスの真髄を楽しみきれない。まぁ好きなキャラではあるけどね。そんな感じで、ここ二人に関してはかなりフレッシュな芝居が見れた。

 フィリシアを演じた遠藤綾の声、ホントエロいわ。この人の声は癒やし系だけど、しっかりエロいから何かお得。

 砦の乙女で一番好きなのがリオ。小林ゆうが演じている。小林ゆうって男の子か、変人女をやる印象がどうしても強いから、美少女にしっくりこない感じだったのだが、このリオはすごく良かった。強くて頼れるお姉さんキャラで良かった。個人的に、小林ゆう史上一番良い芝居で、一番良いキャラがリオかもしれない。

 クレハを演じた喜多村英梨は安定のツンデレ萌えボイスだった。

 小林と喜多村はイベントでは盛り上げ役でいい味出していた。お絵かき対決の小林ゆうの絵がキモ面白かった。この人の絵、はっきり言ってヤバイ。

 

 女性キャラが多い中で存在感を出していたオッサンのクラウスさんは昨年お亡くなりになった石塚運昇が演じていた。彼の声はやはり良い。

 

 

 

 

 神話的なバック映像と共に流れるKalafinaのOP曲。戸松遥のEDが曲も良かった。

 OPアニメのヒロイン5人が尻を向けている所が良い。

 

光の旋律

光の旋律

  • provided courtesy of iTunes
Girls, Be Ambitious.

Girls, Be Ambitious.

  • 戸松 遥
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Sound of the Sky: Collection/ [Blu-ray] [Import]

Sound of the Sky: Collection/ [Blu-ray] [Import]

 

 癒やしあり、笑いあり涙あり、シリアスもありで色々楽しめる良作だと想う。何でこれのBD-BOX出ないんだろう。

 

 スポンサードリンク

 

こしのり漫遊記 その30「今叫びたい世に向ける不満」

    f:id:koshinori:20170607173257p:plain

 

 最近強く想うこと。それが、世の中がどんどんケチになっていく風潮。

 ニュースを見れば、商品の値上がり、税の値上がりなど、思いきりの悪いケチな内容がよく上がっている。10月には消費税も上がるとか、これに関してはまじでクソだなと思っている。

 日本全体で見ても、こういった面白くないケチ話が多々ある。

 

 そして、もっと狭い範囲に絞った、私の私生活での怒れるケチ話もある。

 物の値上がりには、そうするしかない理由がある。それは分かっているのだが、それでもムカつくことはやっぱりムカつく。

 

 そんな私ならではの怒りが二つある。

 

・その1 スーパーのこと

 一年前にも同じことがあったのでブログに上げたが、それと言うのがスーパーの値引きシールの変化。

 2018年の1月、それまで私が贔屓にしていたスーパーが半額シールを消滅させて、新たに4割引なんてシールを作った。事情は分かる。でもこのケチさが情けなく、そんで腹が立つ。 

 

 そしてやって来た今年の1月、また別のスーパーでこれと同じことがあった。実はここ最近で半額を無くして4割を値引きの最高額に設定するケチな店が私の住む地域で少しずつ増えている。これから消費税も上がるってのに、店の方でもケチなことして1割を回収しに来やがった。このままでは地域から半額シールが絶滅してしまう。

 昔、「ベン・トー」という半額シールの貼られたスーパーの弁当をガチバトルして奪い合うという内容のアニメがあった。このままでは、あの世界観は現実から消滅した過去のものとなってしまう。この事実を知り、私はただただ、この現代のあり方が情けないと思った。

 

 まぁどの道、定価以下で買わせてもらっておきながらこれを言う私も相当なケチだけどね。

 腹立つのが、それまで無かった4割引きのシールをわざわざ作ってまで1割を回収しに来ていることだ。スーパーの人は、ケチな客に絶対文句を言われるだろう。この前なんか、店員を捕まえて「いつもは半額なのに、何で4割引きなんていう見たこともないシールに変わってんだ」って聞いてたおばさんがいたくらいだしね。

 

 夜の売り場でたくさん見られた「半額」の文字。これが失われた店が増えている。半額の文字だらけだった美しき光景に再びお目にかかりたいものだ。

 

 

・その2 ポイントサイトのこと

 普通に生きてる人は耳にすることがないだろうが、ネットの世界にはポイントサイトという下層の出稼ぎ先がある。一ヶ月に1円でも10円でも副収入が欲しいと想うケチな私は、これまたケチケチとこのポイントサイトで日々活動していた。

 複数のポイントサイトに登録して、日々アンケートやミニゲームを行なうことでポイントを稼いでいた。

 

