こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

現実のゲーセン以外で遊んでいたシューティング「グラディウス」

 シューティングゲームの中ではかなり有名な部類に入る「グラディウス」をプレイした。

 今回は1991年発売のPCエンジン版でプレイした。

 

グラディウス 【PCエンジン】

 

 グラディウスは遊んだことはあるが、全クリはしたことがなかった。集中してやれば一日でクリアできた。

 難易度はそんなに高い方ではないと想う。

 

 惑星グラディウスを救うために戦闘機ビッグバイパーを操作して敵の軍団をやっつけるという設定のゲームである。

 今回プレイしたのを機にストーリーを調べたのだが、こんな話だったのかと想った。

 シューティングゲームには何かしらのストーリーや設定があるはずなのだが、そこに重視せずに遊べちゃうからだいたいの作品はどうゆう理由で何と闘っているのか知らないままに終わりがちである。

 

 

 ファミコン版のグラディウスもやったことがあるが、個人的にグラディウスといえば最初に想い浮かぶのはスーファミソフト「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」のゲーム中でもプレイ出来たこと。

 このゴエモンのゲームの遊園地のステージにゲーセンがあって、そこで確か100両払えばグラディウスの一面だけをプレイ出来た。ザコを倒して小判を集めてはグラディウスで遊んでいた。

 

 そんなことを思い出しながら久しぶりのグラディウスをプレイした。一面で流れる曲が懐かしい。

 

 画面に対して敵が割りと小さめで、丁度良い割合だと想う。たまに画面の大きさに対して敵のサイズが合っていないシューティングゲームがあったりするが、このゲームはそこのところのバランスが取れていると想う。

 

 バックが真っ暗の宇宙空間の時には敵の攻撃がちょっと見えづらかったかもしれない。

 

 アイテムを取って機体がスピードアップするとありがちなミスなのだが、キーをちょっと押すだけで機体がかなり動くので、狭い通路では壁に当たって死んでしまうことがあった。スピードアップはボス戦などには有利だが、狭い通路だと操作しづらい。

 

 苦戦したところはモアイが大量に出てくる箇所。

 ラスボスのステージにだけ苦戦した。長い道を越えてボスの前まで行くとシャッターが降りる。これが降りるまでに向こう側に行っていないと閉め出しをくらって死んでしまう。最初はまんまと閉め出しをくらった。

 

 ラスボスはでかい脳みそなのだが、これが特に何もしてこないでクソ弱かった。

 全体的にボスが弱かった。通常パートの方が難関である。

 

 オプションを全てそろえて一斉発射するのが爽快であった。

 さずが語り継がれる名作シューティングだけあってとても面白かった。

 

  

グラディウス 【PCエンジン】

グラディウス 【PCエンジン】

 
グラディウス < PCエンジン> [オンラインコード]

グラディウス < PCエンジン> [オンラインコード]

 

 


PCエンジン版「グラディウス」をノーミスクリアしてみた(1周目のみ)

 

各種属性取り揃え「ブレンド・S」

 「ブレンド・S」は2017年10月~12月にかけて放送された全12話のテレビアニメ。

 ごく最近のアニメで、本放送も毎週欠かさず見ていた。これがどうにもすばらしい出来だったので、先日BDが全巻発売されたのを機に再度視聴することにした。

 二回目を見てもやはりすばらしい。

 作品に感激したので色々と想ったことを描いていこう。

 

ブレンド・S 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

・「ブレンド・S」ってだいたいこんな話

 主人公の少女桜ノ宮苺香 (まいか)は海外留学のためにバイトでお金を貯めたいのだが、目つきが悪いということで面接に通らない。そんな時に喫茶店店長の金髪男ディーノにスカウトされて喫茶店スティーレでウェイターとして働くことになる。

 

 喫茶店スティーレは、ツンデレ妹萌えなどの各種「萌え属性」になりきって接客するのを売りにしている。そこで苺香の担当属性は「ドS」ということになり、彼女は天然のドSを売りにして見事お客様と店長のハートを掴む。

 主人公の苺香を中心にして、他の喫茶店従業員達の騒がしくも楽しい日常を描いた優良萌えアニメである。

 

 ちなみに私は妹萌えキャラが好み。

 

