こしのり漫遊記

どうも漫遊の民こしのりです。

2024年のアニメ感想(4月~6月)その1

 今期もあっという間だったな。ていうかここ何クールかを振り返って、このクールだけ特別遅かったということもなく、結局いつだって振り返ると秒で終わった感じ。じゃあ毎度言うなよと己にツッコミもするが、同じことでも毎度言いたいのが私という人間の正直なところ。

 ではそうして愛しく見送ったシーズンの中でたくさん見たアニメを振り返ろう。1クール毎にやるこのコーナーが結構好きです。めちゃくちゃリラックスして楽しい振り返りが出来るのさ。

 

 今期は前期よりも見る物が多かったなぁ。時間的にはもちろんだが、内容的にも視聴がキツいのもあってなかなか苦戦したクールでもあった。

 こういうことを素直に言っちゃうから「お前ホントにアニメ好きなのかよ?」と色んな人にツッコまれます。まぁ苦しみもある中で楽しむのが真に人生ってものだ。

 

 今期作品の中には既存作品の続編や新シリーズが多く見られた。オールドファンも唸る春でした。

 続編ものの1作目を振り返ると結構前だと気づく作品もちらほら出てくる。そんなことがあれば日本アニメも歴史を重ねたものだ、そしてアニメウォッチャーとしての私の人生も、とか思ったりするのだ。

 昨日も今日も明日も、私の人生はアニメと共にある。そう振り返ることが出来ますね。

 

 あとやっぱりだけど異世界ものが多い。我々のリアルが押し潰される勢いで異世界がリアルに進撃してくる。こうなったらもう全部背負い投げしたくなる。今期もこっちジャンルはなかなか笑える酷いラインナップでした。

 前期クールで暴れてくれた「即死チート」の夜霧くんに来てもらって、春の異世界野郎共を一掃してもらいたいとか思ったりもした。←冗談です。

 

 一話目を見た限りは、いくらゴミでも離脱無しで放送分全てを視聴しました。これは私なりの流儀です。単純に付き合いが良いという人間性によるものでもある。

 

 万策尽きた枠として「ささやくように恋を唄う」が上がることになったのも印象的。もうコロナを言い訳に出来ない中での遅刻だから、プロジェクトの進め方として普通にバッテンです。

 昨年始めはヤバい数の万策尽きた枠が出たが、最近はその点の話題はおとなしめだったのに。そこでまた来たのか。

 皆が順調にゴールする中いつまでもゴール出来ないヤツがいるとやはり目立って見えるから後々記憶にも残る。悪い意味でね。

 

 まぁ今期も色々ある。どのクールを見ても何もなかったなんてことはない。

 では色々あった今期アニメをプレイバックだぜ。

 

 

当て馬キャラのくせして、スパダリ王子に寵愛されています。

【Amazon.co.jp限定】当て馬キャラのくせして、スパダリ王子に寵愛されています。プレミアム版(SNS風クリアカード 付) [DVD]

 さてさて、今回の笑えるショートエロ枠はどんな感じで来るのやらと高みの見物開始。

 

 導入がいつもの我々の世界のやつ過ぎる。本屋店員の主人公がトラックに轢かれて異世界転生する。始まって速攻死ぬ。

 おいおい、こっちの枠でも唾棄すべき異世界転生の流れを敷くのか。

 

 主人公が本屋で売り出し担当していた悪役令嬢ものみたいなファンタジー小説の世界に転生してしまう。

 主人公の立場は、スパダリ王子の女に手を出しちゃってしっかり断罪されるという当て馬ポジ。

 これを見るにあたってまず「スパダリ」とはなんだ?となって調べたところ、スーパーダーリンのことで、とにかくステータスの高いスーパーなダーリンらしい。

 