 このポイントサイトだが、昨今では各サイトが軒並み報酬ポイントを下げている。それまでポイント対象となるゲームやアンケートを行えば1円分のポイントがもらえていたものが、次には0.5円分、また次は0.2円分ともはや日本の硬貨の最低額を下回る報酬となったものまである。

 その昔にはこんなことはなかった。もっと羽振りよくポイントをくれていて、月々で結構な額が稼げていた。

 

 こうなると唯一の救いとなるのは、ポイントサイトが最も羽振りの良かった時代を知っているということ。まだ稼げた頃に登録しておいて良かった。これから新規登録するってなら、利用意欲が無くなるくらいにケチくなっている。

 

 まぁタダじゃないのだから、サイトを利用する意味はあると言えばある。でも、今はポイントサイトで稼ぐのはもうダメ。副収入だから本業より儲けが少ないのは当然だが、にしても稼げなさすぎる。報酬が1円以下の世界とかケチすぎる。

 

 多くのサイトで次々と報酬についての改悪が行われているこの現状はやはり情けない。

 絶対に文句言われるし、報酬ポイントを下げたら脱会する人も出て当然。その中でサイト側が改悪をする理由は、今までみたいにたくさん払ったらもう運営が出来なくなるから。スーパーもそうだが、どこもかしこも金のことについては悩んでいるのだなと分かる。

 

 

 

 そんなこんなで世がケチになって行くことを私は嘆いているわけである。

 まぁスーパーなら値引き率が1割が減り、ポイントサイトは元々マジでケチな額の話だから、小さいことと言えば小さいのだがね。

 それでもやっぱりケチな私的には、1円の儲けが0.5円になっても気になる訳である。

 規模の狭いケチな文句だけど、最近はこういったことばかり悩むのであった。

 まぁポイントサイトなんかを本腰入れてマジでやってるのが一番ケチな話だとは想うけどね。

 

 スポンサードリンク

 

芸術を突き詰めたその先の世界「知られざる傑作」

         f:id:koshinori:20170703084918p:plain

 
「知られざる傑作」は1831年に発表されたバルザックの短編小説。

 

 タイトルがすごい格好良いと想って手に取った。

 

 図書館には昭和27年に入荷したと記載される古いものしか無かった。一昔前の表紙がついていない岩波書店の文庫本だった。全く飾らない地味でレトロ感漂うあの表紙、何故か見ていると落ち着く。この時代の本は漢字が旧字体なので、時代を大いに感じながら作品を楽しんだ。

 定価80円って書いてた。安っ!昔の80円だと今なら500円くらいかな。

 

内容

 無名の画家ニコラ・プーサンは、画家ボルビュスのアトリエを訪れる。同じくそこに足を運んだのは老齢の画家フレノフェール。

 腕利きの画家フレノフェールだが、長年完成させることが出来ない作品があった。それは美しき女性の絵だった。プーサンは恋人のジレットをフレノフェールの絵のモデルとして貸す代わりにフレノフェールの絵を見せろと取引した。

 ジレットをモデルにすることで、それまで止まっていたフレノフェールの筆はすいすい進み、長年の時を経て彼の理想とする完璧な女性の絵が完成する。

 遂に完成したフレノフェールを絵を見たプーサンとボルビュスは驚愕する。その絵はごちゃごちゃとした色がたくさんあり、その中に女性の足だけが描かれている謎作品であった。

 絵を完成させた後、フレノフェール画伯は自分の作品を全て燃やし、そして自分も死んでしまう。

 

感想  

 これは芸術家という、ある種特殊にして変態的執念を持つ者のお話である。常人の私では理解が及ばない言動も見られた。

 老齢の画家フレノフェールは、芸術の世界に取り憑かれ、それを突き詰めた果てに絶望して死んでしまう。異常、ただ異常。そう想った。どこまでも美の追求を行った結果、精神的異常を来したのだと想う。

 フレノフェールが見せる変態的なまでの絵へのこだわりが印象的すぎた。自分の描く女性の絵は、イコールして本物の美しき女性。それを人に見せびらかすなど愛した女の恥部を晒すようなもの。だから見せない。的なことを喋っている。もはや絵を絵以上の何かに昇華させて考えている。創作活動にストイックすぎる変態発言だった。

 

 ボルビュスのアトリエシーンでは、フレノフェールによる絵の論評が行われる。これが長くて、本当に良く喋る。ここではうるさい爺さんとしか思わなかった。

 

 異常なまでに作品完成に情熱を燃やすフレフェノールを見ると、芥川龍之介の「地獄変」に登場する絵師を思い出した。

 

 天才画家フレノフェールと同じく天才画家であったパブロ・ピカソは、この小説を読んでフレノフェールに共感し、魅了されたと言う。フレノフェールの狂気とも言える情熱に鼓舞されて名画「ゲルニカ」を完成させたと言う。狂気の情熱は人に乗り移る。