・感想

 本作は難民共に毎クール待望されている「きららアニメ」である。

 

 従来きららアニメと言えば、だいたい女子しか出てこず、姦しくほんわかで、ソフトとハード問わず百合リズムを感じるものであった。それに加えてとにかく萌えるというのが全作に共通していた。 

 

 しかし、このアニメで特筆する点は、レギュラーで男のキャラが出てくるということ。しかもその内店長は苺香と、秋月君は夏帆とカップリングされつつある。

 店長が26歳で苺香が16歳なので10歳も差がある。店長が意外と歳くってる。

 

 「ユリではない!普通にラブコメっている!」ときらら好きを驚愕させる要素が入っていた。

 

 この店長と秋月君の2人の男キャラについては、最初こそ「きらら枠に男は邪魔」と想っていたが、視聴していくと何だかんだで二人とも男の身でありながら萌え要素を持っていて可愛いく見えてきた。そしてこの二人、面白い。

 特に秋月君は「百合を愛でる」という殊勝な心がけをしている青年であるため好感が持てる。

 秋月紅葉を演じた鈴木達央さんはBDのオーディコメンタリーで、百合好きのキャラを演じるのに百合萌えが分からないため、百合を扱った書籍をたくさん読んで勉強したと言っていた。これを聞いて、役作りに熱心な役者さんだと感心した。

 

 男と女が出てくるから、ちょっぴりエッチな要素もあるし、美雨さんなんかは下ネタ要員なのでちょっぴり品のないネタも入る。トラブルによるラッキースケベで秋月君が夏帆の豊満なおっぱいを揉むというシーンがあったのは衝撃的であった。

 

 後半で合流するアイドル属性を持つひでりちゃんは、見た目は可愛らしい女の子だが、その実中身は農家の息子という「男の娘」キャラである。男の娘が出てくるのは意外だった。

 ひでりを演じた徳井青空はこういうあざとくて黒いキャラの芝居がよく合っている。

 

 こんな感じの要素を含むことから、きららアニメとしては定型を壊しにかかった意欲作だった。

 

 大きな屋敷のお嬢様である苺香が、基本はおっとりしているのにたまに天然ドSを出すギャップは良い。目つきが悪くなる描写も良い。

 私はドMという訳ではないが、快楽の間口を広く儲けていること、あとは教養のためということもあって苺香の持つこの属性には十分に理解がある。

 オムライスのケチャップ文字のサービスで「ブタ」や「エサ」と書くのにはウケた。

 

 一度目の視聴では妹萌え属性の星川麻冬がお気に入りであったが、二度目を見ると、ちょっとエッチなお姉さんキャラの天野美雨にはまってしまった。出てくる女子キャラは皆可愛い。

 

 美雨役が種﨑敦美だと知ると、「魔法使いの嫁」とか「大図書館の羊飼い」に出演した時と声が違って聞こえるので驚いた。この人は綺麗な声をしていると想う。

 オーディオコメンタリーで聞いた種﨑さんのバイト体験談が結構面白かった。

 

 スティーレの女性従業員の制服が何とも完璧なデザインとなっていた。

 手袋をしているのが何か良い。

 制服スカートの丈とハイソックスの長さを計算して作られた絶妙な絶対領域には思わず反応してしまった。

 ハイソックスの締め付けによって、ももの肉がちょっとだけ生地に乗っているというリアルな描写をした回があった。あれには感動した。

 

 よく見ると、喫茶店のお客さんにオタク芸人「やさしい雨」の松崎がいて、声も本人が当てている。

 スキー回で泊まった旅館の壁には、同じくオタク芸人天津向の写真、というか遺影みたいなのが掛けられていた。

 

 

・OP曲が神だった。

 本放送の時からドはまりしていた本作OP曲「ぼなぺてぃーと♡S」をまたIpodで聞き始めた。

 OP曲が超可愛いくて良い曲。去年発売のアニソンの中では一番聴いた部類に入る。

 曲も良いけどOPアニメも最高で飛ばさず毎話見てしまった。

 OP後半での監督の名前の出し方がおしゃれで好きだった。

 

 

ぼなぺてぃーと▽S

ぼなぺてぃーと▽S

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

ブレンド・S OP 「ぼなぺてぃーと♡S」/ Blend S opening

 

