こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

宇宙が熱い!「クラッシャージョウ」

クラッシャージョウ」は1983年に公開された長編アニメ映画。そして1989年にはOVAが2話制作された。

  2時間10分程もある割りと長めの映画である。

 

 BD化されたので綺麗な映像で楽しんだ。

 

 キャラデザにはあの安彦良和が関わっている。

 

Crusher Joe the Movie [DVD] [Import]

 

 作品舞台は西暦2160年。宇宙を股にかける何でも屋「クラッシャー」という一団の活躍を爽快に描いたもの。基本的には犯罪以外何でも引き受ける集団で、主人公のジョウがリーダーを務める4人組チームの活躍を描く。他のメンバーはヒロインのアルフィン、チビのリッキー、半分はサイボーグの巨漢オヤジのタロス。かなり楽しい4人組である。それにおまけして、ロボのドンゴという仲間もいる。

 

 劇場版でもOVAでもかなりの大冒険が描かれる。宇宙船でドンパチもやれば、銃撃戦、チャンバラまでやってのけるのでバラエティに富んだ楽しい作品となっている。

 ジョウ達が相手取る敵にはロボをはじめとした兵器にメカ、モンスターと様々なものが登場する。ジャンルも多彩と来ている。

 

 古い作品だがよく動くし、出来は素晴らしいと思う。宇宙船が飛ぶシーンや、内蔵された細かいメカの描写、飛んでいくミサイルなどは良く書けている。今ではCGでやっちゃうところを、当時は手描しかないから大変苦労したと思う。マクロスで有名な河森正治も作品に関わっている。

 

 物語の筋よりもSFの楽しさが詰まった点を見てとにかく心がワクワクした。

 劇場版のOPシーンからゾクゾクくる。ゲームの「F-ZERO」みたいな車がカーチェイスする所からぐっと惹き込まれる。

 

 劇場版では政治が絡んだハイテクノロジーの取り合いみたいな話が描かれる。結構黒い。

 宇宙船のワープ機能が確立された世界観なのだが、物語のキーアイテムとなったハイテクノロジーは対象物をどこかにワープさせるという兵器として使えるワープ装置。これはやられると困ると想って見ていた。宇宙から急に地上に飛ばされて落下して死ぬという流れもあって恐ろしい兵器だった。

 

 意外と人死にが多い。凶悪な敵の軍団は結構な数が死ぬ。

 

 ヒロインのアルフィンがとりあえず可愛い。

 

 

 

 サンライズだからということで、映画の後半では攻撃から逃げ惑う人たちの中に「ガンダム」のシャアやハロがいる。

 同じ原作者による作品ということで作中で「ダーティペア」の映画が上映されている。うんたらペアといえばコレか他には「ビューティ・ペア」しか思いつかない。

 

 あとはジョウの宇宙服が初代ガンダムカラーだと思う。

 

 大作スペース・オペラであった。

 

 

 

 BD特典のキャスト、スタッフトークが大変楽しめるものであった。

 安彦さんは取材で履歴を聞かれても、昔からたくさん仕事をしているからどれを先にやったかよく覚えていないと言ってた。それだけ長い間アニメ界を賑わせてくれた偉人だということが分かる。

 原作者の高千穂先生のトークの熱量がすごくて、話も面白かった。

 高千穂はキャラクターを演じる声優を選ぶのに大いに口出しをしたとのこと。

 当時役者業を廃業していた竹村拓の声が入ったテープを選考時に聞き、辞めた人だけど気に入ったからという理由で業界に戻してジョウ役に起用したという。この話がすごいドラマティックなんだけど。

 竹村さんは当時の仕事は有給で休んで収録を終えたらまた業界を去るつもりだったらしいけど、この作品の成功でその後もずっと声優として業界に残ったという。このエピソードが素敵すぎる。

 

 古い作品で、関わった人間もこう言ったら何だけど古い人ばかり。なので話に出てくる人間や作品も古い。新規ファンはネット辞書を引かないといけない。キャスト、スタッフトークはレベルの高い話が聴けて良かった。

 

 BD化する時にこういう新規かつ質の高い特典をつけてくれるのはありがたいよな。

 

「宇宙が熱い」のキャッチコピーに劣ることなしの名作、それが「クラッシャージョウ」である。

 

クラッシャージョウ Blu-ray BOX

クラッシャージョウ Blu-ray BOX

 

