こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

図書と美少女を愛する者へ送る作品「大図書館の羊飼い」

 2014年10月~12月まで放送された全12話のアニメ。

 学園恋愛モノに摩訶不思議な要素をちょいとばかし足し、そして活字本に対しての敬愛心を盛り込んだ素敵な内容の作品となっている。カラフルな色使いで華のあるアニメだなと思った。

 私は、やっと二足歩行を会得したガキの時分から現在になっても習慣的に図書館に出入している本好き人間である。そして、アニメ「狼と香辛料」に出てくる羊飼いの女の子がすごく可愛かったので羊を飼っている奴にも好感を持っている。そういった二つの理由で内容はひとつも知らないがタイトルに引かれた。いいタイトルだね。まぁ、違う意味の「羊」だったけどね。

 

 ゲームブランド「オーガスト」が発売した同名アダルトゲームを原作としたアニメである。オーガストさんのゲームは全くやったことが無いけれど長くアニメ好きとして生きている中でオーガストの名はちょこちょこ目にすることがあった。オーガストアニメの「FORTUNE ARTERIAL 赤い約束」は良かった。いつぞやのキャベツの絵がアレだったキャベツアニメもオーガスト原作だったよなと思い出す。

 アダルトゲームも長いことプレイしていないな。今ではフルボイスが当たり前らしい。昔のFateとかKANONとかは声が無かったような気がするけど、とりあえずこっちの産業もここ何年かで華やかな成長を遂げたものである。

 アニメではアダルト要素は全くと言っていい程に無いので安心して見れるはず。凪ちゃんの凶悪なまでのおっぱいのデカさがちょっとお子様には刺激的なくらいの物である。

 

大図書館の羊飼い-Library Party- (初回限定版)【Amazon.co.jp限定】特典 ポストカード3種セット付 (豪華7特典 同梱) - PS Vita

 

TVアニメーション『大図書館の羊飼い』 第6巻 (限定版) [Blu-ray]

 

 お話の舞台は生徒数が5万人越えのマンモス学園「汐美学園」である。人多すぎてヤバイ。多分登場キャラは高校生だと思う。

 

 主人公筧京太郎は読書大好きなクールな少年。イケメンである。読書中毒っぷりはマジと見えて、あの若さにして日本の三大奇書をも読破している。学生が夢野久作や、小栗虫太郎を読んでいるとかなんかヤバい感じがする。三大奇書をしっかり読んだ私にとって読書好きのこの主人公には好感を持てた。

 

 京太郎は学園の大図書館内に部室を置く図書部に属し、1人で平和な日常をおくっていた。彼にはちょっとだけ先の未来を見ることが出来る能力があり、クラスメイトにしてヒロインの1人白崎つぐみがバスに跳ねられて死ぬ未来を見る。その後白崎救出に成功するが救出中のハプニングで図らずも豊満に実る彼女のおっぱいを揉みしだいてしまい、救いのヒーローよりも痴漢者の汚名を被ることになる。

 痴漢、もといバス事故から救った縁で白崎の計画する「汐見ハッピープロジェクト」に京太郎も参加することになる。このプロジェクトが最初の内は結構謎で、簡単に言うと引っ込み思案な白崎が自分を変えるために何か大きいことがしたいという大学デビューみたいな目的のものである。引っ込み思案なクセに漠然としたイメージの中で思い切ったことをする娘だなと思った。それにしてもハッピープロジェクトとか口にするのがちょっとハズい。

 極力面倒な人間関係を避ける性格だった京太郎だが、一人二人と増えていくハッピープロジェクトの仲間達と付き合い、深く関わって行く中でハートフルな男へと変わっていく。珍しいゴリゴリの文化系主人公の京太郎の中に熱く燃える魂が息づいていく成長過程が見られた。

 そんな学園生活の中で生徒達に「羊飼い」という謎な人物から謎なメールが来るという現象がおきる。羊飼いはどんな願いも叶えてくれるという学園伝説みたいな噂が囁かれている。京太郎は羊飼いの謎にも迫っていく。

 京太郎が可愛いヒロイン共と関わっていく人間ドラマを見るのと並行してこの「羊飼い」の謎を追うというミステリーな要素もあっておもしろいアニメだった。

 

 設定なども重視はするが、今作に関しては一番肝心なのはヒロインだね。出てくる女子が皆可愛くてどれか一人選ぶのは無理だ。個人的なことだが、どうやら先天的な浮気症というか、もっと単純に優柔不断な性質なようで、たくさんいる可愛い子の中から絶対この子という風には選べない。

 キャラ絵は、丸っこくて弾力がある感じに描かれて非常に可愛いらしい。皆メインヒロイン感があるんだよな。

 ヒロインの小太刀凪は京太郎の義妹にして巨乳というもはやチートな組み合わせの属性を持っているというのが印象的であった。

 歌姫の異名を取る程に歌が上手な御園さんの時たま除かせるSな一面もよいポイントであった。

 鈴木佳奈が自らの貧乳を品のある乳「品乳」と称し、自分的に良いもののことを「鈴木的世界遺産」と称すなど独自の鈴木語録を備えているのがおもしろい。明るい子だが、実は繊細で過去にトラウマを持っていると設定も深くてよかった。「IS インフィニット・ストラトス」に似た子が出てくるよね。一番普通の名前なのに作品の人気投票で一位の子らしい。

 玉藻ちゃんの黒髪ポニテは良い。ポニテの奴出しとけば5人に1人からは目に留めてもらえる。珍しい花粉症キャラである。

 どの子も親に紹介して問題なしのレベルに可愛かったのでとにかく目の保養アニメだった。

 学校の制服スカートがデビューしたての「モーニング娘。」の衣装を思い出させる可愛いデザインだった。

 ヒロイン達の制服は同じでも、首にリボンをつけたりネクタイをしていたり、他に着ているカーディガンの色が違ったりしてそれぞれがファッションに個性を持たせている所も良い点であった。

 

 ヒロイン達の悩みを京太郎が解決していく流れに、迷える子羊達を救っていくようなイメージが持てるので「羊飼い」がタイトルに含まれているのかなと考察した。

 

 BD特典のピクチャードラマでヒロイン同士がイチャつくのが見れたのも良かった。鈴木・御園カップルが一番良い。

 

 

 私には特に悩みも無いし、誰かを悩みから救うことも面倒と考えるので自分は羊と関わる要素が何も無い人間だなと思った。