 

  ED曲ももちろん良かった。

 こちらのEDアニメは本編で新キャラが追加するたびにちょっとずつ内容が変わってくるというこだわりの作りであった。

 ひでりがリボンをタケコプターみたいにして空を飛んでいるのは面白かった。

 

 

 素晴らしいアニメであった。こいつは是非とも第二期をしてほしい。

今度は通常パートもひっくるめて挑戦だ「ダライアスプラス」

 先日「ダライアスアルファ」で遊んだので、その大元である「ダライアスプラス」もやっぱりクリアすることにした。

 

 「ダライアスプラス」は1990年に発売したPCエンジンソフト。

 

ダライアス プラス 【PCエンジン】

 

 ボスにたどり着くまでの経路を始めて辿ったのだが、最初のステージでさっそくゲームオーバーになってしまった。やはりシューティングゲームは難しい。

 

 パワーアップアイテムが風船になっていて、空へ浮いて行く。天井のない箇所だと空に飛んで消えてしまって入手できないことがあった。あれには歯痒い想いをした。

 風船を追っかけるのに夢中で、敵の攻撃に気づかずに死ぬこともあった。これは注意が必要なゲームだ。

 

 アイテムでシールドを張ると、複数回攻撃を喰らっても大丈夫なのは良い点であった。

 

 装備がパワーアップすれば、ボス到達までの通常パートの難易度はそこまで高くないと想う。

 結局、丸裸でスタートした一面の序盤で一番死んだと想う。慣れたらサクサク進めた。

 

 ボス戦をコレクションした「ダライアスアルファ」でボスに関しては予習済みだったわけだが、いざ挑戦するとボスの迫力に押されて予習した分が吹っ飛んで負けることもあった。

 こちらでもやはりタツノオトシゴのボスには大苦戦を強いられた。

 奴の撃ってくる弾の軌道が読めないので、ちょっとズルイ気もするがスタートボタンでストップをかけながら攻撃をかわした。

 

  各ステージのボスを破壊後に上下にルートが分岐するのが特徴的だった。総当りではなく、次のステージは選択性であった。

 

 私の几帳面な性格がそうさせるのか、ボスを破壊した後はなんとなしに機体を画面真ん中に配置してまう。

 ここでちょっと腹が立つことが起きる。

 ボス破壊後に画面を中央で二つに分ける石が出てきて、それが分岐点となる。初プレイで分岐ルートのことを知らずに真ん中にいると、せっかくボスを倒したのに石にぶつかって死んでしまった。あれは悲しかった。

 

 一番の思い出は、分岐ルートで上下の道を選ぶ前に真ん中の石にぶつけられて死んだことである。

 

 この作品は画像が綺麗で、特に水棲生物をモチーフにした巨大ボスのグラフィックは迫力があった。

 ボス登場前には警報がなるという演出も良い。これから来ると分かるので、心の準備がしっかり出来る。まぁ何体かには負けたけどね。

 

 面白くて一日でクリアした。

 

 

 


ダライアス プラス 【レトロゲーム】【Darius Plus】

ダライアス プラス 【PCエンジン】

ダライアス プラス 【PCエンジン】

 

 

 しかしシューティングをすると、意外にも集中して頭を使うから甘いものがほしくなる。

こしのり漫遊記 その28「ゲーム依存症について想うこと ~薬を毒に変える愚行はお止しなさい~」

 

f:id:koshinori:20170607205753p:plain


 

 今朝読んだYahoo!ニュース記事で、WHOから「ゲーム依存症」が正式な疾患と認められたと知った。

 

 これに対して私はまずは怒り、次には情けないと思うばかりであった。

 

 ゲームのやりすぎで日常に支障をきたす状況に陥る。そうなるには人それぞれで苦しく辛い事情もあるのだろうが、それでも愚の骨頂と思わずにはいられない。気の毒には思うが、だからといっても看過できない由々しき事態である。

 

 だいたいゲームというのはすばらしい発明であり、娯楽でもある。

 病気の元になって然るべきものではない。

 

 私だって未だにゲームは楽しんでいる。しかしゲームは、生活をより豊かにするアシストと行うのみで、それで病気になるなんてことはない。

 