 当て馬にも人権はある。今回は当て馬が戦います。悪役令嬢の男子版みたいな立ち位置だな。

 これはどうなるんだ?と思って見ていたら1話目からさっそくやってくれる。惚れ薬効果でスパダリ王子が本来のヒロインから当て馬の主人公男子にグイグイくる。

 まじかよ。ヒロインそっちのけで、本来ヒロインを取り合う男子二人がおっ始めやがった。

「そうはならんやろ~」と笑いながら突っ込んでしまう強引な異世界転生BL開幕となった。

 

 歴代のこの枠全部に共通していることだが、時間がないことから冗談みたいなテンポでソレをおっ始めちゃうのが振り切ったギャグとして笑える。

 こうなったらヒロイン可哀想だろ。バカくてガバいBLに入ったら役目ないじゃん。

 

 主人公はなんとか原作通りの流れに切り替えようとするのだが、ヒロインがどんどんモブになって、当て馬だった自分が正妻ポジに昇格するばかり。結果、全然軌道修正出来ない。始まったBLの道からはもう逃れられない。意図とは別にあらぬ方に向かって運命に飲み込まれる当て馬くんの物語がなんだかんだ面白い。

 最終的にスパダリ王子は惚れ薬効果でなく、マジのBL男子になっていたっぽい。じゃあもう当初の目標達成は無理じゃんか。

 

 ツッコミながら見ていたらあっという間に全8話が終了。楽しかったです。

 相変わらずさっくり笑えてタイパが良い。今期の他の異世界転生枠もこの感じを見習って欲しい。どうせやることないんだから、1話30分もやらずに数分のショート枠で済ませても良かった。

 

グリム組曲

グリム組曲 Complete Blu-ray BOX

 面白い!これは良いものだ!

 知らない作品で全然期待せずに視聴したけどかなり引き込まれるものがある。あっという間に全6話を見てしまった。

 今期ネトフリ枠の異色な1作となった。

 

 我々もチビの時に楽しんだグリム童話を下敷きにしつつも、新時代の解釈による切り口で美味しく味付けした新しい物語が6篇展開する。それぞれ大人向けなディープな世界観で新鮮味があって面白い。

 

「シンデレラ」

赤ずきん

ヘンゼルとグレーテル

「小人の靴屋

ブレーメンの音楽隊」

ハーメルンの笛吹き

 

 以上有名所6作を組曲形式でリレーして行く。

 

 メルヘンがメルヘンでなかったら?というテーマ性で切り込んで行くもので、全体的にかなりダークで怖い味付けがなされている。

 

 一発目のシンデレラはまさかの和風テイストにいじられていて舞台は日本。しかも姉妹の力関係が逆で、本来姉や母に虐められるポジの主人公が逆に姉、母を精神的に追い込んで苦しめている。怖いっす。

 シンデレラでなく名前も清子と設定されている。1話目からこういう入りで来る組曲なのかと興味津々。

 日本版シンデレラのポジションの清子を可愛く儚く、そして怖く演じた釘宮理恵の演技が光る。清子ちゃんは表向けには華やかで可愛いらしいのに、奥底には怖い人間心理を宿している。そこにゾクゾク来た。

 

 シンデレラも次に来る赤ずきんもヒール役で怖い。

 赤ずきんの世界観にサイバー要素を絡めて展開する異色な物語も面白かった。

 こちらに登場する狼はマジの獣でなく、女性に対して素行の悪い態度に出る男の本能を比喩表現したそっちの「狼」だった。

 女を食い物にする悪い男がいて、それを赤ずきんが思わぬ形で成敗する内容だった。この物語が一番グロ表現がキツい。

 

 ヘンゼルとグレーテルでは「約束のネバーランド」を想起させるかのような閉鎖的な孤児院から物語がスタートし、最終的には子ども達が未来世界へ飛ぶといったSFな要素を絡めていた。

 

 小人の靴屋も和風な味付けがされ、靴屋でなく売れないおじさん小説家が主役に設定されていた。寝たら勝手に小説が仕上がっているというものだった。冴えない小説家の悲哀を芝居でしっかり伝えた東地宏樹の演技が良かった。

 これはセガサターン「街」というゲームでも似たシナリオが登場していた。あの作品でも「小人の靴屋」を現代日本テイストにいじって展開させていた。ダンカン演じる物書きが主人公で、彼が寝ている間に知らん作品が仕上がっているというものだった。めちゃくちゃアレを思い出した。

 職人の仕事が勝手に仕上がる。しかも売り物になる高いクオリティでだ。これのオリジナルを見た時からも思っていたが、職人はそれで良かったのか?

