こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

NHKがやらかしたらしいな

 昨日のヤフーニュースでNHK受信料を払う、払わないで揉めた裁判の記事がアップされていた。

 ちょっと興味があったので読んでみたら記事の下のコメント欄にはNHKに対するお叱りの声が多数投稿されていた。

 

 見ていないのに何故受信料を払わなければいけないとか、金も払って無いのに電波を送って来て後で金をよこせとか送り詐欺みたいじゃん的なことが書かれていた。こういう怒りの意見には「まぁ、確かにな」と頷いてしまう点もある。

 

 契約の義務っていうなんだかしっくり来ない言葉も目立っていた。利用したいサービスを選んで顧客と業者で納得した上で契約を結ぶのではないのか、それが医療現場なんかでよく言うインフォームドコンセントってやつだろう。とかも思ったりした。

 

 私は多くのNHK番組を見て育ってきた。大変世話になったチャンネルだと言える。

 なのにだ。地デジ放送に変わった頃くらいかな。あの頃くらいからあっちやこっちやで悪口を聞くようになった。不祥事もちらほらあったりで信用が落ちるきっかけも確かにあったな。そんなわけで私もちょっとした不信感を持つようになった。

 

 NHKは確かに上質な番組作りをして私の青春を楽しいものにしてくれた功績がある。しかし輝かしい過去のことはこの際置いといて今の状況を考えてみよう。

 

 今のNHK番組作りに関してはあまり手厳しいことは言いたくはないが、昔と比べて質が落ちたかと聞かれたとしたら、私はこれに対してはっきりと否定は出来ないであろう。

 毎年の紅白歌合戦を放送すればどっかの番組評論家や私の周りの人間が「落ち目だね」「質が落ちた」「下らん」などといった手厳しい意見を吐く。確かにこれらの厳しい意見の全ては否定できない。

 

 NHKがいつから有料放送ぶるようになったのかは知らないが、有料なのにスクランブル無しで普通に見れちゃうという人によってはお得なようで迷惑なようでもある不思議な放送形態をとっている。だったらAT-XとかANIMAXも無料開放してくれよと思ってしまう。

 

 NHKスクランブルがかからないことに関しては、表向きの理由はこれこれというわけであると記事でも語られていたが、あれはイマイチ要領を得ないものであった。

 まぁ、スクランブルをやっちゃったら確実に受信料での収益が落ちるからってのが本音だと思うのだけど。

 

 スクランブルがかかる対象となる有料番組は無料の民法番組と比べて、より質の高い物を流すために付加価値が発生する。この付加価値の部分に特別に料金が発生るするのだ。 

 ならば現在のNHK番組にその付加価値なる物があるのかと言うとだ、これは真に残念なことだが、無い。無い物は無い。現在、私にはNHKならばこそという付加価値の部分を探すことが出来ない。

 

 NHKの衛星契約の方は一月だと2200円か2300円くらいだったと思う。

 これは各チャンネルに対する私の趣味や興味も入っての分析になるが、NHKと一月の利用料金が近しいWOWOWAT-Xなどの有料放送の質を考えると、NHKが有料放送としてこの料金で勝負するのはおこがましい。

 NHKの受信料ってそんなに高かったんだと昨日は驚いた。さすがに料金取りすぎだわ。

 

 NHKの番組の質から考えてこの高い料金では、現在実写化してファンの間では賛否評論(個人的手ごたえでは否の方が意見多め)の作品「鋼の錬金術師」で心に刻まれたワード「等価交換」に反する。

 

 「100円玉をあげるから10円玉を10枚ちょうだい」

 という話であれば、100円玉をもらった方は10円玉を10枚で返す以外はただの一枚でも多い、足りないということがあってはいけない。それでは等価にならないからだ。まぁ個人的には返しが多くなって11枚目12枚目が手に入ったら文句は無いが、足りない分は看過出来ないね。殊に商売の場合なら等価で当然良くて払い以上の物を返すくらいのことをしないと客から満足は得られない。

 

 結果的に私はNHK好き人間であるのだが、昨日のヤフーニュースを見てこういったショックを受けたわけだ。味方してあげたかったのだが、受信料のことについて文句を言う皆さんのコメントに頷ける点が多くて胸が痛んだね。

 

 世間に好かれる放送局、あるいはチャンネルであることを目指して欲しいね。