 娯楽を娯楽として楽しめていない娯楽音痴がゲームで病気になるのだ。

 

 「ゲーム依存症」と表記すると、ゲームが病気の元と思われがちなのが悲しい。

 その実、「ゲーム依存症」のファクターはゲームではなく、重ねて言うが娯楽を娯楽として楽しめない人間の方にある。

 

 酒やギャンブルに関しても依存症という言葉が付きまとうが、あれらは当然人を堕落させたり狂人たらしめるために生まれた文化ではない。

 それが何であんなことになるか、それは人間が悪いからだ。

 酒は毒にも薬にもなると言うが、あれは当然にして利用者の扱い一つによる。

 人生の薬になったはずのものを、知識と節度なき愚かな者が手をだして毒にしてしまうのだ。

 

 この世の多くの文化や習慣自体に罪があるというパターンは意外に少ないのではないか。罪が生まれるなら、それらに上手に向き合えない人間が悪い。

 

 全く情けない。

 私の好きなゲームを理由にして病気になられたら、世間にはゲームが悪いと考える人も少なからず現れるはずだ。

 

 あるものに「依存」するのには、この社会が生きづらいとか何とか理由は様々あるだろうが、それにしてもやっぱり現代人の精神が弱い。もっとバランス取れよと思う。

 

 

 この件に関しては色々な角度から見て、考えたが、総括すると「ゲームを理由に現実から逃げる人間の弱さがダメ」ということである。

 私も褒められた人間ではないが、今回はその辺のことは全て棚上げにして偉そうに言うとやっぱりこの意見だ。

 

 だいたい忙しい(と想う)WHOなんていう世界を股に掛けている組織に、こんな愚かなことに対して頭を絞って新たな病気の名前を考えさせていることが情けない。

 

 ああ、情けない。

 

 ゲームが好きで、ゲームを理由に精神を蝕まれるならそれで本望と言う輩もいると想うが、世界が動くようなことになっているからな。これには怒りと情けなさがこみ上げる。

 

 そんな訳で今朝は気分が悪かった。

 

 しっかりしろや現代人!

 ニートでも紐でもいいから精神だけは汚さずにいろよなと声を大にしてい言いたい。

 

 

 とにかくゲームに罪はありません。

 ゲームは情報技術が詰まった素晴らしき発明です。

 

 ゲームをして何も恥じることはない。

 私はゲームを愛していて、そして病気は一つも持っていない。

最初から最後までクライマックスバトル「ダライアス・アルファ」

 「ダライアス」はアーケードから始まって、その後色んなゲーム機に移植された有名なシューティングゲームである。

 家にはスーパーファミコンのだったりセがサターンのだったりもあったが今回プレイしたのはPCエンジンソフトの「ダライアス・アルファ」。

 

 このゲームは「ダライアスプラス (1990年発売ソフト)」の発売を記念して購入者の内、抽選で何人かに配布されたという非売品ソフトということである。

 そんな訳でレアと言えばレアなソフトの一つである。

 

 このゲームの特徴は、通常ならザコが一杯の通路を抜けてボスという流れの内、最初の行程を飛ばして初っ端からボスとやりあえるという点にある。

 そう、いきなりクライマックスなのである。

 なかなかぶっ飛んだ着想が光る一作であった。

 

 

 「ダライアスプラス」に登場する全16隊のボスを連続で倒す。中身はそれだけのものとなっている。面倒な所を飛ばした美味しい所取りのスペシャルソフトである。

 

 ボスはいずれも水棲動物をモチーフとし、タコ、イカ、エイ、カニ、エビなど貧乏していた時分の私には垂涎物のあれこれで揃えられている。ただし、それらをかたどっただけで、戦艦だったり、メカだったりする。

 

 ボスのグラフィックは美しく、そして格好良い。なかなか芸術的なボス共であった。ゆえに破壊の楽しみも湧くというもの。16体全てぶっ壊してやった。

 

 緊張と集中の状態にある中での長丁場となるので、結構疲れる。

 気持ちが途切れたら闘いを続行するのは無理なので、集中して一気にやり抜くしかないゲームだった。

 

 最初はシーラカンスの戦艦がボスで、こいつは楽にいけた。

 続く2体目のイソギンチャクのボスが急に攻撃を読みづらい奴で、ここでもうゲームオーバーになった。

 

