こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

2024年のアニメ感想(4月~6月)その2

 今期アニメも色々終わっていく段に入った。こうして終わり時に改めて振り返ると、今期は問題児が多かったなぁ。つまりクソアニメが豊富でした。

 

 最近になるほどクソアニメにヒットする打率が高い。困っちまうぜ。

 言葉を濁すことなく正面切ってつまんねぇと言える作品が多いから、最近はVチューバーを楽しむようになっている。下手なアニメよりあっちの方がエンタメを生むのが上手だな。

 でも付き合いを始めちまったからには最後まで看取ってやりたい。優しい私が続けるクソアニメハントが捗る春でした。

 

 そんな春の愛しいアニメを振り返ろう。良作からゴミまでクオリテイの幅広く揃えているが、全てに共通して抱くものは「愛」です。どの作品も愛しています。でなきゃ最後まで見ません。なんだかんだありがとうジャパニメーション

 

 

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

【メーカー特典あり】【メーカー早期予約特典:キャラクターデザイン・大沢美奈 描き下ろしミニ色紙[ネフェリア]付】魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? Blu-ray Vol.1 [Blu-ray]

 タイトル酷いなぁ。如何にもそれ系(いつもの我々の世界)のタイトルだなぁ。これでGOが出るようになったこの業界のの不思議さよ。中2脳バカがその気になりきってYahoo知恵袋に投稿した質問内容みたいなタイトルだな。そんなおバカ妄想が捗る私の頭ってば無駄に回転している。

 

 今期見た1クールものだと「出来損ない」に次いで二番目に完走した作品だった。何だって速い分には後々に面倒がないことで良いと思う。

 

 コミュ障で人里離れた所に引きこもっている厭世家男が、可愛いエルフちゃんを奴隷市場で買って来て愛でるという、中々香ばしい中2童貞マインドが反映された凡作。

 こういうのを切望するモテない童貞マインドは恥ずかしいと思うが、一方でとても人間的かつ正直だと好感が持てる。共感はゼロだけどね。

 

 コミュ強で達観していてリア充で彼女持ちしかいない世界なら到底行き着かない発想でお届けする如何にもオタク向けなラブコメに仕上がっていた。

 こんな言いようだけど、そういうのに抵抗があることはなく、むしろこういう童貞ズドリームを掴みたい!という正直な思いを一つの世界観にしたのはいっそ清々しくて好感が湧く。この低俗感が、大衆文化を好む私的には刺さるぅ!そうでなきゃ最終回まで見るわけがない。ちゃんと最終回まで見ました。

 ただ私が実体験から思うに、コミュ障の要素は性別問わず人間関係においてかなり不利に働き、有利な面が特にない。その要素持ちであるなら、他の要素で相当のカバー力を発揮しないと色々難しいことになる。←こんなアニメに対して分析が真面目かっ!

 

 これを見てコミュ障ってなんでコミュ障なんだろう?と素朴な疑問が浮かぶ。コミュ障の気が全くないため、その原因について触れる機会が圧倒的に少なかった。じゃあちょっと考えてみるかな。

 人前で極度に緊張して思考が鈍るのか。それともその事情は関係なしに元々頭の中で言葉を紡ぐ能力自体が著しく低いため、口で発するまで時間がかかるのか。喋りが達者でない事情も複数あるっぽいな。

 本作に登場するザガンくんは全然問題ない部類だと思うけどね。私の知るコミュ障はもっとヤバいから。

 まぁとりあえずコミュ障でなくて良かった。べらべら喋れる元気な喋り屋に育ててくれてありがとうと両親に感謝しておこう。

 

 内容はまぁ想像通りのものでうんともすんともな感じだが、とりあえず絵が可愛いので見世物としては及第点。

 今期は、話は諦めるとして絵まで下手なアニメが目立っていたからな。女の子を可愛く綺麗に描ける分には見ていてありがたい!という思いも深まるクールだったぜ。ホント皆しっかりしてよね。

 第一のヒロイン ネフィちゃんが可愛いし、続く女騎士のシャスティルも威勢が良くて好き。それだけのアニメです。

 

 ネフィ役の市ノ瀬加那はまた男に拾われる不幸ヒロイン役で出ているのか。前期の「最強タンク」、今期の「ヴァンパイア男子寮」でも拾われヒロインだったし。拾われ系芝居がイケる役者です。推します。