 

スポンサードリンク

 

美しく儚い少女の世界を描く「リズと青い鳥」

リズと青い鳥」は2018年4月21日に公開された劇場版アニメ。

 

 先日BDが発売したので視聴した。

 実はこんな映画を公開していたことを知らなかった。

 

 キービジュアルなどを見ると、何だか文学的な匂いがするし、メインの二人の少女を見ては私の好きなユリの匂いがすると想ったことから興味が湧いた。

 

 しかしこの作品、そんなちょっとアレな動機で見るには失礼に当たる程に良い出来だった。これを見た感想は、はっきりとアニメーションに対して感動したということである。

 

 びっくりしたのが「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品だったこと。BDを回してみて何か見たことある学校、何か見たことある制服と想ったらユーフォだった。関連作品とは知らずに見ていた。

 

 テレビシリーズは見ていたけど、結構忘れている。

 見ている内に話や人物を思い出してくる。

 テレビ版では主人公を黄前久美子に添えて物語が進行するが、今作では久美子の一つ上の先輩の鎧塚みぞれと傘木希美を中心に物語が進行する。別にテレビ版を知らなくても楽しめる。

 久美子達テレビ版のメインの子達もちょっとだけ出てくるが、まぁまぁのモブ扱い。みぞれの世界を描くと彼女らはそういう扱いになる。

 久美子達が進級した後のことなので、私が好きだったあすか先輩は卒業して出てこない。その点は残念。

 

 同じ作品世界で、主人公を変え、視点を変えるとこうも変わるか思うくらいにテレビ版とこの映画では毛色が違った作品となっていた。

 「響け!ユーフォニアム」の世界は金太郎飴とは違って、切り口が違えば断面もしっかり違うということで、奥が深く多様性がある世界感だと分かった。

 

リズと青い鳥[Blu-ray]

 

・アニメーションがマジ

 この作品、当然本も良い。

 しかし見るものを唸らせるのはアニメーション。アニメ制作は、アニメに妥協しないでお馴染みの京都アニメーションが担当している。アホが見ても作画がいかにマジであるかがよく分かる出来となっている。

 これを見れば、昨今決して少なくはないやっつけで納入しているアニメ、及びやっつけでやるしかない程に過酷な環境で作られたアニメを作る者たちは是非京アニを見習って欲しいと思う。いや、どの人も皆頑張っているとは思うけどね。

 

 本作では役者の芝居に依存せず、絵単体に大いに演技をさせることを意識した作りが成されている。これはオーディオコメンタリーでスタッフの口から言われてるのだが、視聴してみるとその通りの出来になっていると思える。

 

 キャラクターの眼球、まつげの動き、髪のなびく具合など諸々の所作を事細かに描いている。特に目のアップなんて結構多くて印象的であった。これによって繊細な感情が表面化されていると思う。

 

 音、光の効果などまで変態的にこだわって作っている。特典ディスクのメイキングを見れば、「たかだアニメ」なんて言えないくらいにマジもマジで作っていると分かる。 

 後半の青い鳥が飛んで行くシーンでは「デカルコマニー」というおしゃれちっくな技法が用いられている。とにかく技巧を凝らして作り上げたザ・職人な一作であった。すばらしい。

 

 スタッフらがこだわって作ったと告げらているシーンが、希美のフルートが太陽光を反射してみぞれの制服をキラキラ照らすシーン。ここは特に印象的だった。意味がなさそうでちゃんとある。そういうシーンだった。

 

 絵コンテの段階で変態的なこだわりが出ていると思う。三者視点でなく、みぞれ、あるいは希美の視点で映る景色が印象的。

 何だか実写映画的なカメラワークが多用されていて、物語の進行上別に関係ない教室の物や、景色が多く映る。これもまた印象的。こういうのを挟むと時が止まったり、ゆっくり動いているように見える。普通におしゃれなカメラの振り方で個人的には気に入った。

 

・みぞれと希美の関係性

 主人公の鎧塚みぞれ、傘木希美はタイプは違えど繊細な感情を持つ可憐な乙女。

 作品の筋がどうこうでなく、メインの二人の女子の心の交流を緻密に描く点が最高に評価出来る。

 

 みぞれを演じる種崎敦美、希美を演じる東山奈央の二人は個人的に赤丸急上昇中声優で、二人の芝居がまた良い!

