こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

人生やり直し完了「ReLIFE 完結編」

 「ReLIFE 完結編」は2018年3月21日に発売した全4話のOVAである。

 テレビシリーズのその後を描き、無事に完結させてくれた。

 テレビでは高校の一学期が終了し、皆で夏祭りに行ったところで終わり。完結編では二学期と三学期、卒業式、それから新太がリライフ実験を終えて大人に戻って就職するまでが描かれる。

 

 欲を言えばゆっくりテレビ二期で見たかったが、これだけ長い期間を4話で上手いことまとめきって無事完結にまで漕ぎ着けた制作側にはありがとうと言いたい。深夜アニメには、未完でほっぽり出しの原作販促アニメがうんさかわんさかとあるが、そんな中でもちゃんと切り良く終わらせてくれたのは本作ファンとしては嬉しい限りであった。

 

ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 テレビアニメの最終回でヒロインの日代さんが実はリライフ実験被験者だったことが分かった。日代さんのことが気になると想ったところで終わりだったので、今作ではそこのとこのモヤモヤが全て解消される。夜明の回想シーンで新太の前に担当していた被験者についての話題が出ていたがあれがまさか日代さんとは想わなかった。

 

 主人公の新太よりも日代さんに焦点を当てて物語が進行していた。大人の姿の色っぽい日代さんから、高校2年生の時の髪型も違って少し幼い感じの日代さんまで、彼女の様々な一面が楽しめた。

 実年齢は29歳だが恋に奥手な日代さんは、新太に対するモヤモヤした感情が実は恋だと気づくのにとても時間をかけることになる。それまで他人に興味が行かなかった日代の心が大きく動くことが完結編での特徴的な点であった。

 完結編では遂に新太と日代さんがお互いを好きあっていることに気づき、告白しあう。新太は高校生に手を出すのは犯罪くさいと想ってそれまで気持ちに制御をかけていたのに素直になったのものだと想う。

 クリスマスデートとかはどきどきして見ていた。文化祭でのちょっと意外な髪型の日代さんのメイド姿も良かった。個人的におすすめヒロインの狩生のメイド姿も萌えだった。文化祭で日代さんが急に新太と腕を組んで「私ときめいているでしょうか?」と謎発言するのにはドキッとした。

 

 大神と狩生の恋の物語も描かれる。彼氏をゲットしてからというもの、狩生が日代さんに上からの物言いで恋のアドバイスをしてくるが、これが結構役立っていた。

 狩生も可愛いが、恋に奥手な男子である大神もまた可愛い。完結編では、大神には引きこもりの兄がいることが明かされる。同じような経験がある新太は兄に関する相談に乗ってあげる。この場面は何だか胸に刺さるものがある。それから大神が彼女にも兄にも気を使える優しい奴だと分かって高感度が上がった。

 

 被験者同士でも大人に戻ると記憶から消されるということで、新太と日代さんの悲しい恋が展開する。それを心配そうに見守る杏が良かった。

 実験を終了する時に日代さんが自分の手に「私は海崎新太に恋をした」とペンでメモっている所では杏と同様に泣いてしまった。

 

 ラストでは新太と日代共々リライフ研究所に就職し、飲み会でお互いを知らないまま出会うことになる。

 話す間にお互いのことを思い出すという綺麗なハッピーエンドだった。ちょっと泣けた。このラストシーンが「君の名は。」みたいだった。

 

 この作品は、本編でも新太が日代さんに言っている通り、恋も友情もひっくるめて若い今を楽しむことの大切さを伝えているのだと想った。私もまだ若い。日々楽しく過そうと意識し、楽しくやっている。これはかけがえのないことだと想う。この作品はいい事言ってる。学生にも社会人にも刺さるメッセージがこめられた良き作品だった。

 

 

 一度きりの人生なので大事に生きましょう。