 

 可愛い子ちゃんを拾って屋敷にこもって楽しいことをするという展開から、少し前にやっていた全然イケていないアニメの「イケない教」をまた見ているような気分になった。あれもヒロインちゃんが可愛いだけのアニメだったな。

 不幸から救ってくれたとはいえ、あんな感じのザガンくんに行くのはどうかと思う。とネフィちゃんの進路にひとツッコミ入れておく。

 

 奴隷の証の首輪は、ザガンくんの力でいつでも解除出来るのに、これはこれで二人の出会いの証ってことで処分を考えない。そんなネフィちゃんの考えについては、まぁ分からんこともないが、分かりたくない。なんだろうがドがつくM気質でもない限り首輪は消したいだろうに。ウルトラマンレオの弟のアストラが、敵に捕獲されていた時の足輪を戒め的な意味で敢えて残しているというアレみたいな要素を感じた。

 こういう事を女に言って欲しい、思って欲しいという根暗コミュ障男なりのラブマインドがあるのかな?とかいう点にこれ以上突っ込むと野暮だしなにより性格が悪いので、この話はここらで止めにしておこう。

 

 放送半分くらいのところで見事にタイトル回収をしていたのが印象的。あそこがハイライトシーンだった。じゃあもうここで終わっても良いのに。そうすれば良い最終回だったと振り返ることが出来るじゃんと思った。

 でもそこからが折り返しで、もう半分放送が進んだ。まぁこういうのはいつ始めてどこで終わっても問題ないと気づきました。←感想が雑

 

ダンジョン飯

ダンジョン飯 Blu-ray BOX 4 [Blu-ray]

 桜舞う春にはめでたく2クール目に突入しました。おめ~(忙しい現代人が『おめでとう』の短い言葉すら省略した形)。

 

 放送当初こそモンスターをバラして美味しく料理して食ってのワンパターンお気楽クソ異世界アニメなのかと思ったが、今となってはあの日の辛辣な私にさようなら。結果的に楽しくて好きな作品でした。

 

 初見だと「こいつうるせぇな~」と思ったマルシルの事が段々好きになれたし、「こいつツンツンしやがってぇよ、もっとデレろや!」と都度文句を垂れていた先のチルチャックの事も今では良い友達になれるかも~てくらい愛着を持っている。私も結構お気楽に人を愛するからね。

 

 妹ヒロインのファリンちゃん奪還の物語がキーとなる。その彼女の事は見つけて無事ミッションクリアでさよならダンジョン飯~となったところで事態は急変化を迎えた。

 曰く付きのヤバい蘇生術で復活させたことで、やはりヤバい副反応があった。ファリンがモンスター化してどこかに行ってしまった。マジかよ、こいつはもう一波乱来ること決定だぜ。

 愛した家族がゾンビになってしまったから殺すしかないみたいな感じで、愛しの妹が抹殺対象になってしまう流れは辛い。

 なんだかシリアスでヤバい展開になったぞ。ただ食ってお気楽にダンジョンに潜るなんて簡単な話では終わらないのがダンジョン飯、あぁダンジョン飯……てなわけですね!←理解力は並以上です

 そんなこんなで後半からも一悶着勃発!楽しくなって参りました。

 

 モンスター化したファリンが空から舞い降りるシーンでは、たゆんたゆんの乳揺れシーンがぶっ込まれた。

 えらくブルブル揺らせやがるなこの魔物妹め、けしからん!だがそこが良い!

 そう思って見ていた変態紳士諸君は是非挙手を!

 このファリンの乳揺れシーンは、今期全作品の中でも最上位級に美と萌えとちょっとのエッチがあるものだった。つまりナイスなお仕事です。飯ばっか食ってないでたまには揺らせよムーブメント!