 

 みぞれはとにかく希美が大好き。希美とは離れたくはないと想いながらも、来る吹奏楽部のコンクールに備え、その先の卒業後のことも考える。

 

 コンクールの課題曲「リズと青い鳥」の物語に登場するリズと少女の関係性をみぞれと希美にも見る。

 童話パートでリズと少女を演じるのは子役で有名な本田望結ちゃんであった。特典ディスクで顔出し出演しているのだが、久しぶりに姿を見た。すごい大きくなってた。この子は若いときの吉行和子に顔が似てるよね。

 

 みぞれはコンクールの日が来なければいいと言い、自分だったら青い鳥を逃しはしなかったと考える。ここからみぞれがモラトリアムの中にいることが推測出来る。若者特有の猶予を欲する気持ちが出ていて良い。言葉少ない女子のみぞれが、心には大いなる物をを抱えているこの感じは良い。

 

 後半でみぞれが希美に激情を吐露した精一杯の告白からのハグシーンは、単なるユリ萌え的感動を越えての文学的美に到達していたと思う。 

 希美もその想いを受け止めて、コンクールでの二人の掛け合いのパートは頑張ると考え、二人の仲は深まっていく。

 

 序盤ではみぞれってボソボソ喋るし、何を考えているか謎だし、髪を触る癖が可愛いしってだけの子だったのだが、全部見るとすごく好きな女子になっていた。

 

 一旦は不和が生じたものの、それを越えて深まる女の友愛を描く点には感動を覚えた。

 

 作中に表記される「disjoint」→「joint」へと変わる関係性、これにはあっぱれ。

 

 そして学校で飼っている河豚を愛でるみぞれがナイス。

 

・女子の世界を覗き見れる

 キャッチコピーに女子の世界をそっと覗き見る的なことが言われているが、確かに覗ける。本当に何気ない女子たちのやり取りが変にリアルで「分かる」って思う。

 この女子達による女子達の世界がただただ美しく尊く、そして萌える。

 

 印象的なのは謎の女子文化「ハッピーアイスクリーム」。他には「大好きのハグ」など女子あるある(らしい)ものが登場する。作者が勝手に作った女子あるあると想ったらどっちもどっかの地方で存在するらしい。全く知らん。

 意味なく挟まれたと想った2年生女子二人の「ハッピーアイスクリーム」談義が、実はラストのみぞれと希美の会話シーンに活かされる。ここの作りは粋だと思う。

 

 新キャラで一年生女子の剣崎梨々花が登場する。みぞれと仲良くなれないことを希美に相談しにくる。その御礼に希美にゆで卵をそのまま手渡しするのが面白かった。最近の女学生って、おやつにゆで卵持ち歩いてんのと想った。遠足の時にビニル袋に塩と一緒に入れて持ち歩くことが昔はあったが、ブーム再来してんのかな。

 

 みぞれ、希美のメインの二人とは同級生の中川夏紀、吉川優子も重要な役を担っている。夏紀の言動がイケメンで惚れる。優子は部長になってからすごいしっかりしている。

 

 みぞれが本の返却期間を過ぎて図書館に本を返しに行くと、後輩の図書委員女子に説教されるのだが、あの女子も可愛かった。私も毎週図書館に行くのだが、返すのが遅れた人は結構マジな感じで職員に注意されているのを見たことがある。 作品を見て、何でも返却期間は守ろうと想った。

 

・BD特典は見たほうが良い 

 BD特典でオーディオコメンタリーが3形態収録されている。これらはしっかり作品の作りや裏設定などに触れた非常にためになる内容となっている。役者の皆さんもいかに役になりきって芝居を理解しているのかが分かる。関わった人は皆マジだと想った。

 本編にプラスしてオーコメ3つも回したので、合計4回も映画を見たことになった。一時間半の作品なので、かなりの時間を持っていかれた。それでも良かったと思える作品であった。

 

 オーコメでは山田尚子監督が喋っている。若々しくて可愛らしい声をしている方だなと想った。特典映像の舞台挨拶で監督を見ると、お顔の方も結構可愛いのでこれには驚いた。

 

 

 総括すると、想った以上に良い作品だった。前にここの会社が手がけた作品の「聲の形」の時と同様に感動した。

 

 

  私もきっと見つける青い鳥。

 

スポンサードリンク

 

 

 