 この謎現象によって仕事が楽になる。地位と名声も得られる。でもそれはやはり偽物で、己で生んだ真の功績ではない。そこに最後のクリエイターの矜持が反応して苦しむことになる。こちらのアニメでもゲームの「街」でも主人公はその点で苦しんでいた。

 いくら結果が出ても葛藤に苦しむ。そんなアンビリーバブルな状態に、見ているこちらも悶々とする。とても考えさせられるものだった。

 

ブレーメンの音楽隊」ではメインの動物キャラが全部人間の女に擬人化され、作風も西部劇チックに味付けされていた。発想がユニークだな。

 

ハーメルンの笛吹き」には、抑圧からの解放の構図が伺えた。ラストで笛の音に誘われて旅立った少女は、閉鎖的世界から飛び出して広い世界を知ることになる。

 笛の音に導かれた先で子供達はどうなったのか?という問いかけからスタートする物語の落ちで、そういう解釈が待っていたとは面白い。

 

 キャラデザはCLAMPが担当している。古参のアニメ野郎には親しみがある絵柄で安心。CLAMPキャラで、やっている事は結構怖いというのもちょっと異質な組み合わせだった。

 各話に登場するキャラを演じる声優が豪華だった。毎話連投で参戦する福圓美里が良い仕事をしていた。

  

 これは味わい深い新時代の新鮮な作品だった。好きです。

 他のグリム童話も引っ張ってきて追加の話もやって欲しいくらい。

 

T・Pぼん

T・Pぼん blu-ray 若山晃久/种崎敦美主演 SFアニメーション全2枚組【未開封】

 今期の楽しいネトフリ枠である。最近は手塚作品に水木作品と来て、次は藤子不二雄作品とは、ネトフリも懐かしい所を攻めてくる。

 今作は藤子・F・不二雄生誕90周年記念作品として映像化された。じゃあそんな記念の瞬間を私が見ないわけがない。というわけで、ゆったりまったり凡人少年のタイムパトロール記を眺める素敵なクールとなりましたとさ。

 

 タイトルのT.Pはタイムパトロールの略称。どこにでもいそうな凡人少年 並平凡と未来のアメリカ人美少女のリーム、それから浮遊するスライムみたいな謎生物ブヨヨンのトリオがあっちこっちの時間軸をパトロールする内容。

 まずはぼんくんの名前のセンスよ。全てが普通ステータスといったネーミング。でも普通の範疇にしっかり収まっているのって案外難しかったり、一度そこを出るともう戻れないからってことで価値があるんだぜ。というのが非凡人をやっている私の意見です。凡人の事が結構好きです。なのでぼんくんも愛せた。

 

 同氏が描いた別作品「ドラえもん」ではおまけ要素くらいに登場するタイムパトロールが今回はしっかり主役になっている。のび太くんの青春の中に度々出てくるワードのタイムパトロールって実際に何をしてるのさ?という謎に突っ込んで行けるものなので、ドラえもんを履修した者ならスムーズかつより深く楽しめる。

 

 他の藤子作品ならドラえもんとかコロ助などのなんかよく分からないファンタジーの相棒が常駐になっているが、今回のぼんくんの相棒はヒロインを兼ねるアメリカ産の可愛い子ちゃん。ココが良い。

 他の作品よりも華と萌えがある。ヒロインのリームちゃんは顔も良ければスタイルも良し。普段の隊員服の他、ドレスや水着姿もありで良かった。演じた種崎敦美の元気で清潔感あるギャルの芝居も良かった。