 

 トラップでパーティーメンバーが雑な分身をしてしまう、変なキノコのせいで皆の種族ステータスが入れ替わるなどのコミカルハプニングシーンは楽しかった。種族入れ替わりの時のセンシのおっちゃんがキモ面白い変化を遂げていて笑った。

 メンバーの数が増えるトラップでは、そっくりそのままの増員ではなく、パーティー各員が頭に思い描く形でその人間が増えていった。珍しいパターンの増え方。

 これを見て、同じ対象のことでも人によって記憶の仕方が違い、人によっては大変雑なんだなと思えた。同じマルシルでも他パーティメンバー毎に容姿の記憶情報がかなり異なっている。これは私の記憶情報で考えても納得。確かに同級生の容姿っていうのも随分アバウトな形で記憶していたと振り返ることが出来る。そんなわけで面白いシーンでした。

 

 最終的にファリン奪還は叶わず、妹をこの手に取り戻す俺達の戦いはこれからだ!というダンジョン飯的おれたたエンドで気持ち良く終わった。←未完でも気持ち良く落とすことが出来ます

 今後2期をやるそうなので、揺れるファリンの運命にどう決着をつけるのかが見れるであろう新作が来た時にはしっかりチェックしていこう。妹コンテンツとしても見れるがダンジョン飯、あぁダンジョン妹飯……。

 以上、バカみたいな感想と作品への思い出語り、終わり!

 

ワンルーム、日当たり普通、天使つき。

ワンルーム、日当たり普通、天使つき。Blu-ray Vol.1 [Blu-ray]

 去年やっていたお隣の天使様にダメ人間にされる結構ダメなアニメのことを思い出すタイトル。あちらでは可愛い子ちゃんへの比喩表現で用いた「天使」が、こちらではガチだから本当にダメな天使アニメだった。←もう自分でも何を言ってるのが混乱しそうな感想

 

 ワンルームは無駄なくコンパクトにまとまった実用性のある住居タイプだと評価します。それで日当たりが良かったらそれは買いだな。というわけで良い物件情報なタイトルです。ちなみにこの私、何も隠すことなくワンルームでの生活経験者です。

 

 しょっぱい童貞男のワンルーム生活に、可愛い天使ちゃんが舞い降りてドキドキ同居生活が始まるという、もうどこをどう見ても童貞ズドリーム。そんな内容でお届けする天使ラブコメ。同期放送の奴隷エルフをテイクアウトするやつと同じような発想の作品だな。あっ、別に悪い考えだとは思いません。正直で良い発想だと思います。

 

 最近のラブコメだとヒロイン一人にターゲットを絞ったタイマンラブものがヒット傾向にある気がする。これも第1のヒロインの天使ちゃんオンリーでやっていくのかと思ったら、すぐに学校の同級生女子がハーレムに入って来て予想と違ってきた。

 まぁ一人くらい真人間のギャルがいても良いじゃんかと思って見ていくと、3人目には雪女のギャルが出てくる。この雪女ちゃんが出てきた段階で「あっ、コレダメなヤツだ」と解答用紙の提出準備が完了した。ダメって言っちゃったけど、雪女ちゃんを演じた大西沙織のことは好きで応援しています。

 結果ダメなやつでした。この後には吸血鬼娘にカッパ娘と異種族レビュアーズが開始してもうとっ散らかっちゃった。近い時間帯にやっていた「となりの妖怪さん」にもカッパ娘が出ていたな。カッパのヒロインが複数番組に出るとかレアなクールだったのかも。

 

 主人公くんがもっさくてダサいなぁ。間抜けに見える。何この髪型?

 そりゃ目立って悪人ではないが、コレが良いと言う女がここまで同じ時代に集合することには説得性がまるでない。まぁそこはギャグだから説得性なんて言い出したらそんな人間こそ虚実の区別も出来んのか!と人間性の是非について説得性がないのだけど。そうして冷静に見ている私としては、この主人公くんに行くのは無いわ~。

 それとヒロインズのキャラデザもブスなことはないが、何か気になるっていうか、癖がある変わった絵だったな。そんなに萌えない。

 

 こういうのをやっていると女子がバカに見えるから困る。実際の女子はそんなに簡単にモブ男を好きにならない。そのくらいには賢明である。

 そして男共は、これは夢の話だと割り切って見るのであって、こういうのがあり得ると夢を見るな。そういうことを思って言いたくもなりました。

 

 終始間抜けなラブコメだったけど、そこを毎週楽しんで見ました。私ってば結局何でもイケちゃうのね。

 1ルームものを楽しみたいなら、1人称視点で進む「One Room」のシリーズか「Lv1魔王とワンルーム勇者」の方をお勧めします。

 

 あと思い出なのは、ED曲を担当したサンドリオンが、楽曲を担当していない上に声優としても出ていない「声優ラジオのウラオモテ」の番組ラジオにゲスト出演していたこと。なんで自分の担当と違うよそのアニメのラジオにあのタイミングで出たのだろう?