 

知られざる傑作―他五篇 (岩波文庫)

知られざる傑作―他五篇 (岩波文庫)

 

 

 画家の魂を文章に起こして伝えた熱量豊富な短編であった。

 

 スポンサードリンク

 

キスマイ頑張った

 

f:id:koshinori:20170621172929j:plain

 2月6日発売のKis-My-Ft2のシングル「君を大好きだ」。

 これを視聴して色々想ったことがあるのでつらつらと書いて行こう。

 

 IZ*ONEとの接戦の末にオリコン一位取ったね。おめでとう。このご時世にオリコンとかぷぷっ……と反応する人もいるだろう。私も普段ならあまり気にしない。しかしキスマイはデビューしてからシングルもアルバムも全部一位。そこまで固めて来ると、じゃあ次もそうしたいねってこだわるようになってしまう。なので、この一週間はまさかキスマイが一位逃すとかないよねと何だかハラハラしていた。

 IZ*ONEというダークホースがデイリー初日一位を取った時には「え、マジ?誰?」ってなった。にしてもキスマイが初週で30万枚売るとか、意地見せたな~。

 

 競った相手のIZ*ONEというのは良く知らんのだが、先週の「MUSIC FAIR」に出てたのを見てちょっとだけ勉強出来た。番組で、グループ名は12人だから12をIZに見たて、そして12人が一つに力を合わせる的な意味をこめてこのグループ名になったと話していた。その成り立ちエピソードには素直に「すてき……」と想った。曲は聞かないけどね。

 

 そんなこんなでキスマイの新曲「君を大好きだ」。これ、良い。すごい良い曲だ。作詞はあの藤井フミヤ。私がよくモノマネさせてもらったアーティストの一人だ。

 北山君のソロが多め。

 ラストサビ前に北山、藤ヶ谷で歌う所は二人の声が綺麗で良い。

 テレビで見てびっくりなのが、一番でニカちゃんのソロパートがあること。後ろの4人とか言ってられなくなったな。

 で、最後の北山君ソロの「君をずっと大好きだ~」、あそこ格好良い。

 

 切ない感じのするロックバラードということでキスマイ向けな一曲だ。

 音楽番組「Love music」に登場した時、この曲は「平成最後の名曲」の噂があるらしいと北山君の口から告げられた。どうやら嘘でもないみたい。これ、すごく良い曲だし。

 

 キスマイは北山、藤ヶ谷を置いとけば何でも歌えるんだけど、バラードとかのゆったり系で聞かすのが良いグループだと想っている。過去曲の「君のいる世界」とか「最後もやっぱり君」もバラードの良曲だった。

 あ、そう言えば一つ前のシングルが「君、僕。」。こう考えるとキスマイって「君」ソング大好き集団かよとこじつけにも想ってしまう。

 加えて嵐の最新シングルが「君のうた」。間もなく発売のキンプリ新シングルが「君を待ってる」。ジャニーズに「君」ブーム吹いてんのかな。とこれもまた絶対たまたまだろうけどこじつけにも関連付けてしまう。

 

 北山君主演のトラさんって映画の主題歌とのこと。なんだろうか、「男はつらいよ」ファンだから思うのが、あっちのトラさんと何か関係あるのかなってこと。暇だった見てみよう。

 

 最新曲を歌いに「Love music」に出た時には藤ヶ谷と宮田がトークゲストに来ていた。二人のトークを聞いて好感度上がったわ。

 みやっちはアニメが大好き、藤ヶ谷は安室奈美恵が大好き、それぞれ大好き熱を露わに語っていた。みやっちがアニメを語ってキモおもしろい~になるのは前々から知っているが、藤ヶ谷がテンション高く安室ちゃんを語る様は可愛らしい。クールキャラも良いが、あの感じも良い。

 安室熱強めの藤ヶ谷に対してみやっちが「俺が言うのもなんだけど、まあまあキモイ」と言ったのが面白かった。

 

 キスマイの二人に限らず、好きなことに熱中できるってスバラ(すばらしい)だなと想ったわけなんだなぁ~。これは絶対に余計なお世話なんだけど、それでも人に対して想うのが、好きなことがない、何にも熱中できない人生の何がおもろいねんっていうこと。私も熱中出来る趣味をいくつか持っている。趣味をやりたいからいつまでも生きたいし、死にたくないと毎日想っている。

 

 そんなわけで、私はキスマイを応援しています。

 PVの眼鏡の横尾くんも素敵でした。

 


Kis-My-Ft2 / 「君を大好きだ」MUSIC VIDEO -short edition-

 

 スポンサードリンク

 