 

 時間を超えることが可能なタイムパトロール隊のバイクが格好良い。バイクのデザインが好きです。

 飛ぶ時代は色々で、毎度冒険している感があって楽しめる。時間的に近いところなら戦時中の日本から始まり、もっと昔の恐竜の時代までとどこでも行く。主に過去に飛び、最終回では過去よりずっと危険とされる未来へ飛んだ。タイムパトロール的には、過去より未来に飛ぶ方がより危険を伴う上級者コースに設定されている。

 大昔の魔女裁判をやる時代に飛んだ時のエピソードが胸糞だし怖かった。絶対魔女じゃないのに魔女として裁判にかけて意味なく殺すのは、今の時代で冷静に見ればかなり間抜け。ていうかコレって本当に魔女だったら魔術を使って敵対者を皆殺しにする形で証明できるじゃないか。それをしないなら人間だったで良くね?

 

 その時間に石粒一つを蹴ったか蹴らなかったかのほんのちょっとアクションの差で未来が大きく変わってくるという事を言っていた。未来への可能性って無限大なんだな。

 

 タイムパトロールで過去に行って人助けを行うミッションをクリアするが、歴史的に大きな影響を与える偉人クラスの言動には介入出来ないことになっている。ちょっとの過去改変ならまだしも、デカいのはヤバいからそこの線引はしっかりしているんだな。今の日本人でいうなら誰が介入NGの大物なんだろとか思って見ていた。

 

 ぼんの友達の小太りの鉄男くんが愛嬌のあるお友達で良い。デブ声を出して鉄男くんを演じるのが日笠陽子だった点も印象的。美声なのに小太り少年の役をやるとかレアだな。

 声優のネタなら、千本木彩花と畠中祐が恋人役で出ていたのに「おぉ!」と声が上がった。夫婦で共演なのは良い。

 

 最終回でリームちゃんが部署異動になり、ぼんとお別れして終わってしまった。この続きのシリーズも近い内に来るというのでその時にもしっかり見ていこう。

 

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした 

【Amazon.co.jp限定】出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした DVD BOX 上巻(ビジュアルシート3枚セット 付) [DVD]

 おぅ……勝手にしてくれ。そうしか言えないタイトル。

 まるで家出したバカの日記みたいなタイトルで笑う。

 

 看板に全く偽り無し!しっかり出来損ないのクソアニメでした。何も嘘がありません。私は正直者が好きなのでこのアニメも愛し評価します。

 この「出来損ない」のワードをプッシュした事については、「ポプテピピック」のように公式がクソアニメとして自虐ネタにしているのか、それとも意図無く入れたワードなのか、どちらだったのだろう。狙って出来損ないにしたなら悪ふざけが過ぎるし、天然でこうなったらそれもそれでふざけたセンス。

 気にする価値が特にない事で気になったことから、アニメ公式サイトにアクセスしてみた。そんな私ってばとんだ天邪鬼。

 サイトアドレスにも「dekisoko-anime.com」とあるので、やっぱり公式からの公認自虐とも取れる出来損ないアニメだった。まぁ何にせよその結果は既に歴史上に刻んでしまったことなので、何をどうやっても動かない。

 

 話は1週間経てば綺麗に忘れられる感じだし、なによりもクソアニメの絶対の条件の絵が下手を完璧にクリアしている。男はブスでヒロインも可愛くない。一緒に見ていたウチのお兄ちゃんも突っ込んでいた。「俺の方が上手く描ける」まで言っていた。彼は結構絵が上手いです。

 今期はクソアニメが豊富で、トップ軍団の数も多く各員がバチバチしてくれて実に楽しかった。先頭集団がここまで賑やかだと笑っちゃうぜ。

 毎度ため息をつきながらもたくさん笑いました。トップ争いがかなり熱かったけど、他より頭一つ抜けてこちらの作品が強かったと感じる。今期1位のクソアニメの称号をプレゼントします。