 

餓狼伝:The way of the Lone Wolf

餓狼伝 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 すげぇ。まずは熊を倒す所から始まる。

 ゴリゴリのおっさん達がガチでやり合う濃密バトル枠だった。ムサいなぁ。暑苦しいわぁ。梅雨時に見ると更に蒸すぜぇ。

 そんな感じで見た目に華がないが、これは面白かった。全8話を一気に見た。今期もネトフリ枠が元気。

 ネトフリもバキ、ケンガンアシュラとゴリゴリのバトルものが好きだな。で、今回のコレを見てもそれら両方を足したような作品だと思えた。バキやケンガンアシュラが好きならこちらも楽しく見れるはず。

 

 殺人犯として指名手配がかかる中、主人公の藤巻は闇格闘大会に挑戦する。やっていることはまさに蠱毒の「KODOKU」という大会に、これでもかってくらい猛者が集まって来てバトルの連続展開が楽しめる。なんかすごい殺伐とした世界。

 己の中にある野獣を飼いならしてこそ真の格闘家である。それが分かるバトルマニアのバイブルとして機能する作風でした。

 藤巻も飢えた凶暴な獣を心に飼いながらギリギリの理性の戦いを繰り広げている。戦いの中にもストレスありな藤巻のファイター人生が見れた。

 藤巻の背負う物が重くシリアスで、終始暗い主人公像が見えた。殺人の罪も好きな女を穢した強姦野郎を成敗するために負ったものだった。回想話が結構きつい。

 

 藤巻を竹内良太、ライバルキャラの姫川を武内駿輔が演じている。宿命の二人を演じたのがそれぞれ「たけうち」の名も持つ者であるのがなんともエモく熱い。たけうち合戦だったぜ。

 おっさんばかりのムサい中で比較的綺麗系の姫川の存在は印象的。どちらの「たけうち」も藤巻のようなゴツくてムサいおっさんをやりそうだが、今回武内駿輔が姫川のような爽やか系イケメンの演技をするのはちょっと珍しいかも。最初は彼が演じていると気づかなかった。

 

 最後は女を争うような形で藤巻と姫川の名バトルが展開した。ここでまさか藤巻が負けるとは読めなかった。で、最後は警察が集合してお縄にかかってエンド。

 

 制作は「惑星のさみだれ」で散々言われたNAZが担当した。キャラ絵は別段美しいものではないが、とにかく動きがある毎度のバトルは結構見れる形にしていた。かつては犬の歩行もまともに描けない会社だと揶揄されたものだが、今回は楽しいアニメとして見れる形でお届けてしていた。よくやった。

惑星のさみだれ」といえばメガネのモブっぽい主人公がいて、それを榎木淳弥が演じていた。で、こちらの作品でも同じ声で同じような見た目のキャラが出てくる。これってもしかして制作繋がりで狙った配役じゃないの?

 

じいさんばあさん若返る

じいさんばあさん若返る Blu-ray BOX [Blu-ray]

 若いイケメンやギャルが見たいからジジイとババアのアニメなんて見なくていいや。そう思って敬遠したい人は安心して下さい。すぐに若返ってイケメンと美女がメインのアニメになります。

 

 禁断の果実 りんごの一等超光るやつをもぎって食ったらめちゃ若返った。そんなとあるリンゴ農家のじいさんとばあさんをメインに据えたハートフルファミリー劇だった。

 最初のシーンだと悲しい程ジジイとババア深まるメインの夫婦が登場するが、若返ったらびっくりする程美男美女だった。美しいキャラデザで来るのは好きです。

 

 なんとアニメ放送中に原作漫画が最終回を迎えたとのこと。どちらも無事完走おめでと~。

 このアニメは今期の中では比較的安心して楽しめるもので好きでした。いやぁ同期に問題児が多いシーズンだっただけに、こうも癖少なくほっこり安心して見れるのがありがたい。

 

