こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

可愛い魔女のシューティング「マジカルチェイス」

 クソ暑い中手汗をかきながらやったゲーム、それが1991年に発売したPCエンジンソフト「マジカルチェイス」である。

 

マジカルチェイス

  ジャケット絵がかなり可愛い。

 

 

 箒に跨った可愛らしい見習い魔女を操るシューティングゲームである。

 「幽遊白書」のぼたんとか、「ぷよぷよ」のウィッチなど箒に乗って飛んでいる魔女的なキャラはだいたい好き。ぼたんの乗っているのはよく見ると箒ではないけどね。

 

 そういえば、箒に跨った魔女が主人公のシューティングなら「コットン」シリーズというゲームもあった。コットンシリーズはいずれも高値で売られているが、このマジカルチェイスも中古の売値が高いプレミアソフトの仲間入りをしているとのことである。

 

 

 ファンタジーで可愛らしい世界観の作品で難易度も丁度良いくらいであった。

 タイトル通りマジカルな世界でこれはプレイしていて楽しかった。

 

 敵キャラも可愛らしい。一面の最初に出てくる敵が足だけ人間の鶏というキモ面白いキャラだった。

 

 魔女の回りには二つの星がいて、これも攻撃を飛ばしてくれる。グラヴディウスのオプションアイテムを最初から持っているような状態で何かお得感があった。

 

 倒したザコが出すクリスタルを集め、ステージ途中にあるショップで回復アイテムや攻撃アイテムを買ってパワーアップしていくシステムは楽しくて面白かった。「ファンタジーゾーン」というシューティングゲームも丁度こんな感じだった。

 ショップの店長がカボチャ男だったのはインパクトが強かった。

 

 それぞれレベルが違う三つのモードがあったが、全部で遊んでクリアした。

 難しいモードだとボスの攻撃の手数が増えたりしてやはり苦戦を強いられる。

 一番難しいモードでのラスボス戦がさすがにきつかった。

 ボス戦のBGMが複数存在するがどれも格好良い。

 

 回復アイテムを購入しても使い方がずっと分からず、一番難しいモードに入るまでアイテムなしで行った。途中でボタンをすばやく二度押しするとアイテムが使えると気づいた。これは説明書を読まないと分からない。

 


【PCエンジン】 マジカルチェイス ノーマルモードクリア

 

マジカルチェイス

マジカルチェイス

 

 

 最近はシューティングゲームにはまっている。しかも古いの。

 相手の行動パターンや攻撃パターンを読み、素早く避けて反撃する。これを日々行っていると脳に良いトレーニングになるのではないかと想った。

 最近頭が冴えています。

 

 

 

 スポンサードリンク