赤き勇姿を見よ!「ファイヤーマン」

「ファイヤーマン」は1973年に放送された全30話の特撮テレビドラマ。

 

 円谷プロ創立10周年記念番組として製作された。

 

 とりあえず言っておきたい。円谷プロは何も「ウルトラマン」だけの会社ではない。

 

 

 創立10週年にふさわしい良きデザインでしょ~。ちょいダサだね。 

              ↓

 

ファイヤーマン MUSIC COLLECTION

 

 ファイヤーマンと言えば、カプコン名作ゲーム「ロックマン」に登場するボスキャラの一人を先に思い出す。(個人的に)

 しかしこちらのファイヤーマンも負けてはいない。

 目が大きく、どことなくウルトラマンぽい。ヒーローよりはウルトラシリーズに出てくる敵のうんたら星人って感じ。こんな見た目の星人がいたような気もする。

 

 ウルトラマンが私達の住む地球よりずっと上の世界の宇宙人なのに対して、今回のファイヤーマンはもっともっと下の地下の世界出身者である。ファイヤーマンは地下にあるアバン帝国からやって来た平和の使者。

 ウルトラマンと共通するのはファイヤーマンも活動限界が三分ということ。カラータイマーのワードも作中に登場する。

 地底人だけど飛んで宇宙にもいける。

 中盤でファイヤーマンは一回死ぬけど、アバン帝国の長老の命をもらって復活する。その時には新必殺技の「ファイヤーダッシュ」を会得している。このファイヤーダッシュが「ウルトラマンタロウ」のウルトラダイナマイトぽい。

 

 第一話で海に赤い巨大な球が落ち、海水温度が異常に上がり、そのため海底で冬眠していた恐竜が目覚めて暴れる。一話で赤い球が落ちるとかいうのも、ベムラーを追って地球に降りたウルトラマン第一話の例のアレと共通している。

 

 地球に危機が迫り、海が発光すると赤き人が現れる的なことを変なじいさんが話し、その話通りにファイヤーマンが現れる。第一話から気合が入っていて、まさかの次週に渡って連続する物語展開となった。こういうのってだいたいは一話完結で行くのに第一話から週を跨いで話がつづくのは珍しい。

 

 ファイヤーマンに変身する岬大介は、地球科学特捜隊SAF(SCIENTIFIC ATTACK FORCE)に所属し、その後も怪獣と戦うこととなる。

 主人公岬大介が強面でVシネ感があるなと想って見ていたら、なんとゴレンジャーでアカレンジャーに変身する海城剛の人だった。ゴレンジャーをやる前に巨大ヒーローをやっていたのか。

 

 SCIENTIFIC ATTACK FORCEなんてチームの活躍がメインで描かれるから、最初の方は起きる事件も結構科学的なものが多く、子供が見るには小難しい理論なんかも出てきた。後半ではそういう難しいことは無しにして、普通に怪獣が出て暴れる感じだった。

 

 SAF隊員の水島三郎は、特撮ものならあちこちで顔を見る岸田森が演じた。岸田森がやっぱり良い。どっちも名字みたいな組み合わせの名前だよなって思う。

 役者の彼が脚本を書いた第12話の「地球はロボットの墓場」は変化球な回で、オチがトラウマチックだった。宇宙人が人間をちょっとずつ殺して、それらそっくりのロボットと入れ替えるみたいな侵略を計画する話で、最後にはSAFが助け出した少女も実はロボだったと分かる。ラストシーンではそのロボ少女がバグったように歌の「かわいそう」という歌詞部分を繰り返して終わる。怖かった。

 

 SAF隊員紅一点の葉山マリ子は美人さんだったが、顔が若い割に声がちょっとおばさんぽかったと記憶している。

 

 物語後半では、70年代にしても田舎すぎる所を舞台とした話が目立ったのが印象的だった。馬に荷車を引かしているシーンも出てきてノスタルジーとかよりも牧歌的だった。

 ダムで埋まった村の話とかがあって、「ひぐらしのなく頃に」的な村が出てきた。 

 SAFの千葉隊員の地元で展開する物語があり、その時にはそこの子どもたちが語尾に「ずら」をつけて話している。語尾が「ずら」といえば「ラブライブ!サンシャイン!!」の国木田花丸を思い出す。あの子と千葉隊員は地元が一緒らしい。

 古き良き時代を映した作品であった。

 