 最初こそ若返って綺麗になって周囲にモテる展開に、異世界転生していないけどそれの流れっぽいと警戒心が芽生えたが、最後まで見るとそういうしょうもないのではなかった。

 若返ったことがきっかけでより残った生命と迫りくる死に向き合う夫婦の心が描かれる点が印象的。こんなにゆったりまったりな作風の中でも「命」の重みから逃げずに、描く時には深く掘って描くシリアス性さがある。それが命を軽視して描く他のアレなコンテンツとは違うところ。

 

 実年齢で考えると最初に逝くことになり、若返ったなら周囲に取り残される。そうして死が人の縁を切り離すことに恐怖するばあさんの心情はリアルだ。ああいうのは本当のことなんだけど、本当のこととして向き合いたくない重いネタなんだよな。

 長く生きて死が近づいた者による死生観が見える点に趣があった。怖いけど深いこと言ってる。

 

 それでも基本はほのぼのいちゃついていて、若返ったからには男女仲としても若い関係性で楽しみたい夫婦の正直なラブが見える。良いと想います。

 ここに加えて可愛いお孫ちゃんギャルの恋愛事情にも突っ込んでいく。三上枝織演じる孫の未乃ちゃんが可愛かった。みかしーの声は良い。

 未乃の彼氏の将太くんの歯が魚人みたいになっているのは気になる。

 

 こういうのを見ると自分んちのジイさん、バアさんが若い時ってどんな感じだったのろう?主にどうしてラブっていたのだろう?と生まれるのが遅かったゆえに絶対に目視出来ない遠い世界について考えてしまう。

 命の構造的上、下の世代にそこのところの事情が知れない、見えないよう設定されている点に、人の命のロマンを感じることがあったりなかったりする。全部教えるのは野暮ってものだもの。それが男女ラブだもの。

 

 回想話を見れば、ジイさんの方から惚れて行ったようだけど、関係性に決定打を打ち込むソレはバアさんの方から仕掛けたっぽい。しかも神社で。

 こういうのは時に早い者勝ちの世界にもなる。そこで意外にも早く行動したバアさんは隠れ肉食系女子だったといえよう。イケてる女子ならそれくらい押せ押せ!

 

 バアさんの姉さんに認知症の気が見えるシーンでもリアルな老いの悲しみや厄介を描いている。ああいうのってどうしてこうも物悲しいのか。

 これを見ていると、本日の年寄りだって若い時にはとても元気で綺麗だったし、逆にさっき生まれたばかりの玉のように可愛い赤ちゃんもあのように年老いて行くのかと諸行無常の残酷さを感じる。

 人ってしっかりナマモノなんだなと認識出来る。生まれた時が最高に新鮮で、以降は廃れて行く。悲しほどにリアルです。

 

 最終回のラストシーンで二人は幸せに逝ってしまう。あれは天に召されたということなのだと思う。ドラマ「高校教師」のような形でのエンドで、はっきりどうなったとは言わない。そこはこちらで予想しよう。

 死が愛した者同士の仲を引き裂く悲劇を回避し、死ぬ時ですらお別れなく一緒に逝く。それが愛し合った夫婦としてはベストなゴールだったのか。ベストオブ死に方を学べるものでした。

 それまでまったりゆったりやってきたけど、あの幸福感と寂しさの混ざった穏やかなエンドにはウルッときた。二人が幸せそうに現世から退場するのが見れて良かった。

 

 私も自分ちのジイさん、バアさんとは仲良しだ。二人のことが好きだし、向こうはこちらの寄せる5倍分の愛で突撃してくる。愛し愛されています。だからこの作品を見れば心に響くものも感じずにはいられなかった。

 同期にふざけた作品がたくさんあったことで、より良い物として浮かび上がる結果となった。今期の良い出会いとなりました。

 

 あとおまけの感想をいえば、中の人繋がりのネタで「頭文字D」パロシーンがあったのが楽しかった。

 軽トラのドラテクが達者なジイさん役が三木眞一郎で、そこと一緒にデットヒートするチンピラが関智一。どちらもイニD役者だから、この二人が出てきてひと笑い起こすシーンも好きでした。

 そういやイニDといえば、続編の「MFゴースト」の新作アニメが来るんだよな。ジジババアニメでほっこりした次にはスピード狂達の宴に備えよう。だってこの私もまた生まれつきのスピード狂なのだもの。

 

koshinori.hatenablog.com

 

スポンサードリンク