男女の愛欲を紡ぎし二編「だまされた女 / すげかえられた首」

        f:id:koshinori:20170703084918p:plain

 

 トーマス・マン作の二編の中編小説を読んだ。

「だまされた女」は1953年、「すげかえられた首」は1940年に発行された。

 二作共に男女の愛欲、肉欲をディープに掘っている。ライトな読み物ではない。

 

・だまされた女 

「だまされた女」では初老の未亡人テュムラー夫人が、息子の家庭教師青年ケン・キートンに恋をし、年老いた身に久しく恋の炎を宿すという内容が描かれている。

 主な登場人物はテュムラー夫人、その娘アンナ、息子のエードゥアルト、そしてケン・キートン

 娘のアンナは足が不自由。アンナは色恋に対して大変厳しい見方をし、母の恋に関しても口を挟む。この時の母と娘の恋愛観のぶつけ合い場面が熱い。

 テュムラー夫人、アンナは共に饒舌。一文が長いセリフを実にペラペラと喋る。

 一文が長いとか、ところどころ表現が分かりにくい所もあるので、全体として読みにくい感じもした。

 テュムラー夫人は体を病み、最後は癌で死んでしまう。命の終わりを迎える間際に女としての性が蘇る。人の命の、そして愛欲の破壊と再生を綴った的な話だった。  

 

 

・すげかえられた首

「すげかえられた首」はインドを舞台に、二人の夫、一人の嫁という歪な男女三角関係が描かれる。

 頭脳の優れるシュリーダマン、逞しき体を持つナンダ、仲良しの青年二人は、美しい腰を持つ女性シーターと出会う。二人はたまたま水浴びをするシーターを見てしまい、シュリーダマンはシーターに一目惚れし、死を呼ぶレベルの恋患いにかかる。ナンダは友人のために奔走し、シュリーダマンとシーターを結婚させる。

 結婚してしばらくすると、シュリーダマン、シーター夫婦の関係が冷める。シーターは筋骨たくましいナンダの体に魅力を感じるようになる。

 そんな時に三人はシーターの実家を訪れる度に出て、その道中でお堂に寄る。そこでシュリーダマンはお祈りを捧げる。しかし幻想の世界でも見てとち狂ったか、剣で自分の首を落とす。それを目撃したナンダもまた、親友と命を共にすると誓っていたので同じく首を落とす。

 一人残されたシーターに神が話しかけ、二人が落とした首と体を繋げて復活させてやると言う。シーターは二つの死骸の首と体を組み合わせるのだが、そこで組み合わせを間違ってしまい、二人の首と体があべこべになってしまう。

 二人は復活するが、シュリーダマンとナンダの首が入れ替わってまい、ここで問題となるのは、シーターの夫はどっちだという話。

 首を主に考えればシュリーダマンの顔が乗った方、体を主に考えると今となってはナンダの体となった方。考え方によればどちらも夫の体、どちらも友人の体となる。

 三人して混乱し、森の賢者に決めてもらうことになる。

 賢者はシュリーダマンの首がある方が夫だと言う。そうして体だけはナンダになったシュリーダマンはシーターと共に家に帰り、ナンダは賢者のように森で修行することで浮世を離れることとなる。

 ナンダの逞しい体に抱かれたかったシーターは、ナンダの体を有した夫のシュリーダマンに満足するようになるが、それも長く続かずまた倦怠期が来る。

 シーターは夫の留守中に子供を連れてナンダの元を訪ねる。そこにシュリーダマンもやって来て、三人で話し合った結果、三人揃って死ぬことになる。二人の夫は互いに心臓を刺しあって死に、シーターは二人と共に生きたまま火葬された。

 

 こういう流れの話だが、中身は割と長く、ヒンドゥー教信仰者達の話のため、その手の専門用語が出てきて分かりにくい箇所もある。

 メインで登場する三人はいずれも饒舌。よく喋る。

 お堂でお祈りをしている間におかしな精神状態になって首を落とすシュリーダマンだが、なんでそうなったんだとツッコミたくもなる。

 頭と体、どちらを主に考えて人を判断するのか。考えたこともないことがテーマに含まれていた。確かにシーターにとってはどっちも夫と言える。そんな訳でシーターはどちらとも体を重ねている。シーターにあまり良いイメージがなくて、ナンダの体になった後のシュリーダマンと散々お楽しみになってからもまた夫婦仲が冷めるのを見ると、元々男に飽きっぽい女なのか、とも想ってしまう。

 

 違う人のようで同じ人でもあるみたいなシュリーダマンとナンダを見ると、何だか不思議な感覚に陥る話だった。

 

だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

 

  

 男女関係は複雑で難しく、理屈では解析しきれない。二作品を読んでそんなことを想った。

 

 スポンサードリンク