  最終回でファイヤーマンは、爆弾が乗った宇宙船を宇宙まで持って行って爆発してしまう。多分死んだんだと思う。「鉄腕アトム」の最終回もこんな感じだったな。

 

 話としては個人的には嫌いではない。しかし、ヒーローが少々ダサめなデザイン、そして怪獣も間抜け面だったり、ちょっとキモかったりした。そのために視聴率が伸びなかったらしく30回ていう変な所で放送が終わってしまった。

帰ってきたウルトラマン」に出てくる怪獣ツインテールに足が生えたみたいな怪獣がいたのが印象的だった。

 

 子門真人が担当するOP曲がガチ格好良いと思う。大好きでここ最近はこれを聞いている。無駄に熱い、演奏まで格好よい曲である。

 

 


Fireman Abertura 1973 Tsuburaya

 

ファイヤーマン DVD‐BOX

ファイヤーマン DVD‐BOX

 

  

スポンサードリンク

 

 

 

FNS歌謡祭2018の感想

 

f:id:koshinori:20170621172929j:plain

 

 今年もやってきたFNS歌謡祭。放送時間が長いわ。4時間ちょいあって、BDレコーダーの残量が3時間くらいしかないから全部撮れない。見たい所を見たら追っかけ再生していらない部分を切る。これをやりながらの忙しい視聴となった。個人的撮れ高は2時間くらい。半分は見る所があってまあまあ楽しめた。

 

 印象的だったのは氣志團が「One Night Carnival」を歌うと偽ってDA PUMPの「U.S.A.」の替え歌を歌っていたこと。これは色々アレだが結果的に面白かった。やり口がゴールデンボンバーみたくなっていたが、個人的には良かった。

 

 アニメ好きとして良かったのはすみぺこと上坂すみれが出てポプテピピックのOP曲を歌ったこと。紹介VTRですみぺの演じた代表キャラが「中二病でも恋がしたい!」の凸守早苗と出ていて、懐かしいと想った。すみぺ、好きなんだよな。凸守早苗もな。

 ポプテはなんだかんだで今年の話題作となった怪アニメだった。すみぺが歌っているバックにポプテのハイライトを映していたけど、最終回に実写で出てきた蒼井翔太も映っていたのは吹いた。翔太何やってんねん。アニメにもFNSにも思わぬ形で参加している。知らない人は、このアニメも歌も翔太も一体何なんだってなるだろうな。

 あとは、コブクロが歌っているのをポプ子とピピ美のデカイきぐるみが見守っている画が異常なものに見えた。

 

 アニソン枠は、奈々様こと水樹奈々、マモこと宮野真守もよかった。コラボ曲の「結界」は最近良く聞いている。年齢で言うと結構おばさんなんだけど、やっぱり歌っている奈々様は可愛い。

  

 最近意外に思うのが、色んな音楽番組でミュージカルスターが出て歌うこと。今の人にミュージカルってそんなに受けるんだ。個人としてはもうすっかり見なくなった。

 私が楽しんだミュージカルいうと、「サウンオブミュージック」「ウエストサイド物語」「巴里のアメリカ人」とかだな。今時の人に芝居と音楽の融合というショーとして高尚な位置にあるものを楽しめるだけの見識があるんだって想った。大衆をかなり下に見ていたと気づく。しかしミュージカルが流行ること、つまりは音楽が世に広まることは良いことだと思う。

 そしてミュージカル部門ではKinKi Kids堂本光一君が良かった。髪を長くしていると王子様みたい。光一くんはずっと綺麗だわマジで。

 

 あとはジャニーズ勢は皆見て、ミポリンとか大分懐かしかった。

 アリスとアルフィーも格好良かった。タカミーのギターデザインが歪にしておしゃれを極めている。聖戦で使う神具って感じの見た目でウケル。 

 

 嵐とゆず、一緒に歌うのは良かったな。今年の夏の夜にやってた甲子園のドキュメンタリー番組のOPで夏疾風が流れ、そこで相葉くんが感じた顔してアップで映るのが好きだったなぁ。あのいまいましく、クソ暑かった夏も振り返ればすっかり昔のこと。

 

 ラストは中島みゆきのVTRが出たので、「何だ!本人来るのか!」と想ったが違った~。やっぱりこんな所には来てくれないか。ラストはちょっとがっかり。

 

