こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

遥かなる金星での闘い「ヴイナス戦記」

 1989年、つまり花の平成元年公開のアニメ映画作品である。

 アニメ・漫画好きの間では伝説的な有名人である安彦良和が原作者にして監督も手がけた作品である。ビデオとレーザーは出ていたが長らくDVD、BDにならない困った作品であったが2016年にやっとDVD、BDが出てファン達が感激したことであろう。

 主人公のヒロを少年隊のかっちゃん(植草克秀)が演じたことでも話題だった。そういえば同じくグループメンバーのニッキ(錦織一清)はアニメの「餓狼伝説」に出ていたな。

 有名な声優方がたくさん出ているのが嬉しい。もう随分前の作品なので既にお亡くなりになられた名役者の方々の声も久しぶりに聴いて楽しめた。

 

Venus Wars Blu Ray [Blu-ray] [Import]
 

 

 作品中での設定では、惑星衝突によって偶然にも金星は人が住める環境が整ってしまい、もう来年に迫った2018年から人間の移住が始まりヴイナス世紀がスタートする。それから72年後の金星がお話の舞台となる。2018年に金星での生活は早すぎる設定だったなと今は思う。だって人は自分が生まれた地球ですら上手いこと生きていけてないではないか。

 金星に行っても人間の愚かさは変わらずでココへ来てもまた金星の二大勢力に分かれての戦争を始めている。

 今後、この作品のように文明や生きる世界の幅が広がっても生物の根っこにある争うことの本能は改善されずどこかで戦争が起きるのは無くならないのかと遥か未来に対しても平和主義の私は厭世観を覚えてしまう。

 本作は興行成績でいうとはそこまでのヒット作でなかったらしいのだが、やはり気合の入った長編劇場映画であるから絵が綺麗だ。

 戦闘用バイクのデザインが格好良いし敵のでかい戦車もすごい迫力があった。アクションのシーンは中々だ。

 バイクでの戦闘シーンで実写の映像を背景にした斬新な演出が印象的である。やはりアニメと実写ってどこまでも混ざらないモノなのにあえてそれをやっちゃうというのにチャレンジ精神を感じた。

 お話の内容よりも描写の細かさ、これが目立つし記憶に残る。プロの良い仕事を見させてもらったと満足である。20年以上前の作品なので今と比べて画面の古臭さは感じるがこの時代の全体的に淡い感じの色使いが心地よい。

 

 まぁ結果として地球での暮らしが一番だな。金星になんて行く前に僕の地球を守ってよ。