 このゲームも結構きつかった。丸一日掛けてクリアした。

 よく見ると、安全地帯とか有利に立ち回れる場所を見つけることが出来た。

 

 死んで挑戦を繰り返してボスの動きを覚えるのみが攻略方法だった。

 

 個人的にてこずったボスはイソギンチャクとタツノオトシゴだった。

 コイツらは嫌い。どっちも基本、食べられないし。

 

 ラスボスはイカで、コイツも素晴らしいデザインだった。

 

 イカを討ち取ってムービーに入り無事クリア。

 

 とにかくボタンを連打し、回避のために画面とにらめっこしていたので、あっという間に終わったように感じた。なのでエンディングで感動するなんてこともなかった。

 

 アーケードからの移植だけど、PCエンジンがかなり画像が綺麗なので再現率は高いのではないかと思えた。今さらながらPCエンジンって優秀なハードだったと思える。

 


PC Engine Longplay [113] Darius Alpha

 

   

 これの本元の「ダライアスプラス」もプレイしようと思う。

 

デビュー45周年の高橋真梨子の歌にやられた

 昨日放送の「MUSIC FAIR」は、高橋真梨子デビュー45周年SPであった。ゲストは高橋真梨子のみでずっと彼女の曲が聞けた。 

 

 で、聞いてみるとこれがとても良い!

 

 ちゃんとしたシンガーの歌は聞く者の心を振るわせる。

 声がスゴイ。よく出るなと思える。

 

 放送時間の30分間うっとりと歌に酔いしれてしまった。

 

 特にOPで披露した名曲「はがゆい唇」。この曲、すごく好きである。

 アンニュイ感あり、大人な雰囲気ありな恋愛ソングであった。

はがゆい唇

はがゆい唇

  • provided courtesy of iTunes

  

 この曲は聞く度に深みを増す。

 

 「はがゆいのよ~そのくちびる~」と歌っていたら私のお兄ちゃんに「なにそれ、キモイ」と言われた過去を懐かしく思い出した。

 

 番組の過去出演映像を見て、「懐かしい 涙がでそう」とコメントする高橋さんを見て、普通に良い人でないかと想ってしまった。

 

 「五番街のマリーへ」をチンペーさんとデュエットしている映像が出て来た。

 この曲をある時ラジオで聴いた時、なんて心揺さぶる曲なんだと思って涙したことがあった。

 

 別れた恋人が今はどう過しているのか気になっているという心情を歌った曲で、「言いたいこと分かる」と共感してしまう。

五番街のマリーへ

五番街のマリーへ

  • ペドロ & カプリシャス
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 昨日は久しぶりに腰を据え、「~ながら」を封印し、集中して番組を見て彼女の歌声に感動させられた。

 

 やっぱり歌の力ってすばらしい。

後がないぞ!「ファイナルファンタジー」

 「ファイナルファンタジー」は1987年にスクウェアから発売されたファミコンソフト。

 

 このゲームを発売した当時のスクウェアさんは倒産寸前に追い込まれていた。

 そんな状況下の中、「マジでこれが最後の賭けだ!」的な想いで世に出しためにタイトルに「ファイナル」がついているとのことである。

 

 幸いにも最後の一発として放ったこの作品がかなりヒットして「ファイナル」とか言いながら未だに続きが出たりしている。

 

 通称「FF」で通っている有名シリーズに成り上がってしまった。

 その昔、私の地元では「FF」と言えばアクションゲームの「ファイナルファイト」を指していたが、「ファイナルファンタジー」が4つも5つもシリーズを重ねて勢い付いていく内に通称「FF」の座は「ファイナルファンタジー」に持っていかれた。

 

 我が家にはファイナルファンタジーの1~8くらいまで揃っているのだが、どういうわけか私は今まで一本も遊んだことがない。去年がシリーズの30周年だったので、去年の末からゆ~くり時間をかけて遊んでいたのだ。

 

 では、記念すべきシリーズ一作目である無印「ファイナルファンタジー」の感想をつらつらと書いていこうと思う。

 

 

 

 まず、電源を入れると青いバックに白い文字でこう表記される。

 

     ↓

 