 日本の音楽シーンはアイデアの枯渇、クソ、もう皆同じやん、などなど色々言われ、個人としてもネガティブなことを想ったりもする。でも結局年末は音楽特番を見て盛り上がってしまうんだよね。今年も何だかんだで楽しんで見た。

 

スポンサードリンク

 

 

「Love-tune」解散について思うこと

 

f:id:koshinori:20170621172929j:plain

 一昨日の日曜の晩、駅で電車を待つ間のことである。母がスマホでネット記事を見ていてそれで「Love-tune」が解散したということを知った。しかもメンバー全員の退所も決まった。

 

Love-tune」、今年はこのワードを何回検索したか分からない。それは今年の5月くらいから彼らが「ザ少年倶楽部」に姿を見せなくなったからだ。

 何かジュニアにも契約書を渡してサインしてどうこうっていうネット記事があって、そこでは「Love-tune」だけはサインしなかったとか。何かこの段階で色々怪しかった。今年から始まったジャニーズJr.のYou Tube番組にも彼らだけが出ていない。もう今年の下半期に入ったくらいから「Love-tune」は解散かとジャニ通の間ではまことしやかに囁かれていた。

 

 しかし私としては安井は番組に帰ってくると想っていた。でも結果はこんなことになった。ちょっと前にはメンバーの安井、森田主演映画が公開し、その件についてYahoo!ニュースにも上がっていたのに……

 

 それにしても、ジャニーズJr.だといつの間にかサイレントグラジュエーションをかますところを、今回はニュースにも取り上げて堂々と解散宣言したのは珍しい。ジャニーズは「解散」のワードを使いたがらないとか何かの記事で読んだことがあるが、今回はマジだったな。

 

 

 という訳で、悲しいことに解散してしまった「Love-tune」について、個人的な思い出をつらつら書いていこうと思う。

 

 

 ジャニーズJr.ユニット「Love-tune」は安井謙太郎リーダーとその他6人の精鋭が集まって結成されたバンドもやればダンスもやるスーパーグループである。ダンスをやり、途中で楽器も演奏しての忙しいグループであった。

 正直言って去年の段階では、キンプリも含めてジュニアの中では一番好きなグループだった。

 

 とりあえずこのグループでは安井君一択推しだった。安井君は平成稀に見る童顔。キスマイのバックについていて存在を知っていたし、しっかり喋れるジャニなので好感度が高かった。この安井君にはデビューして欲しかった。

 30が近いけど頑張っている姿には何かしらの勇気をもらうこともあった。この安井君と関西ジュニア最高峰のアラサーアイドル室龍太君には、そう意味で希望を与えられたものである。

 

 この7人、本当に良かったから解散が勿体ない。

 

 彼らの持ち曲「CALL」をザ少年倶楽部で披露したのを見て「カッケェ……」ってなったんだよな。

 この曲の最初は安井君のクセのある一言「オ~マイガァ~」で始まる。ここの部分は私も真似たな。同番組内でジャニーズWESTが担当する「Oh my WEST!!」では、司会の中間淳太君が安井君風の言い方をイメージして「お~まいうぇすと!」とタイトルコールを行っていると自らの口で明かしたことがあった。 

 

 次にハマった曲の「烈火」。

 これは和風なロック系ソングで、パフォーマンスがゾクゾクきた。何が良いって、センターで篠笛を吹いているヤツがいること。そして三味線演奏もある。これは最高に格好良かった。笛とかマジでヤラレタわ~。

 

 ダンスもイケイケで、SMAPの「Let It Be」をラブが披露したのはかなり格好良かった。

 

 最後に少クラに出演した時に披露した「SUPERMAN」は覚えやすい振り付けが印象的だった。

 

 

 今回のことは結構ショック。こうなるんだろうなぁとはある程度予想出来ていたけどビックリだな。持ち曲は良かったしCDで出せば良いのにと思う。

 ジャニーズを出ていっても7人でやれば良いと思う。応援するぜ。

 

 それにしてもこのグループだけ書類契約しなかったとか、ちょっとブラックな何かを感じるのだが、ジャニーズ内部がどうなっているのかも気になる。

 

 安井君は今までありがとう。真田佑馬も「笑っていいとも」でよく見た馴染みのアイドルであった。何もかも皆良き時代。

 

 今年のジャニーズは色々ありすぎてジャニーズウォッチャーとしては疲れる。

 

スポンサードリンク