 

 主人公が間抜け面であの髪型が嫌いだったな。

 この主人公に複数の女が寄ってくるいつもの構成はそのまま。現代女子だとここまで簡単にしょうもない男になびくようなバカさは持っていません。もう少し慎重に選べます。

 

 ヒロインのアンリエッタの喋り方がおかしい。この子がおかしいなぁと毎度突っ込んでいた。演じた鬼頭明里は良い役者ではあるが、今期はコレと「神は遊戯に~」のクソアニメ2作でヒロイン役を引き当てている。あと異世界道中もかなり怪しい。今期は打率が悪い。しかもどちらも同じ日にやっていたから見るこちらもキツい思いをした。

 クソアニメだけど声優は人気者の有名人が多数参加で良かったです。子安親子が揃い踏みで参戦しているのも作品の数少ない見所。どんな現場でも演じきる彼らの役者魂には拍手を送りたい。

 

 今期放送作品の中ではロケットスタートからのロケット失速枠。他作品よりも放送スタートが速く、完走もトップだった。足は速かったが、作品の勢いの事を言えば大失速でもう止まっちゃっているような出来だった。

 前期のトップオブクソアニメ枠を持っていった「もふなで」アニメを思い出す。あれもクール最速スタート枠で完走もトップだった。二期連続でトップのクソアニメは足が速かった。まぁ引っ張っても何も待っていないから、始めたならさっさと終わらせた方が皆のためだし。

 

 一話切りするのが自然で最後まで行くヤツの方がレアなはず。もちろん私はタイトルだけで絶対ヤバいと見抜きつつもクソアニメハントがしたいがゆえに最後まで見ました。

 タイトルを読んだだけで既に0話切りも可能な作りになっている上、見てくれた者にも序盤で切られることを見越してのことだろう。どうせ切られるなら初見でなるたけ見せておこうという倒れるにしても前のめりな覚悟が見えた。

 

 こんなレベルの現場ではあるが、OP曲は蒼井翔太、ED曲は愛美と、ちゃんとした歌手が主題歌を担当してくれている。作品側から二人にはありがとうを言った方が良い。

 ちゃんとした歌手達なんだからもっと良いステージで歌わせてあげてよ。それも思いながら毎週見ていました。

 

 これは逆に記憶に残る。2期をやったらマジで笑うから待ってます。個人的に大収穫でした。

 

刀剣乱舞 廻 -虚伝 燃ゆる本能寺-

【Amazon.co.jp限定】アニメ『刀剣乱舞 廻 -虚伝 燃ゆる本能寺-』第一巻 初回生産限定版(Amazon限定:描き下ろしメガジャケ(へし切長谷部)付き) [DVD]

 刀剣乱舞もまだ新作が上がってくるくらい息が長いコンテンツになったのか。イケメンアニメのミュージカルといえばテニミュか刀ミュか、なんて言われる時代だものな。アニメでも実写でも愛されコンテンツだ。

 

 相変わらず出てくるキャラの名前が色々すごくて、覚えにくいようで、それでいてインパクトがあるようでと不思議な感じ。

 まんばちゃんこと山姥切国広とか耳に残るよな。

 

 これも「時光代理人」よろしく「過去を問うな、未来を聞くな」のコンテンツなんだけど、過去への愛しさから刀剣男士としてあるまじき行動に出ちゃうヤツもいる。そんな刀剣イケメンの葛藤を越えた戦いが描かれていた。

 

 燃える本能寺の一悶着の中で、刀剣男士の心も揺れちゃう。そんな面倒の中に刀剣として戦う情熱も見えた。結構シリアスでした。

 

 全8話とやや短めで、1クールフルで戦うものではなかった。いつの間にか終わっていて9話目どしたの?ってなってたらもう終わっていたと後で気付いた。

 12話がきついアニメも多いから、他も8話くらいで終わってくれても良かったなぁ。

 

koshinori.hatenablog.com

 

 スポンサードリンク