 このせかいは あんこくにつつまれている

 かぜはやみ うみはあれ だいちはくさっていく 

 しかし ひとびとは1つのよげんをしんじ それをまっていた

 このよ あんこくにそまりしとき

 4にんのひかりのせんし あらわれん

 ながいぼうけんのすえ 4にんのわかものがこのちにたどりついた

 そしてそのてには それぞれクリスタルがにぎられたいた

 

 

 

 導入部分はこんな感じで、ひらがなだらけの説明が入る。まぁファミコンだから漢字表記はあんまりしないんだな。

 

 う~ん、この世の終わり感があって、まさにファイナルなファンタジーになりそう。

 

 4人の戦士は初っ端から出揃っていて、まずは6人のキャラクターから4人を選ぶ。

 戦士、シーフ、モンク、赤魔術師、白魔術師、黒魔術師の6つのジョブの中から選んだ4人それぞれに適当な名前をつけてゲームはスタートする。

 戦士はなんとなく必須な気がするので決定。あとはモンク、白魔術師、黒魔術師を選んだ。黒と白はわかるけど赤魔術師って他で見たことないから何か怪しいと思って避けた。

 

 昔のRPGではありがちだけど、このゲームは大筋を淡々と追っていくのみでプレイヤーキャラは喋らないし、キャラクターごとのイベントなんてのもない。

 こちらが所持する4つのクリスタルの輝きを取り戻すため、この世に散らばる4体のボスを倒す。そしてラスボスのカオスを叩くというストーリーである。

 

 

 冒険は楽しく進められるのだが、このゲームははっきり言って難しい。

 

 昔のゲームにありがちなちょっと酷いゲームバランスが目立つ。ずっと敵が強いと思ってプレイしていた。ただし戦闘シーンのBGMは最高。

 

ファイナルファンタジー 1987 「戦闘シーン」

ファイナルファンタジー 1987 「戦闘シーン」

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 行き場所の順番は決まっているのだが、本来後から行く場所に最初から侵入出来てしまう。どこに行くのか迷っている内にうっかりものすごく強い敵がいる地帯に入ってしまって即死になんてこともある。これは不親切。

 

 ドラクエなんかと違って厳しい点が、死んでも経験値を引き継がないという点。

 死んだら前回セーブ時の状態に戻って冒険で鍛えた分がパーになる。これはマジでへこむ。

 

 「にげる」コマンドについて謎が残る。遥か昔に倒したゴミザコと遭遇しても逃げられず、先手を取られることがある。戦闘の攻撃の順番とかはランダムなのか?と思ってしまう。ザコ相手にも100パーセントで先手を取れないからイライラする。

 

 魔法はレベルアップで覚えるのでなく、ショップで購入して覚える。MPはなく、魔法ごとに使用回数が決まっている。魔法がかなり貴重になる。

 覚えたはよいが、どういう時に誰相手にどんな効果を発揮するのずっとかわからない魔法があった。調べると本当に存在するだけで効果のない魔法があるとのこと。

 魔法を作ったはよいが、中身がないというふざけたことがあるので注意がいる。魔法は一度覚えたら忘れることができないので変な魔法を覚えないように注意。

 

 結構腹が立つ要素が、宝箱の前とか通路にキャラクターグラフィックもないのに実はモンスターがいて、急に戦闘になるパターンがあること。これは昔のゲームでは結構ありがち、しかも一回倒した後そこを通ると何度でも現れる。そして逃げられない。

 たまに通常エンカウントでも絶対に逃げられないモンスターが出ることがある。素直にムカつく。 

 

 

 と、文句ばかり言いながらもラストまで進めて行った。

 主人公達は2000年前の世界に飛び、難関なダンジョンに潜って潜って最後にカオスと闘う。しかし、最後の最後でボスの「カオス」に負けてしまった。

 ラストダンジョンはかなり難しくて、ここで殺されてはもう一度挑戦する気力が湧かなかった。

 ザコキャラまで強くて腹立つダンジョンだったな。

 

 

 

 悔しかったので誰かが代わりに倒してくれた動画を見てスッキリしました。

 


FF1ラスボス~エンディング

 

 ええ話やな~ 

 

 

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジー

 

 

 いつまでたってもファイナルなゲーム、それが「ファイナルファンタジー」である。