こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

ゆる~くゆりな女子中学生たちのラプソディー「ゆるゆり」

  ゆり、すきなんですね~。女の子同士、アリな人なんですよね。昔は「ゆりだかタンポポだか知らないけどふざけてんじゃないよぉ」とか言っていたのが歳を取ると共に趣味の幅をひろげて理解力を得たわけだ。思えば、衝撃のガチユリ作品の「神無月の巫女」に端を発しそれ以降放送中のものは拒否することなく楽しんでみていたな。今では、この手の作品もジャンルとして確立した地位を得たもんだな。というわけなので「ユリ熊嵐」以外のゆりアニメは大方見ています。

 

 中学生なんて大嫌いなんだけどもそれはリアルなお話で、この作品に登場する女子中学生はもうかわいいわぁ。「けいおん」が終わってしまって萌えと癒し成分が不足していたところに現れた作品だったので、私にとっては天からの救いアニメだった。2011年作品で後には2期、OVA、3期とシリーズが続く人気作になった。

 

 しょっぱなからあかりんのカワユさにやられてもうたで。日常系×ゆり要素の楽しいアニメだったな。主役のはずだったあかりんが回を追うごとに作為的に隅においやられて段々出て来なくなるし影が薄くなっていくという愛のあるいじり方をされている。    

 出た出た!ここ最近のアニメでよく見られる謎の部活を発足するというアレ。今作では「ごらく部」を作ってメインキャラ4人でだらだらするわけだ。それにしても「SOS団」とか「隣人部」とか「極東魔術昼寝結社の夏」とか「自らを演出する乙女の会」とかあっちこっちのアニメで「なんだそれ よく学校側で許可出たな」っていうおかしな部活を作るアニメ増えたよな。

 女子がだらだらして終わる、いつからかそういう頭をつかわず楽に見れるアニメが好きになった。

 

 危険度、過激度はなしのタイトルどおりのゆるいゆり成分アニメだったのでゆり初心者にオススメしたい作品だ。ただし、かなりガチめにゆい先輩を狙い、あかりんのファーストキスを実力行使でもぎ取ったちなつちゃんと狂気にも似た愛情を妹に注ぐパンツ泥棒のあかりんのお姉さんは危険人物となっている。

 ごらく部4人、生徒会娘4人のそれぞれ個性的なキャラが作品の主なキャラとなっていて、こことこことでカップルみたいなのがなんとなしに出来上がっていて、それを楽しめるのがよい。私の選ぶベストカップルは向日葵と桜子である。ほんとかわいいわ。

 本編で一番おもしろいキャラは可愛い顔してナチュラルに腹黒いちなつちゃんだな。劇中作の萌えアニメヒロインそっくりの顔をしていて、芸術センスが意味わからんくらいに無く、絵を描いても粘土で何かを作ってもモザイク物に仕上がるなど個性強めだ。ちなつちゃんとは逆に絵も粘土も上手な京子のつくったM字開脚をしたちなつちゃんの粘土像はウケた。

 あと思うのが、制服のデザインが変わってるな~ということ。これどうなってんの。

 

 シリーズ第一期の放送時はキャストを見ても当時の若いのがメインで正直知らないよって人も何人かいたりした。当時は全然知らなんだが今では大好きな内田真礼ちゃんがちょびっとだけ出てた。たまに古いアニメを見たら知らんかったが「こんな時にも出てたんだね。」と役者の成長も楽しめるのがいいよね。